仮想通貨の初心者でも1分でわかる!ビットコインの基礎知識

「ビットコイン・仮想通貨の先物&信用」
ができる取引所を比較。対応業者はどこ?

2017年11月29日(水)12:20公開 [2018年05月08日(火)11:59更新] 向井友代[ザイFX!副編集長] バックナンバー一覧へ>>

専用スマホアプリが充実!仮想通貨FXならGMOコイン

■取引で利益を狙うなら、証拠金取引(レバレッジ取引)!

 これまでの記事でもお伝えしてきたとおり、ビットコインをはじめとした仮想通貨の売買サービスは、大きく「現物取引」と「証拠金取引」に分けることができ、さらに証拠金取引は、「仮想通貨のFX」「先物取引」「信用取引」の3つに分けることができます。

 目的によって利用するサービスは異なってくると思いますが、たとえば、ただ単純にビットコインを買いたいのであれば「販売所」または「取引所」での「現物取引」が考えられるでしょう。

 はじめてビットコインを買うんだけど…という初心者の人は、この手のサービスを探しているというケースが多いのでは?

 「現物取引」については、「ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?」で詳細をご覧ください。

【参考コンテンツ】
ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?

 そうではなく、ビットコインをはじめとした仮想通貨を積極的に取引することで利益を狙うことを目的にしたいのであれば、冒頭でお伝えした3つの「証拠金取引」(仮想通貨の世界では、レバレッジ取引とも言う)が、有力候補となるのではないでしょうか?

 証拠金取引は、売りからも買いからも始められますので、上昇局面だけでなく、下落局面でも利益を狙うことができますし、レバレッジ(てこの原理)を効かせた資金効率の良い取引が可能です。

 証拠金取引のうち、「仮想通貨のFX」については、以前公開した「『ビットコイン・仮想通貨のFX』ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに」で詳細をご覧ください。

【参考コンテンツ】
「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに

 当記事では、そんな仮想通貨の証拠金取引から、残りの2つ、「先物取引」と「信用取引」について、詳しくお伝えしていきます。

■仮想通貨の「先物取引」ができる業者は?

 さっそく、仮想通貨の「先物取引」と「信用取引」ができる業者を順に確認していきましょう。

 以下は、国内の金融庁登録業者に絞って、ザイFX!がサービス内容などを調査し、まとめたものです。ただし、すべての金融庁登録業者を対象に調査したものではありません。また、詳細や最新情報については、必ず各業者のウェブサイトなどで確認するようにしてくださいね。

 はじめに、仮想通貨の「先物取引」ができる業者一覧です。

仮想通貨の「証拠金取引」:「先物取引」ができる業者一覧
業者名 サービス 対応通貨 取引
単位
レバ
レッジ
ロス
カット
取引期限 売買
手数料
bitFlyer
(ビット
フライヤー)
Lightning
Futures
BTC/JPY  0.001
BTC
1 倍
2 倍
3 倍
5 倍
10 倍
15 倍
今週物
来週物
四半期物
(期日は取引画面で確認)
無料
bitbank
(ビットバンク)
bitbank 
Trade
BTCFX
BTC/USD 1枚
(100ドル相当)
最大
20倍
今週物
来週物
四半期物
(期日は取引画面で確認)
片道
0.01%
(決済は
無料)

※日本国内の業者のうち、金融庁登録業者が運営するものだけをピックアップし、サービス内容などをザイFX!が調査。ただし、すべての金融庁登録業者を対象に調査したわけではない
※売買手数料以外にもポジション管理料などの手数料がかかる場合がある
Zaif(ザイフ)は、2018年3月31日をもって、先物取引のサービスを終了した
※BTC=ビットコイン

 「現物取引」や「仮想通貨のFX」に比べると、「先物取引」ができる業者は、かなり少ない印象です。以前は、Zaif(ザイフ)も取り扱っていましたが、2018年3月31日(土)をもって、取り扱いを終了しています。

【参考コンテンツ】
ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?
「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに

 通貨ペアについても、bitFlyer(ビットフライヤー)がビットコイン/円(BTC/JPY)、bitbank(ビットバンク)がビットコイン/米ドル(BTC/USD)を取扱っているだけで、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が絡むペアを扱っている業者は見当たりません。ビットコイン一択の状態です。

 売買手数料については、ビットバンクは新規取引の際に手数料が発生しますが、ビットフライヤーは無料。ただし、「仮想通貨のFX」と同様、売買手数料の他にポジション(建玉)を翌日へ持ち越す際、別途手数料が発生します。

 この手数料、ビットフライヤーのLightning Futuresでは、Lightning FX同様、スワップポイントという名称で、1日あたり0.04%の支払いとなります。

ビットバンクのBTCFXでは、ポジションを持ち越すことで発生する手数料はないようですが、キャピタルゲインフィーと呼ばれるものが、決済時に利益が出た場合のみ徴収されるようです。ビットバンクのウェブサイトには、キャピタルゲインフィーは、0.2%と記載されていました。

 「仮想通貨のFX」について紹介した記事でも触れましたが、ビットフライヤーのLightning Futuresでかかるポジション管理料のような手数料は0.04%と、一見、大したことはないように思いますが、ざっと年利換算してみると、結構な利率になります…。

【参考コンテンツ】
「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに

 のちほど詳しくお伝えしているとおり、「先物取引」の場合は、「仮想通貨のFX」と違って取引期限がありますので、最大でも取引期限までの手数料ではありますが、ポジションを保有する限り発生し続ける手数料があるということも踏まえた上で、トータルコストを考えつつ、トレード計画を練る方が良いでしょう。

 売買手数料以外の手数料については、各業者で結構、取扱いが異なりますので、取引の際は事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 なお、ビットバンクのBTCFXは、サービス名にFXとついているので紛らわしいのですが、その中身は「先物取引」に分類できるサービスっぽいので、当記事では「先物取引」に分類しています。

■仮想通貨の最大レバレッジは、25倍以下に設定されている

 最大レバレッジは、各業者バラバラで、ビットフライヤーのLightning Futuresが15倍、ビットバンクのBTCFXが20倍です。法令で最大レバレッジが25倍と定められているFX(外国為替証拠金取引)にならってなのか、いずれも25倍以下で設定されています。

 ただ、ビットフライヤーのLightning Futuresは、取引画面において、あらかじめ最大レバレッジを選択できるスタイルですが、ビットバンクのBTCFXについては、ざっと見た限り、そうした設定画面が見当たりませんでした…。

 見つけられなかっただけ、という可能性もありますが、最大レバレッジの範囲内で、自由に預け入れる証拠金とポジション(建玉)量を調節してくださいというスタイルなのかもしれません。

ビットフライヤーのLightning Futures(クリックで拡大)
ビットフライヤーのLightning Futures

(出所:bitFlyer

 いずれにしろ、一定の水準まで含み損が膨らむと強制的に決済される「ロスカット」ルールが設けられていますので、あまりレバレッジをかけすぎると、すぐにロスカット水準に達してしまう可能性があります。取引する際は、資金管理に十分、気をつけてくださいね。

■「仮想通貨のFX」と「先物取引」の違いは取引期限の有無

 以前、「『ビットコイン・仮想通貨のFX』ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに」を読んだ人は、ここまでの「先物取引」の概要を見ると、ほとんど「仮想通貨のFX」と同じじゃないか? と思われたかと思いますが…。

【参考コンテンツ】
「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに

 実際、「仮想通貨のFX」と「先物取引」は、ほぼ同じようなルールで取引できると考えて差し支えなさそうです。

 ただ、「仮想通貨のFX」と「先物取引」で決定的に異なる点が1つあります。それは、「取引期限」の有無

 「仮想通貨のFX」については、特に取引期限はありませんので、すぐに決済しようが、1週間、1カ月あるいは1年保有し続けようが取引する人の自由です。しかし、「先物取引」では、この日までに取引しなければ、自動的に決済されるという取引期限が存在します。

 取引期限を迎えるまで、どのタイミングで売買するかは自由ですが、取引期限を過ぎてポジションを持ち続けることはできません

 ちなみに、先物といえば、日経225先物などの株価指数先物を思い浮かべる人もいるかと思いますが、取引期限がある証拠金取引という点では、仮想通貨の「先物取引」も、大枠のルールはこれに近いと言えそうです。

■ビットバンクのBTCFXは、流動性が高そうな感じがする

 ここで少し、仮想通貨の「先物取引」の取引画面を見てみましょう。以下には、例としてビットバンクのBTCFXの取引画面を掲載しました。

bitbank(ビットバンク)BTCFXの取引画面(クリックで拡大)
bitbank(ビットバンク)BTCFXの取引画面

(出所:bitbank

BTCFXでは、ビットコイン/米ドルの今週物・来週物・四半期物と3つの銘柄が用意されており、専用の取引画面からタブを切り替えることで、それぞれの銘柄を売買できるようになっています。シンプルな作りですので、初めてでも操作しやすい印象です。

 上の画像のとおり、2017年11月20日(月)現在、取引可能なのは、2017年11月24日(金)に取引期限を迎える「BTCFX1124」、12月1日(金)に取引期限を迎える「BTCFX1201」、12月29日(金)に取引期限を迎える「BTCFX1229」の3つ。

 ちらっと見た限りですので、常にそうだとは言い切れませんが、ビットフライヤーのLightning Futuresと見比べるてみると、ビットバンクのBTCFXの方が流動性を確保できている印象でした。

 売値と買値の差も狭く、常に新しい注文が入れ替わり立ち代わり出されているんだろうなと感じられる活況具合。

 なんでも、ビットバンクのBTCFXで出された注文は、OKEX.comという海外の大手仮想通貨取引所に取り次がれるそうで、それがBTCFXの流動性の高さの要因らしい。

 もちろん取次先がどうにかなってしまったら、流動性の確保は難しくなるのでしょうが、それはここでは置いておいて…そもそも、いくら「先物取引」がしたいと言っても、取引が閑散とした状況では、なかなか思ったとおりの価格で約定できませんよね?

 普通に考えると、できるだけ取引参加者が多く、売買が活況な取引所で取引したいものです。

ビットバンクのBTCFXは、対米ドルの通貨ペアしかなかったり、取引単位も1枚=100USD相当と見慣れない感じだったり、入金はビットコインで行う必要があったり…。慣れるまで、感覚としてつかみづらいものがありそうではありますが、仮想通貨で「先物取引」がしたいという方は、一度、高い流動性が維持されていそうなビットバンクのBTCFXをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 続いて、仮想通貨の「信用取引」についても…

次のページヘ
この記事を各ソーシャルメディアで共有する
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2052人ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 81548人ザイFX!のtwitterをフォローする

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

BITPOINT
ビットコイン・仮想通貨の取引所&販売所を紹介!くわしくはこちら

人気記事アクセスランキング

  1. 07月18日(水)16:05更新ホリエモン仮想通貨祭(2) 1800倍以上に爆騰したイーサリアムが取り出せなくなった!?(井口稔[ザイFX!編集長])
  2. 03月09日(金)19:00更新金融庁がみなし業者含む7社に行政処分。コインチェックの月間取引高は約4兆円!?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 09月05日(水)15:30更新初めてでもわかる仮想通貨のマイニング(2)個人マイナーに人気のある仮想通貨って…!?(庄司正高[ザイFX!編集部])
  4. 07月13日(金)22:00更新ホリエモン仮想通貨祭(1) ミスビットコインはナカモトサトシの正体を知っているのか?(井口稔[ザイFX!編集長])
  5. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  1. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  2. 07月20日(金)22:00更新ホリエモン仮想通貨祭(3) カギはあぶく銭&QRコード決済。堀江貴文の仮想通貨大予言とは?(井口稔[ザイFX!編集長])
  3. 07月18日(水)16:05更新ホリエモン仮想通貨祭(2) 1800倍以上に爆騰したイーサリアムが取り出せなくなった!?(井口稔[ザイFX!編集長])
  4. 07月13日(金)22:00更新ホリエモン仮想通貨祭(1) ミスビットコインはナカモトサトシの正体を知っているのか?(井口稔[ザイFX!編集長])
  5. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  1. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  2. 07月20日(金)22:00更新ホリエモン仮想通貨祭(3) カギはあぶく銭&QRコード決済。堀江貴文の仮想通貨大予言とは?(井口稔[ザイFX!編集長])
  3. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  4. 09月05日(水)15:30更新初めてでもわかる仮想通貨のマイニング(2)個人マイナーに人気のある仮想通貨って…!?(庄司正高[ザイFX!編集部])
  5. 06月28日(木)14:27更新約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを200万円付近で決済できたのはなぜか?(高城泰[ミドルマン])
  1. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  2. 07月20日(金)22:00更新ホリエモン仮想通貨祭(3) カギはあぶく銭&QRコード決済。堀江貴文の仮想通貨大予言とは?(井口稔[ザイFX!編集長])
  3. 07月18日(水)16:05更新ホリエモン仮想通貨祭(2) 1800倍以上に爆騰したイーサリアムが取り出せなくなった!?(井口稔[ザイFX!編集長])
  4. 08月24日(金)16:00更新総資産が553%も拡大した仮想通貨業界に課題。金融庁の登録審査は、より厳格化の流れか(向井友代[ザイFX!副編集長])
  5. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])

さらに人気記事アクセスランキングを見る>>

ザイFX!トップに戻る ザイFX!×MT4トップに戻る
↑ページの先頭へ戻る