FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載

第1章 FXをはじめるには

FXで利益を上げるしくみは? 買うだけ
じゃない!? 下がると思ったら売ればOK!

ストラテジー数世界1位 人気の自動売買は…

■FXで最初にやることは、ポジションを建てること

FXで利益を上げるしくみは?

 FXに限らず、投資で収益を得るために、まず必要なのは「ポジション」を建てることです。ポジションとは、新規の取引で建てた持ち高のことです。そのポジションを反対売買によって決済することで、取引の損益が確定します。

 この先、米ドル/円が上がりそう…、つまり、米ドル高・円安になると思って、1米ドル=100円で米ドル/円を買った(米ドル買い・円売り)とします。100円で米ドル/円の買いポジションを持ったということです。最終的にこのポジションを、どこかの時点で売り決済して、取引を完結させなければいけません。

【参考記事】
よく聞く「円高」と「円安」って言葉。米ドル/円が上昇したらいったいどっち?

 米ドル/円が思ったとおりに上がって、1米ドル=110円になった時点で、100円で建てた米ドル/円の買いポジションを売り決済しました。

 ポジションがなくなり、取引が完結します。買ったレート100円と、売ったレート110円の差である10円が、取引で得た利益の幅となります(ここでは、取引手数料などのコストは考慮しません)

取引のイメージ

 この10円は、1米ドルあたりの利益です。FXでは、1回の取引で建てるポジションの量は、1000通貨や1万通貨単位が主流になります。

1万通貨で取引していたら、10万円の利益になったということです。

損益の計算方法

1000通貨で取引していたら、1万円の利益です。

■思った方向と反対に動けば損失が発生することに…

 取引がうまくいけば良いのですが、為替レートが自分の思った方向と反対に動いてしまえば、損失が発生します。米ドル/円が上がると思って、1米ドル=100円で買いポジションを建てたあと、90円まで下がってしまって、その時点でポジションを決済した場合はどうでしょう…?

 100円で買って90円で売ったわけですから、1米ドルあたり10円の損失が確定します。1万通貨で取引していたら、10万円の損失になります。

取引のイメージ

 つまり、為替レートが上がると思って買いのポジションを建てた場合、思ったとおりに上がれば利益、下がってしまったら損失が発生します。これが、為替レートの変動分を差金決済でやり取りするFXの基本です。

■下がると思えば売ればいい!

 ということは、為替レートが上昇しそうだと思ったときに、新規で買いのポジションを建てて、売りで決済する取引を繰り返せばいいのでしょうか?

 実はそれだけではありません。為替レートが下がると思ったら、新規で売りのポジションを建てることも可能なのです。つまり、売りから取引をはじめることができるということ。

 買っていないのに売るってどういうこと? と思うかもしれません。米ドル/円を売るということは、米ドルを売って円を買う(米ドルを円に換える)ことを意味します。外貨両替や外貨預金であれば、米ドルを持っていることが前提で、持っている米ドルを円へ換えることになります。

 でも、FXはあくまで、取引で発生した為替レートの変動分を利益や損失として、差金決済でやり取りしているだけです。米ドルを持っていなくても、米ドル/円が下がると思ったら売りのポジションを建てて、下がったところで買い決済すれば、建てた値段と決済した値段の差を利益として受け取れるのです。

【参考記事】
FXってなに? 取引高が世界シェア5割を占める日本のFXはこうやって誕生した!

 米ドル/円が下がると思って、1米ドル=100円で売りポジションを建てて、思ったとおりに90円まで下がったところで決済すれば、10円分の利益を得ることができます。1万通貨で取引していたら、10万円の利益です。

取引のイメージ

 反対に、米ドル/円が110円まで上昇してしまい、その時点でポジションを決済すると、10万円の損失が発生します。

取引のイメージ

■外貨同士の通貨ペアも日本円で取引できる

 つまり、為替レートが上がると思えば買い、下がると思えば売りのポジションを建てれば良いのです。これがFXの大きな特徴で、魅力の1つです。

 ここでは米ドル/円で取引のしくみをご紹介しましたが、他の通貨ペアでもやり方はまったくいっしょです。損益の計算方法も、米ドル以外の通貨と円との通貨ペアであるクロス円なら、米ドル/円と変わりません。

 外貨同士の通貨ペアでは、計算方法が少し異なります。取引で生じた為替レートの差額分を、日本円に換算する必要があるからです。ただし、損益を差金決済でやり取りするだけなので、取引はすべて、日本円で行うことができます

 1回の取引で建てることができるポジションの量は、FX会社によって異なります。主流は1万通貨や1000通貨単位ですが、中にはもっと、小さいポジション量で取引できるFX会社もあります。

【参考記事】
まずは小さいポジションでやってみよう! 主流は1000通貨。1通貨取引もできる!?
初心者がFX会社を選ぶときにもっとも大切にしたい3つのポイントってなに?

 最初のうちは無理なく取引したいという方は、小さいポジションで取引できるFX会社を選ぶことも、検討してみてください。

FX初心者のための基礎知識入門目次

第1章 FXをはじめるには
第2章 FXの基礎知識を身に付ける
第3章 FXをはじめよう
第4章 チャートの見方
人気FX会社TOP10ランキングの詳細はこちらから!ランキング一覧を見る
FX初心者のための基礎知識入門トップにもどる
ザイ オンライン