1
次のページへ

サクソバンク証券
スワップ狙いの高金利通貨取引!
通貨ペアが豊富だからできるスゴ技とは!?

2017年の為替市場は円高トレンド。でも、サクソバンク証券なら、豊富な通貨ペアを活用した取引と高金利通貨への分散投資で安定した運用を狙えるのだ。こんな取引ができるのは、サクソバンク証券だけ!

話題のスワップに注目のFX会社社長が提案する
対スイス、対ポンドの高金利通貨取引

サクソバンク証券
代表取締役社長
伊澤 フランシスコ サクソバンク証券
代表取締役社長
伊澤 フランシスコ

 高金利通貨を買うともらえるスワップポイントはFXの大きな魅力。なかでも政策金利8%のトルコ、7%のメキシコ、6.75%の南アフリカは高金利通貨3トップ。こうした高金利通貨を買って中長期保有するのは、FXの効果的な利用法の1つだ。

 しかし、スワップポイントの水準は、FX会社によって意外と差がある。1日あたり数円の違いでも保有期間が長いと大きな差になるから侮れないポイントだ。

「私たちは高金利通貨のスワップポイントに力を入れています。特に南アランド/円は日本最高水準。スワップ狙いの投資家が有利に運用できる環境を整えているんです」

 と胸を張るのは、サクソバンク証券の伊澤フランシスコ社長だ。彼はこう尋ねる。

「高金利通貨でのスワップ狙いは私たちも注目する活用法ですが、皆さんは『売る通貨』について考えていますか?」

FXは2通貨の交換取引。高金利通貨を買うなら、いずれかの通貨を売らなければならない。トルコリラ/円、南アランド/円のように、円を「売る通貨」として選ぶのが普通だけど――。

「地政学リスクの高まりで円が買われる動きはよく見られます。そのとき『売る通貨』に円を選んでいると為替変動で打撃を被りやすい。為替変動の少ないスイスフランや、EU離脱に揺れる英ポンドを『売る通貨』の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。実はスイスフランとトルコリラ、英ポンドと南アランドといった通貨ペアはスワップの水準も非常に高いんです」

※レバレッジ1倍で100万円分通貨を売買した場合。2017年9月22日現在の実績値。
スワップポイントは金利情勢等により変動します。

「買う通貨/売る通貨」の分散で
安定したスワップ運用を狙う!

 日本のFX会社だと、トルコリラや南アランド、メキシコペソのような高金利通貨は対円しか扱っていないところがほとんど。せいぜい対ドルがあるかどうかだが、サクソバンク証券では160種類以上の通貨ペアが取引可能。スイスフランや英ポンドと高金利通貨の組み合わせも取引できて、しかも、そのスワップの金額は上表のとおり、対円をはるかに凌駕する高水準だ。

「投資の世界では『卵は1つのカゴに盛るな』と言います。1つの投資先だけだと変動が大きく成果が安定しませんが、2つ、3つと増やしていくと、1つが下がっても別の投資先が上がるなど安定した成果が期待できるんです。これはスワップ運用でも当てはまります」

 高金利通貨は概して変動が大きめ。例えばトルコリラ/円だけで運用すると、乱高下でハラハラドキドキすることも多い。

「しかし、そこにスイスフラン/南アランドや英ポンド/トルコリラといった通貨ペアを加えると運用成果が安定しやすいんです」

スイスフランや英ポンドで高金利通貨を取引する方法、さらに通貨ペアを分散する方法、なかなか思いつかなかったのでは? これらの手法を取り入れることで、運用効率が格段に上昇しそうだ。

目からウロコのスワップ運用方法とは?
高金利通貨FX分散投資を実践!

 伊澤社長に聞いた、高金利通貨のスワップ狙い分散投資。サクソバンク証券だから可能な注目のスワップ運用方法をザイFX!スタッフがさっそく試してみた!

 まずは口座開設。サクソバンク証券には2つのコースがあるが、取扱通貨ペア数の多い「スタンダードコース」を選ぼう。

 開設後、取引ツールにログインしたら、画面上部にある検索窓に取引したい通貨ペア名を打ち込む。英ポンド/トルコリラなら「GBPTRY」だ。

 伊澤さんが教えてくれたのは、買い通貨がトルコリラ、南アランド、メキシコペソの3つ。売り通貨は円、スイスフラン、英ポンドの3つだから組み合わせると9通貨ペアになる。つまり、「TRYJPY」「ZARJPY」「MXNJPY」「CHFTRY」「CHFZAR」「CHYMXN」「GBPTRY」
「GBPZAR」「GBPMXN」だ。

 「最初は4通貨ペアくらいから始めてもいいです。それだけでも充分な分散効果が期待できます」と伊澤さん。

 今回は、伊澤さんのアドバイスとチャートの動きから以下の4つの通貨ペアを選択!

>> 1週間後にスワップが2900円も!?

1
次のページへ

重要事項及びリスク開示
■ 外国為替証拠金取引は通貨の価格を指標とし、その変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、金利等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。また、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■外国為替証拠金取引を行うに当たっては、取引証拠金を当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なります。
■外国為替証拠金取引の詳細についてはサクソバンク証券のホームページに掲載されている「取引説明書」でご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
【加入協会】日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

PR

サクソバンク証券
住所:〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー22F
電話番号:0120-007-390
[オペレーター受付時間]
取引時間外を除く24時間
※キャンペーンに関するお問い合わせは
平日9:00~18:00のみ対応