FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

クロス円暴落中!
さらに下に抜ける可能性あり!!

2008年09月05日(金)東京時間 11:44
 このところの外国為替市場の値動きで、ユーロ/円(EUR/JPY)の下落が進んだ(進んでいる=現在進行形)。
ユーロ/円 1時間足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 1時間足

前回(9月3日水曜日)のコメントで、以下のように述べた。

「ユーロ/ドル(EUR/USD)が大きく下落した影響で、ユーロ/円(EUR/JPY)も大きく下落している」

 「ユーロ/円(EUR/JPY)のロング・ポジション(ユーロ/円の買い持ち)は、早く損切りを敢行したほうがよい、と考える」

 「それは、リバウンドがない、と言っているのではなく、切りそびれた場合には、さらに下落すると、切れなくなるからです。

 切りそびれた場合は、すぐに損切りを敢行することも、戦術のひとつです。

 リバウンドを待ちたい気持ちは、理解しますが、『下落する相場の場合は、売るチャンスは、基本的には、一度だけ』であることも理解してほしい、と考えます」


「1.46を割り込んだユーロ/ドルはさらに下落の可能性あり! ユーロ/円もさらに下がる!」参照)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■クロス円に関する読者とのやりとり

 昨日(9月4日木曜日)の東京時間朝方(東京時間7:34)に、読者の方からメールをいただいた(このやりとりは、私のブログに掲載していますので、ぜひ、一度ご覧になってください)。

 いただいたメールの内容は、以下のとおり。

 ”リバウンドを待ちたい気持ちは、理解しますが、『下落する相場の場合は、売るチャンスは、基本的には、一度だけ』です。”とありますが、クロス円はすでにかなり下落しており、売りのタイミングは過ぎたと理解すべきなのでしょうか?

 もちろん買いのタイミングではないので、いまは様子見ということなのでしょうか?
 アドバイスいただければ、助かります。よろしくお願い致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日(9月4日東京市場昼過ぎ)、その頂いたメールに、以下のようにお返事した。

 歯に衣着せず、ストレートに、今、自分の考えていることをお伝えするのならば、クロス円は、まだまだ、もっと落ちる、と考えています。

 現時点(9月4日東京時間12:30)での、ユーロ/円(EUR/JPY)の下値のめどは、『まず第一段階で、』[149円~153円]です。

 現在のユーロ/円(EUR/JPY)は、156円程度ですから、目先、まだ下落すると考えます。

 今の時点では、下値のターゲット(めど)は、[149円~153円]です。

 それで、充分な答えだと考えますが、さらに、正直に、自分の考えていることをお伝えするのならば、私は、この下値のターゲット(めど)である、[149円~153円]を下に抜けるのではないか、と考えています。

 それで、上述で、『まず第一段階で、』と記述しました。

 すると、万一、そうなれば、現状のスピード程度で、ユーロ/円(EUR/JPY)は、130円台に急落していくことになります(なるでしょう)。

 こういったことは、現時点でも、きちんとお話しできるのですが、あまりセンセーショナルなことを文章にすると、多くの方々が、びっくりしてしまいます。

 また、誤解したり、余計なことが起こります。それで、多少、穏便に記述しています。

 私は、預言者ではないし、テクニカル分析(チャート分析)をすると、その可能性がある、と指摘しているだけなのですが、なかなか、その真意を読み取らずに、わざと曲解する人もいるので、困ります。

 私の考えが、すべてではないし、私の考えが正しいとは限らない、それを大前提に、一つの考え方として、ご理解ください。

 しかし、上記は、現時点で、私が考えていることを、正直に記述しています。

 蛇足ながら、付記しておきます。

 現時点では、第一段階が理解できれば充分であり、『[149円~153円]を下に抜けるのではないか?』ということは、その水準が来たときに、考えれば良いことでもあります。

 ユーロ/円は、クロス円の代表ですから、上記は、チャートポイントを、変換すれば、すべてのクロス円取引に、当てはまります。

 取り急ぎ、
 松田哲、拝

 追伸:今回のこのメールのやり取りを、メルマガに引用いたします。プライバシーに配慮いたしますので、ご了解ください。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■早くも第一段階の下値ターゲットへ到達。ユーロ/円はまだ下がる!

 そして、その下落スピードには、びっくりなのだが、あっという間に(私にしてみれば、わずか1日、2日で)、『第一段階で想定していた下値のターゲット(めど)[149円~153円]』に突入してしまった。

 「その水準が来た時」なので、考えねばならない。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75887人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ザイFX!投資戦略メルマガ

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円+134000.001975000.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+978.900017355.0000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+388.500014050.0000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
12月14日更新

 
12月11日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門