FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

「ICO」とは? 「IPO」と何がどう違うの?
テックビューロ発、「COMSA」のしくみは?

2017年09月25日(月)東京時間 12:40

■過去最高56万円台から一転、急降下したビットコイン

 破竹の勢いで上昇を続け、9月2日(土)には、過去最高値となる56万円台をつけたビットコインですが、その後は、いろいろあって失速。9月21日(木)現在は、40万円台前半で推移しています。

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ビットコイン/円 日足

ビットコインが失速するきっかけとなったのは、9月4日(月)の中国人民銀行からの発表。それは、「ICOを全面禁止にする」というものでした(ICOとは何ぞや? という点は、この後、説明します)。

中国人民銀行のウェブサイト(ICOのことを報じたページ)
中国人民銀行のウェブサイト(ICOのことを報じたお知らせ)

 この件だけなら、ビットコイン相場が大きく崩れることはなかったのかもしれませんが、事態はそれだけに留まらず…。9月14日(木)には、中国最大手の仮想通貨取引所・BTCC(BTCチャイナ)が新規ユーザー登録をただちに停止し、9月30日(土)にすべての取引を停止すると発表。これを受けて、ビットコイン/円は、一時30万円台前半にまで急落しました。

 このほか、9月12日(火)には、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOがビットコインをディスったとされる報道が出たことも、ビットコイン急落に一役買ったみたい。

 このあたりのことまでは、9月15日(金)に公開した以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【参考記事】
マイナス500万円!? ビットコイン、なぜ暴落?チャイナショック&JPモルガンショックって!?

■中国当局の規制は、ますます厳格化へ。取引所閉鎖相次ぐ

 上の【参考記事】を公開した9月15日(金)には、その後、BTCC(BTCチャイナ)のほか、大手取引所のHuobi(火幣)やOKCoin(OKコイン)が中国人民元での取引停止を発表したり、ビットコインキャッシュ(BCH)の誕生を主導したViaBTCが9月30日(土)をもって取引を停止すると発表するなど、中国の仮想通貨取引所が相次いで事業規模の縮小や事実上の閉鎖っぽいアナウンスを行いました。

【参考記事】
ビットコインは、8/1のハードフォーク後に最高値更新! ビットコインキャッシュとは?

HOUBI(火幣)のウェブサイト
HOUBI(火幣)のウェブサイト
OKcoin(OKコイン)のウェブサイト
OKcoin(OKコイン)のウェブサイト
ViaVTCのウェブサイト
ViaVTCのウェブサイト

 とりあえず、マイニング(採掘)については、禁止されるワケではないようですが、中国の仮想通貨をめぐる規制が急に厳しくなってきている気が…。

 この動きについては引き続き、注意が必要ではありますが、ビットコイン相場の方は、とりあえず落ち着いているみたいです。30万円台前半まで急落後、反発し、冒頭でお伝えしたとおり、現在は対円で40万円台前半付近で推移しています。

 このまま上昇を再開するのか…? 下落に転じるのか…? はたまた、しばらくもみ合いとなるのか…? 中国の規制動向とともに、今後の動向に注目です。

ビットコイン/円 4時間足
ビットコイン/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ビットコイン/円 4時間足

■「ICO」とは? 「IPO」や「クラウドファンディング」と似ている?

 ところで、ビットコイン急落のきっかけとなったのは、中国人民銀行からの発表で、それは、「ICOを全面禁止にする」というものだったと冒頭でお伝えしましたが、そもそも「ICO」って、いったい何なんでしょう?

 最近、一般メディアでも「ICO」というキーワードを見かけますし、何かと騒がれているようではありますが、実は、よくわからないという方もいるのでは? なにぶん、新しい分野で、記者もよくわからん部分が多々ありますが…せっかくなので、いっしょにICOの概要を確認しておきましょう。

ICO(Inicial Coin Offering)とは、ざっくりいうと、株式市場におけるIPO(Inicial Public Offering)の仮想通貨版のようなもの。企業などが新しいトークン(※)を発行し、それを不特定多数の投資家に取得させることで対価を得て資金調達することを言います。

(※「トークン」とは、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンを使って発行される独自の仮想通貨のこと)

 トークンの対価は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で支払われ、企業は、支払われた仮想通貨を仮想通貨取引所などで米ドル、日本円などの法定通貨に換金し、現金を調達するという流れになるみたい。

 インターネットを通じて、不特定多数の人からの出資を募るというしくみにだけ注目すれば、クラウドファンディングと似ているとも言えそうです。

■そもそも、「IPO」とは? 「クラウドファンディング」とは?

 ちなみに、IPOは、新規公開株などと訳されたりしますが、未上場企業が新規に東証などの取引所に上場し、その企業の株式を不特定多数の投資家が取引できるようにすることを言います。新規上場=IPOと理解しても良いでしょう。

クラウドファンディングは、ソーシャルファンディングといった呼び方をされることもあるみたいですが、何かしらのアイデアや企画を持つ人が専用サイトを通して不特定多数の人に呼びかけ、アイデアや企画実現のための資金集めをする手法のことを言います。

 こちらは、明確な定義がないようなので、だいたいそんなものらしいというイメージを持っていただければ十分かと。

■ざっくりと、「ICO」のしくみを確認してみよう

 それでは、そんなIPOやクラウドファンディングにちょっと似ている感じがするICOについて、基本的なしくみを確認してみましょう。

 なお、ICOについても、クラウドファンディング同様、明確な定義や用語の統一は行われていないようです。さらに、記者が調べた限りではありますが、いまいちICOの法律的な位置付けもよくわからない面があります。当記事において取り上げる内容は、一部正確でない情報や適切でない表現が含まれる可能性がありますので、その点を踏まえた上で読み進めてください。

 ということで、本題です。文章だけで表現するのは、困難を極めますので、ICOのしくみを図解してみました。細かい点は無視して、ものすご~く簡略化して説明すると、こんな感じになろうかと思います。

ICOのしくみを図解

 まず、ICOを実施する企業は、投資家からビットコインやイーサリアムなど、ある程度、流通性のある仮想通貨で出資(「出資」という表現が適切かどうか不明)を募ります。企業はその対価として、新たに発行するトークンを投資家に付与するワケです(これは、トークンセールなどと言われている)。

 そして、企業は、投資家から出資されたビットコインやイーサリアムを仮想通貨取引所で日本円などの法定通貨に交換し、事業資金(新サービスの開発資金など)に充てるというしくみ。

 資金調達手法と言われることが多いICOですが、この後、紹介するICOソリューション「COMSA(コムサ)」を開発したテックビューロによると、厳密に言うとICOは、「仮想通貨の発行販売手法」であり、それを購入する側も「投資家」ではなく「トークン購入者」という位置づけになるそうです。

 新しい仮想通貨を発行し、販売するための手法であるというのが、ICOの本来の役割みたいですね。実際は、もっぱら、お伝えした資金調達手段として活用されているようですが…。

 あまり深堀りはできないのでしませんが…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 74217人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所
ザイFX!編集部

このコーナーでは、ザイFX!編集部が、話題のビットコイン・仮想通貨に関する情報をわかりやすくお届け! 「ビットコインって何?」「どこで取引できるの?」といった基本的な話から相場や法律、技術的な話まで、時には専門家への取材なども交えつつ、幅広いテーマを取り上げていきます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで10万通貨以上の往復取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買による5000通貨以上の決済取引で)+オリジナル書籍『フルオートの始め方と運用のコツ』(シストレ24開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買による20万通貨以上の決済取引で。10万通貨以上の決済取引では5000円。)、または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による60万通貨以上の新規または決済取引で。30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(選べる外貨またはちょいトレFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](終了日時未定)
  • 最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による60万通貨以上の新規または決済取引で。30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全2回受講後、理解度テスト&アンケートに2回回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](12月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★5000円キャッシュバック・GMOクリック証券[FXネオ](終了日時未定)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
bitbank

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-20429.00650715.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-148.30005754.5000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-128.20004879.1000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
10月23日更新



 
10月13日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門