「90日間・FXキャンプ 入隊募集中!!」。ある日、こんな謎のポスターを見つけたカツオ君。奔放な為替市場に振り回される日々を抜け出せるかもとさっそく入隊。そこで教えてもらったのは、トレード力UPに即効性のあるトレーニング方法だった。
前のページへ
2

サクソバンク証券
トレード力を劇的に高める!
90日間・FXキャンプ!!

>> ザイFX!限定「新規口座開設+1取引で4000円キャッシュバック」

ウォッチリストに「取引シグナル」を追加
チャートの分析を自動化する!

カツオ 隊長! 目を離した隙に米ドル/円が下がっていました。はっきりわかるダブルボトムだったのに、チャンス逃した~!

隊長 為替市場は24時間動くから、いつチャンスがやってくるかわからない。でも、カツオ君のような兼業トレーダーは、仕事中でチャートが見られない時間も多いだろう。

カツオ はい。なんだかんだ所用があって、チャート分析にかけられる時間は少ないです。

隊長 そこで使ってみてほしいのが「取引シグナル」だ。チャートの形状などを自動的に分析し、売買チャンスを教えてくれるんだ。

カツオ そんなことができるんですか?

隊長 ふっふっふ。サクソバンク証券で使える「オートチャーティスト」という機能だ。取引シグナルをクリックすると、「抵抗線を上抜けたから買い」「トライアングルを下抜けたから売り」とチャートの解説が表示される。この取引シグナルはデモ口座でも使えるから、さっきのウォッチリストに取引シグナルも表示させてみよう。

カツオ お、そのまま発注もできるんですね。もう自分で考える必要がないぞ!

隊長 はっはっは。それじゃあ上達しないよ。トレード力をUPさせるための活用方法も解説していこう。

抵抗線、支持線のブレイクや「ダブルボトム」などのチャートパターンを教えてくれる「取引シグナル」はトレードの時短に最適!

日足や4時間足、他の通貨ペアでも
シグナルを確認する!

カツオ 隊長! 米ドル/円の1時間足で売りのシグナルが出ています! 売っていいですか?

隊長 シグナルが出ていたらクリックしてみよう。シグナルの根拠となったパターンがわかりやすく解説されているぞ。

カツオ ABCDとかバタフライとか初めて聞くパターンだな。売っていいんだろうか……。

隊長 待て待て。1時間足の取引シグナルは売りでも、日足が買いかもしれない。トレードに活用するなら、ひとつのシグナルだけではなく他の時間軸や通貨ペアと合わせて確認していこう。米ドル/円の1時間足と日足が売りシグナルで、さらにユーロ/円でも売りのシグナルが出ていたら、円安の可能性は高そうと判断できる。

カツオ リストにない取引シグナルはどこで見るんですか?

隊長 「ニュース・リサーチ」というボタンを押すと「取引シグナル」のタブがある。取引シグナルの一覧が表示されるから、他の足や他の通貨ペアのシグナルを確認するんだ。

カツオ 米ドル/円は日足で買いシグナルが出ているし、ユーロ/円でも買いのシグナルが出てる。今回は見送ろうかな。チャートを見ると株価も下落していて円高がまだ続くかもしれないし見送りだ!

隊長 はっはっは。上達してきたね!

「ニュース・リサーチ」で取引シグナルを一覧できる。為替市場のシグナルだけを表示したり、通貨ペアでソートしたりすることもできる。
拡大画像 >>
取引シグナルをクリックすると詳しい解説が表示される。これを毎日チェックするだけでチャート分析力がUP!

デモ口座でもオートチャーティストは使える!
90日間の継続でトレード力が劇的に高まるぞ!!

カツオ 取引シグナルって株価指数やゴールドでも見られるんですね。今まで取引したことなかったけど、やってみようかな。

隊長 為替を取引するなら他の金融市場もウォッチしないと話にならない。どうせウォッチするなら取引対象に加えたほうが効率的ではある。チャートの読み方は同じだしね。

カツオ 早速やってみます!

隊長 だが、いきなり全力で取引するなよ。最初は少額にしておいて、今日教えたやり方を90日間実践してみよう。

カツオ えっと、「日米の株価指数とゴールド、主要通貨ペアを確認して、今、米ドル/円と相関しやすい市場を探し、取引シグナルを複数の時間軸や通貨ペアで参考にする」でしたよね。

隊長 そうだ。それを90日間続ければ、金融市場の分析力やチャートの読み方は格段に高まる。トレード力が劇的に変わるはずだ!

取材・文/高城 泰 イラスト/黒崎 玄

前のページへ
2

重要事項及びリスク開示
■ 外国為替証拠金取引は通貨の価格を指標とし、その変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、金利等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。また、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■外国為替証拠金取引を行うに当たっては、取引証拠金を当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なります。
■ 外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。売買手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■ 株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETF(上場投資信託)を、個別株CFD取引は個別株を、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。 CFD取引の売買手数料については、原資産をETFとしない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■ 上記全ての取引において、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■ 上記取引を行うに当たっては、オプション取引の買い側を除いて、取引証拠金を当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出した比率(※)を下回らないように当社が設定します。※金融先物取引業協会が算出するペアについてはその比率、それ以外については当社が算出した比率。いずれも算出は1週間に1度。
■ オプションの買いを除く上記取引には、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロスとも言います)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また、自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■ この「重要事項及びリスク開示」の詳細についてはサクソバンク証券のホームページに掲載されている「取引説明書」でご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
【加入協会】日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

PR

サクソバンク証券
住所:〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー22F
電話番号:0120-007-390
[オペレーター受付時間]
取引時間外を除く24時間
※キャンペーンに関するお問い合わせは
平日9:00~18:00のみ対応