FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

「スプレッド1.0銭原則固定時代」の幕開け!?
南アフリカランド/円の下落は止まるのか?

2018年07月02日(月)東京時間 12:05

【DMM FX】ザイFX!限定! 口座開設+初回取引で4000円キャッシュバック

 2018年6月11日(月)、DMM.com証券[DMM FX]南アフリカランド/円のスプレッドが、従来の1.3銭原則固定から1.0銭原則固定へと縮小されました

DMM.com証券で南アフリカランド/円のスプレッド縮小

 実は、FX各社が南アフリカランド/円のスプレッドを縮小するのは、ここ最近のちょっとしたトレンドになっています。

 そこで、今回のザイスポFX!では、FX各社の南アフリカランド/円のスプレッドと、南アフリカランド/円のここ最近の値動きについて、ざっくりチェックしてみたいと思います。

■2017年夏ごろから南アフリカランド/円を取り上げることが増加

 ザイスポFX!では、これまでも南アフリカランド/円について取り上げてはきましたが、頻度が上がったのは2017年夏ごろからです。

【参考記事】
1通貨取引対応のFX会社でスプレッド縮小! 南アランド/円100万通貨まで0.99銭固定に!

 上の【参考記事】が公開されたのは2017年8月ですが、SBI FXトレードが、南アフリカランド/円のスプレッドを0.99銭原則固定に縮小した話題を伝えています。

 ちなみにこの時点では、ヒロセ通商[LION FX]JFX[MATRIX TRADER]が1.0銭原則固定で並び、マネーパートナーズ[パートナーズFX]外為どっとコム[外貨ネクストネオ]が、スプレッド縮小キャンペーンで同じく1.0銭原則固定でした。

DMM.com証券[DMM FX]はこのときは1.3銭原則固定。しかもこれはキャンペーンのスプレッドで、基準スプレッドはもう少し広く、1.4銭原則固定でした。

SBI FXトレードの次に動いたのは楽天証券[楽天FX]です。上の【参考記事】の時点では1.2銭原則固定でしたが、2018年3月1日(木)~3月31日(土)までの期間限定で、業界最狭水準の1.0銭原則固定となるキャンペーンを実施しました。

【参考記事】
南アランド/円、通常のほぼ4分の1の1.0銭! 計3通貨ペアのスプレッドを期間限定で縮小!

楽天証券[楽天FX]は期間限定だったとはいえ、何となく各社が1.0銭原則固定付近に照準を合わせてきている雰囲気が漂ってきましたね。

■ネオ系2社の本格参戦で1.0銭原則固定が新基準に

 その楽天証券[楽天FX]ですが、キャンペーンでの1.0銭原則固定から3カ月後の2018年6月4日(月)には、南アフリカランド/円のスプレッドを正式に1.0銭原則固定で恒常化しました。

【参考記事】
楽天FXが3通貨ペアのスプレッド大幅縮小! 南アフリカランド/円は1.0銭原則固定に!

 そして、その翌日の2018年6月5日(火)、今度はGMOクリック証券[FXネオ]が、南アフリカランド/円のスプレッドを1.3銭原則固定から1.0銭原則固定へと縮小したのです。

【参考記事】
南アランド/円スプレッド1.0銭原則固定に! 最大3万3000円もらえるキャンペーンも魅力

 ここに6月11日(月)からDMM.com証券[DMM FX]]が1.0銭原則固定で並ぶことで、一気に1.0銭原則固定のFX会社が増えたわけです。最新のスプレッドを確認しておきましょう。

主要FX会社の「南アフリカランド/円」スプレッド比較(2018年7月2日現在)
FX会社
[サービス名]
南アフリカランド/円
スプレッド
SBI FXトレード 0.99銭原則固定
(100万通貨まで)
GMOクリック証券
[FXネオ]
1.0銭原則固定
ヒロセ通商
[LION FX]
1.0銭原則固定
DMM.com証券
[DMM FX]
1.0銭原則固定
JFX
[MATRIX TRADER]
1.0銭原則固定
外為ジャパンFX 1.0銭原則固定
楽天証券
[楽天FX]
1.0銭原則固定
マネックス証券
[マネックスFX]
1.0銭原則固定
(1万通貨まで)
外為どっとコム
[外貨ネクストネオ]
1.0銭原則固定
マネーパートナーズ
[パートナーズFX]
1.0銭原則固定
※7/31(火)までのキャンペーン
YJFX!
[外貨ex]
1.3銭原則固定
岡三オンライン証券
[岡三アクティブFX]
1.4銭原則固定
インヴァスト証券
[トライオートFX]
1.8銭原則固定
マネーパートナーズ
[パートナーズFX nano]
1.9銭原則固定

※スプレッドが原則固定制のFX会社のみ掲載。24時間、上表のスプレッドが適用されるFX会社と、日本時間の8時~28時など主要な時間帯のみ上表のスプレッドが適用されるFX会社がある。スプレッドはすべて例外あり。

 1.0銭原則固定というスプレッドをきれいにそろって主要FX会社が採用しています。なお、DMM.com証券[DMM FX]のスプレッド縮小に合わせて、同じDMM.com証券が提供している外為ジャパンFXのスプレッドも同じ1.0銭原則固定になりました。

【参考記事】
同じ会社の別口座、DMM FXと外為ジャパンFX。その違う点、同じ点、おトクな点とは?

DMM.com証券[DMM FX]で南アフリカランド/円のスプレッドが1.0銭原則固定に縮小されたのは6月11日(月)ですから、楽天証券[楽天FX]のちょうど1週間後、GMOクリック証券[FXネオ]の6日後。ということで、各FX会社同士が意識し合っているように見えますね。

GMOクリック証券[FXネオ]DMM.com証券[DMM FX]の2社といえば、ネオ系FX会社の双璧として、口座数、取引高、キャンペーンのキャッシュバック額など、これまでライバル意識を前面に出してきた関係です。

【参考記事】
DMM縮小の翌日にGMOも縮小! 因縁のスプレッド競争再燃でNZドル/円は混戦!
2か月でGMOのキャッシュバック7000円増! ライバルDMMの動きからも目が離せない?
GMOとDMM、本命2社がスプレッド競争参戦!キャッシュバック金額も3万円レベルで拮抗
GMOクリック証券が1回取引で5000円に増額!DMM FXとのキャッシュバック対決の行方は?

 2012年ごろ、米ドル/円スプレッドの業界最狭水準が0.3銭あたりに落ち着いたのも、GMOクリック証券DMM.com証券のスプレッド競争が要因でした。

【参考記事】
GMOクリック証券、DMM.com証券が揃ってドル/円スプレッド0.3銭原則固定に縮小!

 南アフリカランド/円のスプレッドが1.0銭付近というのは、これまでの感覚だとかなり狭いという印象でしたが、GMOクリック証券DMM.com証券が1.0銭原則固定で並んだことで、米ドル/円の0.3銭原則固定のように今後は1.0銭原則固定が南アフリカランド/円の基準になってきそうです

■2017年初めから見れば、下落一辺倒というわけではない

 続いて、南アフリカランド/円の値動きについて見ていきます。

 本記事の前半でも紹介したように、ザイスポFX!で南アフリカランド/円の記事が増えてきたのは2017年夏ごろからです。南アフリカの通貨が注目されるのは、この1年の南アフリカの情勢とも無関係ではありません。

 まずは、2017年初めからの1年半ほどの値動きと、大きな値動きがあったときの出来事をざっくり見てみましょう。

南アフリカランド/円 週足
南アフリカランド/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:南アフリカランド/円 週足

 高金利通貨は、トルコリラ/円やメキシコペソ/円などの動きを見ると、どうしても下落の印象が強いのですが、こうして見ると南アフリカランド/円は、乱高下はありつつも下落一辺倒という印象ではありませんね。

 2017年初頭の南アフリカランド/円は、資源価格の底打ちなどで上昇傾向にありましたが、チャートにあるように、2017年3月末に当時のズマ大統領が、財政引き締めで健全化を図ろうとするゴーダン財務相を解任したことで、投資家が南アフリカランド売りに走り、南アフリカランド/円も暴落しました。

 さらに2017年11月には、米格付け会社のS&Pが南アフリカの自国通貨建ての長期債務格付けを投機的水準に格下げしたことなどでまたまた下落。

 ここで持ち直すきっかけになったのが、与党新党首に就任した改革派のラマポーザ氏の登場です。

【参考記事】
改革派の新党首誕生! 期待感で上昇する南アランド/円を取引するならどのFX会社?

放漫財政で悪評の高かったズマ体制からラマポーザ体制への移行への期待感から、2017年末から2018年頭にかけて南アフリカランド/円が大きく持ち直しているのが、先ほどのチャートからもわかります。

■無策のままでいたために米利上げの影響をモロに被った?

 ただ、その後はまたじりじりと下落し、2月にラマポーザ氏が大統領に就任したときは再び上昇気配を見せたものの結局は下げ基調、特に6月に入ってからは下落に拍車がかかっています

南アフリカランド/円 日足
南アフリカランド/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:南アフリカランド/円 日足

 新興国通貨を巡っては、米国の利上げの影響で下落傾向が顕著に出ていますよね。トルコなどは中央銀行が対抗措置として何度も利上げを実施したおかげでトルコリラ下落にブレーキがかかっています。

 その点、南アフリカは利上げなど目立った対策は取っておらず、6月に入って下落傾向が強くなったのは、無策のままでいたために、米国の今年2回目の利上げの影響が大きく出てしまったということなのかも……。

米国の利上げは、年内にあと2回実施されると予想されているので、普通に考えると南アフリカランドの下落傾向は続きそうですが、ラマポーザ大統領、あるいは南アフリカの中央銀行が何らかの手を打つのかどうかにも注目です。

 南アフリカランドはスプレッド縮小と並んで、最近はスワップ金利(スワップポイント)も上がる傾向があるので、「レートが下がった今こそ買いのチャンス!」と考える人にとっては、買いやすくなっていると言えそうです。

 南アフリカランド/円のスワップ金利については、また、別の記事でお伝えしようと思います。

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、DMM.com証券のウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>DMM.com証券[DMM FX]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

(山口学)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2065人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 81581人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の取引で3000円がもらえる!

link

投資の神様・バフェットを完全コピー

IG証券

ストラテジスト直伝!「コア・サテライト戦略」とは?

Pick Up

ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

トルコ利上げなどをきっかけに、ようやく112円台まで上昇した米ドル/円。9月17日(月)~9月21日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

111円を挟んだ小動きとなっている米ドル/円。そろそろ動きはあるのでしょうか?9月10日(月)~9月14日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

なんとか111円台をキープして週末を迎えた米ドル/円。米国の対中関税第3弾発動などが予定されている9月3日(月)~9月7日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-518.00714620.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+23.30006415.4000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-0.90005477.3000

XBTEUR
Powered by kraken

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS


相場を見通す 超強力FXコラム





 
09月17日更新







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!





ザイFX!のMT4専門サイト

ザイFX!メルマガ


今月の経済指標 予想&結果





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門