為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

窓埋めトレードの絶好のチャンスだった
仏大統領選後のユーロ相場でひと儲け!

2017年05月17日(水)東京時間 13:11

■窓埋めトレードのチャンスが到来していた!?

 以前、当コーナーで「窓埋めトレード」を紹介したのだが、みなさんは覚えているでしょうか?

 詳しくは以下の【参考記事】をご覧いただくとして、簡単におさらいすると、「窓」とは、2本のローソク足において、前日終値と当日始値との間にできる空間のこと。

【参考記事】
月曜日の窓埋めトレードを狙ってひと儲け! 午前3時からトレードすればニ度オイシイ…!?

 ただし、為替市場の場合、前日終値と当日始値にほとんど差はなく、窓が開くこともほとんどない。しかし、週末~週初にかけて何か大きなニュースが出たりしたときは、月曜日の始値と前週末の終値が乖離し、為替チャート上にも窓が現れることがある。

 そして、窓を開けるということは、その窓を開けた方向への相場の勢いが非常に強いということを意味する。けれど、窓を開けた場合、いったんは窓を埋める方向に相場が動くことが多いともいわれている。それを狙ったトレードは「窓埋めトレード」などと呼ばれている。

 上の記事では、昨年(2016年)窓を開けたケースをいくつか振り返ったのだが、直近、これらのケースよりも多くの利益が期待できる窓埋めトレードのチャンスがあった。

■フランス大統領選でマクロン氏当選、週明けのユーロは…

 そのケースとは、5月7日(日)フランス大統領選挙の決選投票の結果を受けた、週明けのユーロ相場だ。

 早速、どのくらい儲けることができたのか見ていきたいが、でも、その前にフランス大統領選挙の結果と、それを受けたユーロ相場について簡単におさらいしたい。

 フランス大統領選挙の決選投票の結果については、すでにみなさんもご存知のとおり、マクロン氏が、EU(欧州連合)離脱を公約に掲げるルペン氏を破って当選した。

【参考記事】
今週はセル・ザ・ファクトのユーロ安に注意。豪ドルが示すリスクオン相場の盲点とは?(5月11日、西原宏一&大橋ひろこ)

 以下は、フランス大統領選挙・決選投票前後のユーロ/円とユーロ/米ドルの15分足チャートとなっている。

フランス大統領選挙の決選投票前後のユーロ/円 15分足
ユーロ/円 15分足

(出所:Bloomberg)

 こちらをご覧いただくと、フランス大統領選挙の決選投票後、週明け、5月8日(月)のユーロ/円相場は上窓を開けてスタートすると、その後、若干上昇した。

 しかし、上昇が一巡すると今度は反落に転じ、窓埋めを達成。それだけに留まらず、さらに下落することとなった。

フランス大統領選挙の決選投票前後のユーロ/米ドル 15分足
ユーロ/米ドル 15分足

(出所:Bloomberg)

 そして、こちらのユーロ/米ドルのチャートでは、窓開けはほとんどしていないが、大きく上昇してスタートするとその後、急反落している。

■マクロン氏当選で下落したユーロ、そのワケは?

 でもなぜ、市場が警戒していたルペン氏ではなくマクロン氏が当選したにもかかわらず、ユーロは上昇後に反落したのか。

 それは、4月23日(日)のフランス大統領選挙の第1回投票後からのユーロ相場の動きを見るとよくわかる。

【参考記事】
仏大統領選を無事通過してリスクオン再開。米ドル/円は115円に向けて反発する公算大(4月27日、西原宏一)

 以下は、ユーロ/円とユーロ/米ドルの4時間足チャートとなっている。

フランス大統領選挙の第1回投票後からのユーロ/円 4時間足
ユーロ/円 4時間足

(出所:Bloomberg)

フランス大統領選挙の第1回投票後からのユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:Bloomberg)

 こちらを見ると、4月23日(日)のフランス大統領選挙の第1回投票後からユーロ高が進んでいることがわかる。

 これは、フランス大統領選挙の決選投票を前にした世論調査の結果が影響している。

 世論調査といえば、昨年(2016年)は、6月のBrexit(英国のEU離脱)や11月の米大統領選挙で、世論調査とは正反対の結果が出たことが記憶に新しい。市場関係者は世論調査にさんざん惑わされてきたわけだ。

【参考記事】
ザイFX!で2016年を振り返ろう!(1) 英国がEU離脱! 英ポンドは二度死ぬ!?
ザイFX!で2016年を振り返ろう!(2) トランプ氏当選でまさかのリスクオン到来!

 こうした出来事から世論調査への市場の信頼が揺らいでいたのだが、今回のフランス大統領選・第1回の投票結果では、5人の有力候補の得票率は事前の世論調査で出ていた支持率と同じような数字になった。

そのため、フランス大統領選については「世論調査の結果が信頼できる」というのが市場の見方になった。

 そんな中、決選投票に関する世論調査でマクロン氏がかなり有利という数字が出ていたことから、マクロン氏当選をかなり織り込む形でユーロ高が急速に進んでいったというわけだ。

フランス大統領選挙の第1回投票後に公開した「ヘッジファンドの思惑」で西原宏一氏は、「決戦投票でもマクロンが勝利する可能性が極めて高い」との見方を示していた。

【参考記事】
仏大統領選を無事通過してリスクオン再開。米ドル/円は115円に向けて反発する公算大(4月27日、西原宏一)

 相場には「ウワサで買って事実で売る」という格言がある。

 つまり、マクロン氏優勢が伝わったことで、「ウワサで買って(バイ・ザ・ルーマー)」ユーロ高が急速に進んだ。そして、実際に決選投票でマクロン氏が当選したことを受けて、若干ユーロが買われる瞬間はあったものの、その後は「事実で売る(セル・ザ・ファクト)」となり、ユーロが売られたというわけだ。

ここまで典型的でわかりやすい「バイ・ザ・ルーマー」、「セル・ザ・ファクト」も珍しいのではないだろうか。

 それでは、今回のケースで「窓埋めトレード」を実践した場合…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 69369人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

限定含めて最大9000円! 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

老舗FX会社の外為どっとコムが米ドル/円スプレッドを0.3銭原則固定に!

FX情報局
FX情報局

為替相場の先行きはどうなるのか? 各国金融当局はこれからどう動くか? 為替介入はあるのか? 世界経済の先行きは明るい? 暗い? 欧米のFX業界の動向は?……などなど、FXにまつわる情報が集まってくるのがこの「FX情報局」。このコーナーでは、ザイFX!編集部以外から広くFXに関する情報を集め、読者のみなさまにお届けします。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.55111.29

USDJPY

豪ドル/円-0.5182.84

AUDJPY

トルコリラ/円-0.2531.05

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月22日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門