FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

オセアニア祭り!を機に考える。NZドルは
強いのに豪ドルはなぜそんなに強くない?

2017年06月26日(月)東京時間 13:11

■ヒロセ通商が「オセアニア祭り!」開催

 今回は、ヒロセ通商で開催している「オセアニア祭り!」について紹介したい。

ヒロセ通商といえば、米ドル/円0.3銭原則固定、ユーロ/円0.5銭原則固定というように、取扱う通貨ペアで業界トップ水準、もしくはそれに迫るスプレッドを提供していることで知られる。

 さらに、FX会社にとって最大のアピールポイントの1つともいえるスプレッド縮小を、毎回コソッと実施するという、かなり珍しいFX会社でもある。

【参考記事】
大阪名物、こっそり極狭スプレッド!? ユーロ/米ドル0.4pips原則固定を恒常化!
グルメ賞品は猛アピールなのにスプレッド縮小やキャッシュバック増額はなぜヒミツ?
ザイFX!が大発見! これが証拠だ! 秘かに縮小されていたユーロ/円スプレッド

 そんなヒロセ通商が、コソッとではなく、今回、大々的にぶち上げたのが「オセアニア祭り!」というわけだ。

ヒロセ通商「オセアニア祭り!」
ヒロセ通商「オセアニア祭り!」

 この「オセアニア祭り!」は6月12日(月)から開催されていて、ヒロセ通商で取扱うオセアニア通貨絡みの通貨ペアのスプレッドが縮小されている。

 「オセアニア祭り!」と聞くと勘違いしてしまいそうだが、こちらはキャンペーンによる期間限定のスプレッド縮小ではなく、通常スプレッドが縮小されたのだ。

 今回、対象となるのは、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、NZドル/円、NZドル/米ドル、豪ドル/NZドル、ユーロ/NZドルの6通貨ペア。

 豪ドル/米ドルは1.0pips原則固定から0.9pips原則固定、ユーロ/豪ドルは1.6pips原則固定から1.5pips原則固定、NZドル/米ドルは1.7pips原則固定から1.6pips原則固定に縮小されている。

ヒロセ通商「オセアニア祭り!」

 記者がザッと調べたところ、これら3通貨ペアは主要FX会社の中で、業界トップ水準のスプレッドとなっていた。

 そのほかにも、豪ドル/NZドルが2.9pips原則固定から2.8pips原則固定に、ユーロ/NZドルは3.5pips原則固定から3.4pips原則固定に縮小された。

ヒロセ通商「オセアニア祭り!」

■NZドル/円スプレッドでマネパに並ぶも、だがしかし…

 そして、今回の「オセアニア祭り!」の目玉はNZドル/円ヒロセ通商は、NZドル/円のスプレッドをそれまでの1.3銭原則固定から1.2銭原則固定に縮小させたのだ。

 これには、最近、マネーパートナーズのスプレッド縮小攻勢が止まらないことが背景にあると思われる。

 当コーナーでは、少し前に、マネーパートナーズが、たった1カ月足らずで9回もスプレッドを縮小したという記事を公開した。

【参考記事】
マネパが1カ月弱で9回もスプレッド縮小! NZドル/円1.2銭、トルコリラ/円2.9銭固定に

 その中で、マネーパートナーズが複数回のスプレッド縮小によって業界トップ水準に躍り出たのが、NZドル/円とトルコリラ/円ということをお伝えした。

 とくに、NZドル/円は5回もスプレッドを縮小させ、それまでの2.4銭原則固定がなんと半分の1.2銭原則固定になったのだ。

 以下は、ヒロセ通商の「オセアニア祭!」が始まった6月12日(月)時点での主要FX会社のスプレッドをまとめたものだ。

主要FX会社のNZドル/円スプレッド比較(2017年6月12日現在)
主要FX会社のNZドル/円のスプレッド一覧(6月12日時点)

(※)スプレッドはすべて、例外あり。

 こちらをご覧いただくと、マネーパートナーズヒロセ通商が、がっぷり四つとなっている………と書いていた矢先、6月21日(水)になって、マネーパートナーズが上場10周年を記念したキャンペーンで、NZドル/円のスプレッドを7月4日(火)までの期間限定ながら1.0銭原則固定まで縮小すると発表した。

 あまりに意欲的な施策連発に「ほんと、マネーパートナーズさん、どうなっちゃってるの?」と言いたくなるが、こちらについては後日改めて記事を公開するので、詳しくはそちらをご覧いただきたい。

【参考記事】
FX会社の株式上場ってどうなってるの? 旅行会社H. I. S.とあのFX会社に意外な関係

マネーパートナーズ「上場10周年キャンペーン」

 では改めて、現時点での主要FX会社のNZドル/円のスプレッドを確認すると以下のとおりだ。

主要FX会社のNZドル/円スプレッド比較(2017年6月26日現在)
主要FX会社のNZドル/円スプレッド一覧(6月23日時点)

(※)スプレッドはすべて、例外あり。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[NZドル/円スプレッドの狭い順]

(編集部注:マネーパートナーズのNZドル/円のスプレッド縮小はキャンペーン期間が短いため、ザイFX!の自主ルールに基づき、上記の「FX会社徹底比較!」のコンテンツへは反映されていない)

 これを見ると、マネーパートナーズが1.0銭原則固定でトップだが、先ほども紹介したように、これは7月4日(火)までの期間限定スプレッドとなっている。ヒロセ通商の1.2銭原則固定はそれに次ぐ水準というわけだ。

 このように、NZドル/円の業界トップ水準のスプレッドも…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75212人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.29111.49

USDJPY

豪ドル/円+0.0984.90

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0928.24

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
11月20日更新

 
11月17日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門