FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

最安手数料で大手ネット証券に殴り込み!
サクソバンク証券が海外株式取扱い開始

2018年11月01日(木)東京時間 12:00

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

■サクソバンク証券が海外株式の取扱い開始

サクソバンク証券といえば、FXやCFDでの取扱い銘柄数がメチャクチャ多いことで有名。

【参考記事】
ポンド/メキシコペソのスワップ200円以上! サクソバンク証券の158通貨ペアを完全分類

 そして、週明け月曜日の午前3時~4時からFXができることも特徴のひとつとなっている。

【参考記事】
月曜日の窓埋めトレードを狙ってひと儲け! 午前3時からトレードすればニ度オイシイ…!?

 そのサクソバンク証券では、2018年9月より海外株式の取扱いを開始した。

サクソバンク証券で海外株式取扱い開始

 たとえば、海外株式はどこの証券会社でも扱っているわけではない。

 米国株を取扱う大手ネット証券は、SBI証券、楽天証券マネックス証券のみ。松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券では取り扱っていないのだ。そういった中、大手ネット証券とはかなり異質の雰囲気を持つサクソバンク証券が海外株式で殴りこみをかけてきたのはオドロキだ。

 しかも……海外株式の売買手数料はそれら大手ネット証券と比べて、サクソバンク証券が最安というからスゴい!

■サクソバンク証券の米国株の売買手数料は最安!

サクソバンク証券の海外株式では米国株、欧州株、中国株を取り扱っているが、まずは米国株についてサクソバンク証券の売買手数料や取扱い銘柄数をチェックしてみよう。

サクソバンク証券の海外株式で取扱う米国株の銘柄数や売買手数料を他のネット証券と比較
サクソバンク証券の海外株式で米国株を取引した際の売買手数料や取扱い銘柄数比較

 こちらの表は、米国の個別株やETFを取引した際にかかる売買手数料などを、ネット証券大手と比較したものだが、マネックス証券、SBI証券は1注文あたり約定代金の0.45%となっているのに対し、サクソバンク証券0.20%と低く設定されている

 そして、最低手数料は5ドルで4社横並びだが、売買手数料の上限はサクソバンク証券だけが15ドルで、他3社の20ドルよりも低い。

 このようにサクソバンク証券は、割安な手数料を武器にしているネット証券を上回る手数料をぶち上げて参入してきたというわけだ。

■米国株の取扱い銘柄数は6000以上!

 次に米国株について、どのくらいの銘柄数があるのか見てみると、米国の個別株やETFなどを合計した取扱い銘柄数は、マネックス証券が約3300銘柄、楽天証券が約1400銘柄、SBI証券が約1350銘柄なのに対し、サクソバンク証券は6000銘柄以上とダントツだ。

 以下の表は、サクソバンク証券の公式サイトにある銘柄検索ツールを使って、米国の取引所ごとの取扱い銘柄数をザックリまとめたものだ。

サクソバンク証券が海外株式で取扱う米国株の取引所ごとの銘柄数
取引所 対象銘柄数
ニューヨーク証券取引所 2229銘柄
ナスダック(NM) 1946銘柄
NYSEアーカ取引所 971銘柄
ナスダック(SC) 504銘柄
NYSE American 215銘柄
バッツグローバルマーケッツ  78銘柄

※ナスダックには(NM)と(SC)2つの市場がある。(NM)はナショナルマーケットの略で、比較的規模の大きい企業の銘柄を取扱っている。(SC)はスモールキャップの略で、こちらでは規模の小さい企業の銘柄を取扱っている。

 こちらをご覧いただくと、もっとも多いのがNYSE(ニューヨーク証券取引所)2229銘柄で、続いてナスダック(NM)の1946銘柄、NYSEアーカ取引所の971銘柄などとなっている。

 ニューヨーク証券取引所に上場されている銘柄を見てみると、コカ・コーラやマクドナルド、ウォルトディズニー、アメリカン・エクスプレスというように、世界的な企業がズラリと並んでいる。

 そしてナスダック(NM)はハイテク株の中心市場。誰でも知っているIT系の企業が多数上場している。

 たとえば、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル(上場されているのは持株会社のアルファベット)は、ハイテク株の中でも有名な銘柄で、頭文字をとって「FANG(ファング)」と呼ばれている。

 また、ナスダックに上場している超有名ハイテク株にはアップルがある。上述のFANGにアップルの頭文字「A」を加えて、「FAANG(ファング)」という括りで注目されることも多い。「FAANG」の中では、アップルとアマゾン・ドット・コムの時価総額が1兆ドルを超えた(※)ことが少し前に話題になった。

(※アマゾン・ドット・コム株はその後、反落し、本記事公開時点での時価総額は1兆ドルを割り込んでいる)

【参考記事】
Facebookに続きAmazonも…! 米ハイテク株反落とトランプ政権の通商政策で円高継続(3月29日、西原宏一)

サクソバンク証券の海外株式では、こうした世界的に有名な銘柄を業界最安の売買手数料で取引することができるというわけだ。

■大手ネット証券も取り扱っていない欧州株が取引できる!

 先ほども述べたとおり、サクソバンク証券の海外株式では、米国株のほかに欧州株と中国株も取り扱っている。

 記者が調べたところ、欧州株は、野村證券、大和証券、SMBC日興証券のような総合証券会社では取り扱っているところもあるがネット取引はできないし、SBI証券や楽天証券といった大手ネット証券では取り扱っていない。つまり、サクソバンク証券で欧州株が取引できるようになったのはかなりレアなことなのだ。

サクソバンク証券の海外株式で欧州株を取引する際にかかる手数料は以下のとおり。

サクソバンク証券の海外株式で欧州株を取引する際の売買手数料
サクソバンク証券の海外株式で欧州株を取引する際の売買手数料

 これを見てみると、ロンドン証券取引所に上場している銘柄の売買手数料は1注文あたり約定金額の0.10%で最低手数料が8ポンド、ユーロネクスト・パリとドイツ証券取引所の銘柄が0.10%で12ユーロとなっている。欧州株には、上限手数料は設定されていない。

 気づいた人がいるかもしれないが、実は、サクソバンク証券の海外株式における欧州株の売買手数料は……米国株の売買手数料よりも安いのだ。これもサクソバンク証券の親会社が、欧州が本拠地の金融機関、サクソバンク(SAXO BANK A/S)だからということもあるのだろうか。いずれにせ、この安い手数料で欧州株が取引できることは画期的だ。

 次に、サクソバンク証券の海外株式で取扱われている欧州株の銘柄数を見てみよう。以下は、取引所別の銘柄数をまとめたものだ。

サクソバンク証券が海外株式で取扱う欧州株の取引所ごとの銘柄数
取引所 対象銘柄数
ロンドン証券取引所 1014銘柄
ユーロネクスト・パリ 800銘柄
フランクフルト証券取引所 615銘柄

 こちらをご覧いただくと、ロンドン証券取引所は1014銘柄、ユーロネクスト・パリは800銘柄、フランクフルト証券取引所は615銘柄というように、英国、フランス、ドイツの代表的な取引所に上場されている銘柄を取引することができる

 代表的な個別銘柄をいくつか紹介すると、ロンドン証券取引所では、携帯電話大手のボーダフォン・グループ、製薬大手のシャイアーなどがある。シャイアーというと、今年(2018年)4月に武田薬品工業が買収すると発表したことでマーケットでも話題になった会社だ。

【参考記事】
武田薬品の英シャイアー7兆円大型買収の行方に注目! 巨額の英ポンド買いの噂も?(4月26日、西原宏一)

 そして、ユーロネクスト・パリには、ミシュランガイドでもおなじみ、タイヤメーカーのミシュラン、自動車メーカーのルノー、食品メーカーのダノン、フランクフルト証券取引所には、自動車メーカーのダイムラーやBMW、スポーツ用品メーカーのプーマやアディダスなどが上場している。

 先ほども紹介したとおり、欧州株は総合証券会社では取扱っているところもあるが、ネット取引には対応していないので、手数料がかさみコスト高になってしまう…。

 たとえば、大和証券で欧州株を取引したとき、約定代金が100万円以下だった場合、約定代金の0.972%が「国内取次手数料」となり、さらに「現地委託手数料」や「諸経費」が上乗せされて徴収される。

 その点、サクソバンク証券ならネット取引可能で売買手数料もかなり安いので、欧州株を保有したい人にはおすすめだ。

  次に、サクソバンク証券が取扱う中国株についても…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2202人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 83015人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高6年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
YJFX![外貨ex]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.47113.17

USDJPY

ユーロ/円-0.55127.95

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00011.1306

EURUSD

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

米中間選挙後、一時114円台まで上昇した米ドル/円。このまま上昇を続けるのでしょうか? 11日12(月)~11月16日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

株の下落も落ち着き、113円台を回復した米ドル/円。米中間選挙やFOMCなどイベント盛りだくさんの11月5日(月)~11月9日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

株式相場の軟調の割には下落幅の小さい米ドル/円。一時111.5円を割り込みましたが、10月29日(月)~11月2日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
11月12日更新







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果








サクッとわかるFX入門