為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

阻まれ続けた米ドル/円の91.80円割れ。
夏休み相場が終わった今回はどうなる?

2009年09月09日(水)東京時間 16:54
■戦い方が難しい、米ドル/円の「大きなボックス相場」

 まず、米ドル/円の日足チャートをご覧いただきたい。
米ドル/円 日足(クリックで拡大)

 米ドル/円は2009年2月以降、現在に至るまで、上限は101.50円レベル、下限は91.80円レベルの「ボックス相場」を形成している。チャートでは、緑の破線(太線)で「ボックス」の上限と下限を表示した。

 そして、大きく上下動を繰り返しているが、中長期で見れば「大きなボックス相場」ととらえることができる。その値幅は約10円。

「ボックス相場」における戦い方の原則は、上限のインサイド(内側)で「売り」、下限のインサイド(内側)で「買い」となり、上限・下限を突き破った時点で、損切り(ストップ・ロス)となる

 しかし、足元で見られる「大きなボックス相場」の場合、実際の取引においては、前述の「戦い方の原則」の使い方が難しい。

 「小さなボックス相場」の場合は、上限・下限を突き破った時点で損切り(ストップ・ロス)という戦術はよい目安となるが、「大きなボックス相場」では、値幅が大きいため、適当な目安にはならないのだ。

■ストップ・ロスが遠いとリスク&リターンは非効率的

 もう少し、具体的に説明しよう。

 仮に、「ボックス相場」の上限のインサイド(内側)で「売り」を行ったとしよう。今回のケースならば、99~100円台でショートポジション(売り持ち)を持ったとする。

 この場合の損切り注文(ストップ・ロス・オーダー)は、101.50円、ないしは101.60-80円レベルに置けばよい。

 しかし、この相場がボックスの下限まで下落すると予想し、94~96円台あたりでショートポジション(売り持ち)を持った場合は、101.50円、ないしは101.60-80円レベルでは、損切り注文(ストップ・ロス・オーダー)としては遠すぎて、適当な目安とは言えない

 ポジションが大きくなく、値幅が大きくなっても構わないのであれば、ボックスの外側に損切り注文(ストップ・ロス・オーダー)を置くことは、投資行動として誤りではないと、個人的には考える。上記のケースでは、101.50円、ないしは101.60-80円レベルの損切り注文は、セオリーに従っていると言える。

 ただし、その場合のリスク&リターンは、当然に非効率的である。

■セオリーは使い方次第で、単純なものではない!

 逆のケースも考え得るが、それは読者のご賢察に任せたい。

 こういったセオリーも、臨機応変に使い分けないと、有効ではない。

うまくいかない場合、それはセオリーが間違っているのではなく、その使い方に問題があると認識したほうがよい

 このように説明すると、「セオリーの使い方が必要ならば、それでは、セオリーと呼べないのではないか?」といったご質問をいただくことがある。

 場合によっては、そのとおり。何にでも、単純に使えるような、便利な手法(テクニック)は存在しない。

 包丁で、紙を切ることはできる。カッターで、刺身を切ることもできるだろう。

 しかし、それぞれの刃物には、それぞれの用途がある。

どのような場合に、どのような道具を使うのか?

 それこそが「臨機応変」ということなのだ


■大きく上下動しているが、基本的には「下落トレンド」

 米ドル/円は、101円台の戻り高値をつけてからは、徐々に上値を切り下げて、緩やかに下落している。最初に示したチャートでは、レジスタンスラインとしてピンクの破線(太線)を引いた。

 これは、4月につけた高値の101円台と、8月の戻り高値である97円台後半を結んだもので、このレジスタンスラインと平行に、ピンクの破線(細線)も引いてみた。

 米ドル/円は2009年に入り、2~3月から現在に至るまで、大きく上下動を繰り返している印象だが、基本的な流れは「下落トレンド」と考えている。

 そして、7月上旬には91.80円レベルまで急落したが、「大量の米ドル買い/円売り」があって、97円台半ばまでのリバウンドを見せている。この「大量の米ドル買い/円売り」は、中国の外貨準備に関連するものと推測している「マーケットが薄くなる『夏休み相場』だが、今年は得体の知れない巨額資金に注意!」参照)

 しかし、ピンクの破線(太線)で示したレジスタンスラインを見てわかるように、上値は徐々に切り下げられている

 一方、2009年1月安値の87.00-10円レベルと、7月上旬につけた91.80円レベルを結んだラインが、このところのサポートラインと考えられる。チャートでは、青の破線(太線)で示した。

 ちなみに、この青の破線(太線)で示したサポートラインの以前には、別のサポートラインが2本あった。

 青の破線(細線)で示したラインがそうであるが、それらは順次、下にブレイクされて、その都度、新たなサポートラインを形成している。

■「売りシグナル」点灯で、91.80円割れを目指すか

 日本の衆院選明けの8月31日(月)のマーケットで、前述した2009年1月の安値87.00-10円レベルと、7月上旬につけた91.80円レベルを結んだライン、つまり、青の破線(太線)で示したサポートラインを下にブレイクした。

 その後は反発し、93円台ミドルまで上昇したが、サポートラインを下にブレイクしているため、8月31日時点で「売りシグナル」が発せられたと考えるのが妥当であろう

 米ドル/円は、ピンクの破線(太線)で示したレジスタンスラインと、青の破線(太線)で示したサポートラインによって、「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していた。

 この「三角保ち合い(ウェッジ)」は、かなり煮詰まっていて、近くどちらかに放れると考えていたが、8月31日(月)に、下にブレイクしたと考える「『三角保ち合い』を下抜けた米ドル/円、まずは91.80円、次は87.00円を目指すか?」参照)

 どちらかと言えば、下に抜けるだろうと予測していたため、個人的には、思惑どおりに推移している。

 下に抜けた場合、次のチャート・ポイントは、何度も繰り返し述べた91.80円レベルで、テクニカル(チャート)分析では、91.80円レベルをさらに下に抜けると、次のチャート・ポイント(サポート・ポイント)は87.00円レベルになる。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 67615人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](3月31日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](3月31日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)または、最大10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](4月2日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30110.96

USDJPY

豪ドル/円-0.6584.73

AUDJPY

NZドル/円-0.2678.09

NZDJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
03月20日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門