FXや株式、さらにコモディティまで幅広く投資する大橋ひろこさん。彼女がFXトレーダーにオススメするのはCFD。FXとの相性がバツグンらしいのだが、どうすれば収益チャンスが増えるのか。大橋さんとサクソバンク証券社長の伊澤さんに直撃した。
1
次のページへ

サクソバンク証券
大橋ひろこさんが伝授する
FXトレーダーのためのCFD活用術

FXや株式、さらにコモディティまで幅広く投資する大橋ひろこさん。彼女がFXトレーダーにオススメするのはCFD。FXとの相性がバツグンらしいのだが、どうすれば収益チャンスが増えるのか。大橋さんとサクソバンク証券社長の伊澤フランシスコさんに直撃した。

FXをやるなら株やコモディティもやるべき!
相関・逆相関にこだわりましょう

大橋 FXトレーダーは金融市場をグローバルに見る人が増えています。でも、為替市場だけでは値動きを予想しきれない。株はもちろん、ゴールドや原油、債券などいろいろな市場を見ないと相場観が組み立てられない時代になっていると思います。

伊澤 おっしゃる通りですね。今は、株、為替、コモディティ、債券、不動産などすべての市場が連動するようになっています。リーマンショック以降、先進国が軒並み金融緩和政策を採用し、マネーがジャブジャブにあふれた影響でしょう。

大橋 相関・逆相関がはっきり出やすい市場もありますね。よく知られているのは米ドルとゴールドの逆相関です。

伊澤 ドル安が進んだ2011年にはゴールドが2000ドル手前まで上昇し、アメリカでテーパリング(量的金融緩和の縮小)の話題が出始めるとドル高に。反対にゴールドは弱くなっていきました。わかりやすい関係です。

大橋 鉄鉱石と豪ドル、原油とカナダドルのように特定のコモディティと同じ方向に動きやすい通貨もあります。「FXしか取引しないから」と為替市場だけを見ているより、幅広い市場を見ることでチャンスは確実に広がりますね。

FXトレーダーにオススメしたい
CFDの賢い活用術!

伊澤 大橋さんのブログを拝見しました。為替だけでなく、さまざまな金融市場の情報を分析されていて驚きました。素晴らしいですね。

大橋 私自身、為替、株、コモディティといろいろな市場へ資産を分散させて取引しているので、自然と視野が広がっていったんです。

伊澤サクソバンク証券も、デンマークを拠点に為替から始まった会社ですが、利用者の要望に応えているうちに、CFDも先物も株もと扱う商品が増えていきました。日本でもFXだけでなくCFDが取引できるんです。

大橋 CFDでは約6000種類もの銘柄を扱っているそうですね。世界の主要な株価指数、金や銀、原油といったコモディティ、それにアップルやフェイスブック、ガスプロムのような個別株まで。サクソバンク証券のCFD口座だけで世界の市場をカバーできてしまいます。

伊澤 「今はFXだけ」という人もぜひCFD口座の「ウォッチリスト」を活用してほしいです。ただ、初心者の方は、銘柄が多すぎると逆にどれをウォッチしたらいいか迷ってしまうでしょう。そこで、取り組みやすいCFD34銘柄を「ウォッチリスト」としてご用意しましたので、まずはそこから始めていただきたいと思っています。世界の主要資産の値動きを毎日見ているだけでも相場観がシャープになりますから。もちろん中級者の方には、先物に連動したさまざまなCFDや世界のETFなど6000銘柄から自由にチャレンジしていただければと思います。

大橋 ちなみに、FXを取引する人なら、どんなCFD銘柄を見ておけばいいですか?

伊澤 米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円の主要3通貨ペアは皆さん見ているでしょう。ならばそれに加えて、コモディティではゴールドとWTI原油、株式ではダウ平均、DAX(ドイツの株価指数)とFTSE100(イギリスの株価指数)、あとはもちろん日経平均ですね。余裕があれば中国株の動向もウォッチリストに加えておくと、為替市場への理解が深まるだけでなく、収益チャンスが増えるはずです。

>> 「EV化」のニュースだけでアイデアがこんなに広がる!

1
次のページへ

重要事項及びリスク開示
■ 外国為替証拠金取引は通貨の価格を指標とし、その変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、金利等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。また、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■外国為替証拠金取引を行うに当たっては、取引証拠金を当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なります。
■ 外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。売買手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■ 株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETF(上場投資信託)を、個別株CFD取引は個別株を、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。 CFD取引の売買手数料については、原資産をETFとしない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■ 上記全ての取引において、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■ 上記取引を行うに当たっては、オプション取引の買い側を除いて、取引証拠金を当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出した比率(※)を下回らないように当社が設定します。※金融先物取引業協会が算出するペアについてはその比率、それ以外については当社が算出した比率。いずれも算出は1週間に1度。
■ オプションの買いを除く上記取引には、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロスとも言います)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また、自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■ この「重要事項及びリスク開示」の詳細についてはサクソバンク証券のホームページに掲載されている「取引説明書」でご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
【加入協会】日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

PR

サクソバンク証券
住所:〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー22F
電話番号:0120-007-390
[オペレーター受付時間]
取引時間外を除く24時間
※キャンペーンに関するお問い合わせは
平日9:00~18:00のみ対応