FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

サイクル論は、ドル/円の底打ちを示唆!
円キャリートレード復活で101円台もある!?

2009年12月04日(金)東京時間 18:04
 足元の為替市場は、ひと頃に比べると落ち着きを見せている。

 執筆時点では、ドルインデックスは引き続き安値圏で推移しているものの、11月25日につけた74.17の安値を下回ってはいない。また、ユーロ/米ドルも、同日の高値である1.5144ドルを超えていない。

■リスク選好度の低下で、米ドル買いは当面続く

前回のコラムでも指摘したように、テクニカルの要素から米ドル全体を見れば、基本的には、このあたりでリバウンドが始まってもおかしくない時期であると言える「今回の急落はセリング・クライマックス。米ドルは底打ち完了で、リバウンドへ!」を参照)

 日本時間で今夜発表となる、米国の雇用統計が材料として利用される可能性に注目したい。

 もっとも、雇用統計の結果次第で、短期スパンにおけるマーケットの反応は違ってくるだろう。

 だが、筆者の見通しが正しければ、すなわち、市場の内部構造が米ドル全体の反発をすでに決定していれば、雇用統計の結果の好悪とは関係なく、いずれにしても、米ドル買いの材料として解釈されるだろう

 とはいえ、基本的に、米国の雇用状況の悪化は、米ドルにはプラスに作用するとみる。

■リスク回避の米ドル高が、米国株安につながる

リスク選好度の低下が米ドルを押し上げるといった構図は、当面続くだろう。この意味では、最近は、米国株の動向もかなり気になっている。

 一時的とは言え、急浮上したドバイ問題が緩和したことで、ニューヨーク市場のダウ指数は、ザラバ(取引時間中)ベースで、12月1日(火)、2日(水)と、2日続けての年初来高値更新となった。

 だが、12月3日(木)の取引では続伸できず、反落に転じた。ここから、目先、市場関係者の慎重さがうかがえる。

 ドバイ問題がこれからどうなるかは不透明だが、その一方、米国株の過熱感は相当なもので、基本的には、米ドル高になれば、初期段階においては米国株安とリンクすることになるだろう

■米ドル安が一服! その根本にあるものは?

 それでは、最近急騰していた円の値動きはどうなるか?

前回のコラムで、米ドル/円の85円割れへの急落も、ドルインデックスと同様に、セリング・クライマックスに位置づけられると述べた「今回の急落はセリング・クライマックス。米ドルは底打ち完了で、リバウンドへ!」を参照)

 足元の相場を見ると、そのとおりの値動きになっていて、米ドル/円は急反発している。
米ドル/円 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円は、11月26日につけた年初来安値の84円82銭から、12月3日の海外時間には88円48銭までの急反発を見せており、底割れのリスクは後退している

 その背景には、日銀の新たな量的緩和策や、日本の当局による市場介入への警戒感があるだろう。それらが、円買いポジションの手仕舞いにつながったという側面は否定できない。

 だが、根本にあるのは、米ドル/円の値動きのサイクルが、米ドル安を一服させているのだと思う

■月足で見ると、このあたりで相場が変わる?

 サイクル論の解釈は、なかなか奥が深い。

 これは体系的に、広域かつ複雑な要素が絡むことも多いので、詳しい説明をここでは省く。

 シンプルに言えば、相場は固定した周期で高値と安値を形成していて、そうであれば、その周期は一定の期間内で繰り返されやすいという考え方だ。要するに、相場にはリズムがあるということである。

 実際、米ドル/円の月足チャートを観察すると、史上最安値をつけた1995年から、ほぼ5年のサイクルで動いていると見て取れる。
米ドル/円 月足(クリックで拡大)

 上の米ドル/円の月足チャートを見ると、1995年の安値から1999年の安値まで、56カ月の周期を要していることがわかる。そして、1999年の安値から2005年の安値までは63カ月を要している。

 この2つを平均すれば、おおむね59~60カ月のサイクルとなるが、なんと、2005年安値から先週の安値までが、ちょうど59カ月目を数えるのだ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75839人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で6000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いま当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で5000円キャッシュバック!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクター深田恭子さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

link

ザイFX!経由の申込みで特別に4,000円!

DMM.com証券[DMM FX]

当サイト期間限定キャンペーン実施中!口座開設と初回取引で現金4000円がもらえる!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.16113.38

USDJPY

ユーロ/円-0.01133.29

EURJPY

英ポンド/円-0.10151.08

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
12月13日更新




 
12月11日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門