為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

第10回 VWAPを見抜け!
機関投資家の裏を読むトレード法とは?

2009年02月24日(火)東京時間 12:06

※この記事は2009年に公開された記事であり、内容に一部古い情報を含みます

【各社CFD取引の最新スペックはこちらでチェック!】

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

「第9回 原油価格が上がった時、下がった時のトレード戦略」からつづく)

——ところで、最近の米国株式市場について、注目しておいた方がいい点、気をつけた方がいい点は何かありますか?

■今の米国株式市場は「板」が薄い

 今の米国株式市場ではある種の「過疎化」が進んでいるんです。「板」が薄いんですよ。これが大きな特徴であり、注目点です。

——「板」というのは、買い注文と売り注文が今、どれだけ出されているかという情報ですね。日本でも株のデイトレをやる人にはおなじみです。

 なぜ、「板」が薄くなっているかというと、ヘッジファンドや投資銀行があまり相場を張らなくなっているからです。

■高いレバレッジをかけられなくなったヘッジファンド

 今、ヘッジファンドは解約の嵐ですから、ポジションの整理をどんどん進めています。以下の図のとおり、ヘッジファンドは以前のように高いレバレッジをかけることができなくなっているのです。
 ヘッジファンドの中には高等数学を駆使して、自らマーケット・メーカーのように振る舞い、売り買いに流動性を提供することでサヤを抜くものがありました。しかし、その手の戦略は信用収縮が進む中で段々すたれてきています。

■投資銀行も自らリスクをとらなくなった

 また、投資銀行もバランスシートを圧縮する必要に迫られています。1日平均して投資銀行が許容できる損のことをバリュー・アット・リスク(VaR)というのですが、このところ、このVaRが各社ともずいぶん下がりました。

 以下のグラフはメリルリンチとゴールドマン・サックスについて、8月末で終わる四半期のVaRを比較したものです。両社ともかなり下がっているのがわかるでしょう?

 これが示すのは投資銀行が自らリスクをとって、機関投資家の注文に買い向かったり、売り向かったりすることで市場に流動性を提供することをしなくなってきているということです。

■「ねずみ講」事件が及ぼす波紋

 さらに、少し前に元ナスダック会長でマドフ証券の会長であるバーナード・マドフが「ねずみ講」事件で逮捕されたことも問題です。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 65335人

ザイFX!のtwitterをフォローする
広瀬隆雄のウワサのCFD徹底講座
広瀬隆雄 (ひろせ・たかお)

慶応大学法学部卒業。三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、CFD取引の対象となる海外の原資産に精通している。米国カリフォルニア州在住。

執筆者のサイト
「Market Hack」(外国株ひろば Version 2.0)

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!/ザイ・オンライン関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-1.19113.36

USDJPY

ユーロ/円-0.71121.81

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00501.0745

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
01月16日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門