FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

「高金利通貨祭」でトルコリラ戦争が佳境!?
100通貨取引のあの口座でも取扱い開始!

2017年07月24日(月)東京時間 12:15

■マネパ10週連続キャンペーン第4弾は「高金利通貨祭」!

 それにしてもマネーパートナーズ率高いですよね! このところのザイスポFX! それもそのはず、現在、マネーパートナーズは、上場10周年を記念した「10週連続・週替わりキャンペーン」の真っ最中なんです!

【参考記事】
あいさつ代わりに極狭スプレッドを提供! 上場10周年の10週連続キャンペーン
ザイFX!記者が悲鳴!? マネパがスプレッド縮小し過ぎで記事作成が間に合いません!

マネーパートナーズ・「10週連続・週替わりキャンペーン」

 6月21日(水)から第1弾が始まったこちらのキャンペーン、今回は7月10日(月)から始まった第4弾、「マネパの高金利通貨祭」を紹介します!

マネーパートナーズ・「マネパの高金利通貨祭」

 「マネパの高金利通貨祭」は、

1.[パートナーズFX][パートナーズFX nano]でメキシコペソ/円の取り扱い開始
2.100通貨単位から取引できる
[パートナーズFX nano]でもトルコリラ/円の取り扱い開始
3.
[パートナーズFX]のトルコリラ/円スプレッドを1.9銭原則固定に縮小

 という3つのパートからなっていて、1&2は2017年7月17日(月)~の恒久的なサービス開始、3は7月10日(月)~8月1日(火)までの期間限定キャンペーンになります。

■トルコリラ/円のスプレッド争いがいよいよ佳境に!

 メキシコペソ/円の取り扱い開始も気になりますが、やっぱり注目したいのはスプレッド争いが佳境のトルコリラ/円!

 当コーナーでも再三お伝えしていますが、5月8日(月)にマネーパートナーズ[パートナーズFX]がトルコリラ/円の取り扱いをスタートしたことが、「第二次トルコリラ戦争」とも言える現在のトルコリラ/円スプレッド争いの端緒となりました(ちなみに、当コーナーでは2015年~2016年頃のトルコリラ/円スプレッド競争を「第一次トルコリラ戦争」と呼んでいます)。

【参考記事】
約定力のマネパがついにトルコリラ参入!スワップ金利は業界トップ水準の95円に!

 取り扱い開始当初のスプレッドは3.8銭原則固定で、当時の業界最狭水準。それまでマネーパートナーズ[パートナーズFX]と言えば、鉄壁の約定力を誇る一方、スプレッドがやや広めなのはやむを得ないかな~、という印象だったのが、おやおや? ちょっと路線変えてきた? と思わせられる出来事でした。

 そして、マネーパートナーズ[パートナーズFX]のトルコリラ/円取り扱い開始から2週間後の5月22日(月)、今度はGMOクリック証券[FXネオ]がトルコリラ/円の取り扱いをスタート。

 しかも、明らかに[パートナーズFX]を意識したと思われる3.7銭原則固定というスプレッドを提示してきて、なんだか不穏な空気に…と思ったら、すかさず同じ日に、かつて第一次トルコリラ戦争仕掛けた大本命、ヒロセ通商[LION FX]が2.9銭原則固定と大幅な縮小をやってのけ、勝負あったかとも思われました。

【参考記事】
「第2次トルコリラ戦争」が勃発!取引高世界一の参入でスペック競争加速!
満を持して本命登場!? トルコリラ戦争激化!トルコリラ/円スプレッド2.9銭原則固定に!

 ところがその週のうちに、なんと[パートナーズFX]が反撃に出ます。5月26日(金)から、トルコリラ/円のスプレッドを、ヒロセ通商[LION FX]とピッタリ同じ、2.9銭原則固定に縮小したんです!

【参考記事】
マネパが1カ月弱で9回もスプレッド縮小!NZドル/円1.2銭、トルコリラ/円2.9銭固定に

 その後しばらくは、ヒロセ通商[LION FX][パートナーズFX]のにらみ合いが続きましたが、そこへ参入してきたのが楽天証券[楽天FX]でした。7月10日(月)午前7時からのスプレッド縮小キャンペーンの対象となる12通貨ペアの中に、トルコリラ/円が入っていたのです。

【参考記事】
鬼に金棒!? 大手ネット証券がついに参戦!灼熱のスプレッド競争を制するのはどこ?

 それも、6.8銭原則固定から、当時のヒロセ通商[LION FX][パートナーズFX]と並ぶ2.9銭原則固定へと、かなりの大幅縮小! これで三つ巴の戦いとなっていくのか? と思ったのもつかの間、マネーパートナーズから、緊急プレスリリースが出されました。

マネーパートナーズ・7月10日(月)プレスリリース
マネーパートナーズ・7月10日(月)プレスリリース

 なんと、7月12日(水)からを予定していた「10週連続・週替わりキャンペーン第4弾・高金利通貨祭」のトルコリラ/円のスプレッド1.9銭原則固定への縮小、前倒して7月10日(月)午前10時スタートにしたんです!

マネーパートナーズ[パートナーズFX]・トルコリラ/円スプレッド1.9銭原則固定

 凄まじい攻防! 三つ巴だったのはたったの3時間でした!

 さらに、7月17日(月)からは、「10週連続・週替わりキャンペーン第4弾・ll高金利通貨祭」の一環で、100通貨単位から取引できるマネーパートナーズのもう1つのFX口座、[パートナーズFX nano]でもトルコリラ/円の取り扱いをスタートしました。

■[パートナーズFX]が頭1つリード! と思ったら…

 そして、同じく7月17日(月)から、GMOクリック証券[FXネオ]がトルコリラ/円スプレッドをこれまでの3.7銭原則固定から、2.9銭原則固定へ縮小。

 さらには同じく7月17日(月)、これまでなりを潜めていた外為どっとコム[外貨ネクストネオ]が従来の6.8銭原則固定から2.9銭原則固定へと、楽天証券[楽天FX]と同様の大幅縮小を行いました。いや~、書いているだけでも熱いです!

 というわけで、7月24日(月)現在のトルコリラ/円スプレッド業界最狭水準はどうなっているのか、確認しておきましょう。

業界トップ水準の「トルコリラ/円」スプレッド比較(2017年7月24日現在)
業界トップ水準の「トルコリラ/円」スプレッド比較(2017年7月24日現在)

※スプレッドはすべて例外あり
※原則固定スプレッドのみ

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:トルコリラ/円が取引できるFX会社はここだ![スプレッドの狭い順]

[パートナーズFX]のキャンペーンスプレッド1.9銭原則固定が頭1つリード、その後、ヒロセ通商[LION FX]など4社が2.9銭で団子状態です。と、思っていたら、7月24日(月)、当記事の公開当日にヒロセ通商[LION FX]が、なんと1.9銭原則固定に縮小してきました…。ワォ…。そして、その後ろには、新規参入の[パートナーズFX nano]が3.8銭原則固定で続きます。

 ちなみに、以前のマネーパートナーズ「約定力の[パートナーズFX]」、「スプレッドが狭く、少額取引ができる[パートナーズFX nano]という棲みわけだったように思うのですが、2017年5月以降の[パートナーズFX]のスプレッド縮小に次ぐ縮小で、いつの間にかほとんどの通貨ペアで逆転してしまいました。

【参考記事】
マネパでいったい何が起こっているの!?相次ぐスプレッド縮小で2つの口座が逆転!
マネパが1カ月弱で9回もスプレッド縮小!NZドル/円1.2銭、トルコリラ/円2.9銭固定に

 現在の[パートナーズFX][パートナーズFX nano]の、主な通貨ペアのスプレッドはご覧のとおり。なお、[パートナーズFX]の方は参考までに、5月に怒涛のスプレッド縮小を始める以前のスプレッドも掲載してみました。

[パートナーズFX]と[パートナーズFX nano]の主な通貨ペアのスプレッド 
[パートナーズFX]と[パートナーズFX nano]の主な通貨ペアのスプレッド 

 スプレッドでは逆転されてしまいましたが、それでも[パートナーズFX nano]には100通貨単位から取引できるという強力なメリットがあります。状況に応じて、ぜひ使いわけたいですね!

■「10週連続・週替わりキャンペーン第5弾」も始まってます!

 そして、鋭い読者の皆さまならお気づきかもしれませんが、先ほど掲載した比較表にある8月1日(火)までのキャンペーンスプレッド、当初は7月18日(火)までのキャンペーンだったものが延長されています。ここまでの経緯を簡単に振り返ってみましょう。

 まず、「10週連続・週替わりキャンペーン第1弾」として、6月21日(水)より英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、南アランド/円の4通貨ペアのスプレッドが縮小されました。

【参考記事】
あいさつ代わりに極狭スプレッドを提供! 上場10周年の10週連続キャンペーン

 続く6月28日(水)から始まった「10週連続・週替わりキャンペーン第3弾」で、先の4通貨ペアのスプレッド縮小延長+ユーロ/円、ユーロ/米ドルのスプレッドが新たに縮小され、合計6通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーンとなりました。

【参考記事】
ザイFX!記者が悲鳴!? マネパがスプレッド縮小し過ぎで記事作成が間に合いません!

 そして今回、当初の予定より1週間前倒しで7月12日(水)から始まった「10週連続・週替わりキャンペーン第5弾」で、これまでスプレッド縮小キャンペーンの対象となっていた6通貨ペアの期間延長に加え、新たに英ポンド/米ドルと豪ドル/米ドルがキャンペーンスプレッドになったんです!

マネーパートナーズ・「10週連続・週替わりキャンペーン第5弾」

英ポンド/米ドルは従来の1.9pips原則固定から半分以下の0.8pips原則固定に、豪ドル/米ドルは1.4pips原則固定から0.8pips原則固定に縮小されています。

 ちなみに英ポンド/米ドルの0.8pips原則固定はトルコリラ/円争いでもライバルとなっている楽天証券[楽天FX]の0.9pips原則固定を意識した数字なのではないかと推測…。

 そして、豪ドル/米ドルの0.8pips原則固定も同様に、ライバルであるヒロセ通商[LION FX]楽天証券[楽天FX]の0.9pips原則固定より少しでも狭く!と意気込んだ結果なのではないかと思います。

 それにしても、ここまで延長され続けている[パートナーズFX]のスプレッド縮小キャンペーン、この調子だときっと次回も…と期待しちゃいますよね!?

 そして、怒涛のスプレッド縮小の恩恵を受けようにも…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 73203人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.14111.43

USDJPY

豪ドル/円+0.3789.72

AUDJPY

トルコリラ/円+0.1232.08

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
09月18日更新


 
09月15日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門