FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

円安か? 円高か?
新年相場は今週決まる

2009年01月13日(火)東京時間 14:29
 年末年始の円安から、先週は再び円高の動きになっています。では、当面の展開を考えた時、年末年始と先週で、正しいのはどちらでしょうか。その答えは、普通なら今週出ることになるのですが——。

■先週の指摘どおり、1月第1週と第2週は逆に動いた

 年末年始の円安・ドル高の動きは、先週95円手前で一巡し、改めて90円割れの円高・ドル安再燃となっています。
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 このように年末年始の動きが1月第2週で足踏み、さらに反転するということ自体は例年のパターンどおりです。

 先週のレポートでも書いたように、1月第2週は経験的にポジション調整が入り、クリスマス休暇明けの動きが仕切り直しになりやすいということがあります(「ドル/円は100円に戻るのだろうか?」参照)。

 その意味では、年末年始の円安から先週円高となったところまでは、経験則どおりと言えるわけですが、問題は、当面、たとえば1月の方向性を考えた場合、年末年始と1月第2週のどちらが正しいかということです。

 下表は、過去10年間の1月のドル/円について調べたものです。これを見ると、過去10年間で1月第1週と第2週のドル/円が同じ方向に動いたのは5回ありましたが、そのすべては1月を通じて同じ方向に動いていました。

 その意味では、年末年始の動きが、1月第2週でも大きく変わらなかった場合は、そのまま1月を通じて同じ方向に動く確率が高かったわけです。
■週末終値90円というマジックナンバー

 ただし、今年の場合は、1月第1週と第2週のドル/円が逆方向の動きになりました。

 同じようなケースは、過去10年間で5回ありましたが、その中で1月の月足と週足が一致したのは、第1週が2回、第2週が3回と分かれました。これだけでは、第1週と第2週のどちらが1月の方向性を反映しやすいのか、わかりません。

 そこで、さらに1月第3週のドル/円についても調べたところ、1月第1週と第2週のドル/円が逆方向に動いた場合では、第3週の方向性が1月の方向性とすべて一致していたことがわかりました(上表の×をつけた年)。

 以上を総合すると、新年相場の方向性が第2週までに決まらない場合でも、さすがに第3週までには決着する確率が高そうです。

 単純に経験則を当てはめると、今週90円程度でドル/円はスタートしているので、週末その水準よりドル高・円安か、ドル安・円高かによって1月の方向性が決まることになりそうです。

■同じ雇用統計悪化でも市場の動きが異なる理由は?

 ところで、先週円高再燃へ転換するきっかけになったのは、雇用統計など米景気指標悪化でした。特に週末発表された昨年12月米雇用統計では、非農業部門雇用者数(NFP)が前月に続き50万人超の減少となり、失業率も一気に7.2%まで急上昇しました。

 このように、米雇用統計が悪い結果だったから、株安・金利低下・ドル安となったのは、一見しごく当然の結果のような気がします。

 ただ、雇用の激減といったことでは、先月も同じでしたが、先月の場合は発表当日、株高・金利上昇・ドル高となりました。つまり先月と今月では、雇用統計発表後の金融市場の動きが正反対になったのですが、なぜでしょうか?
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75135人

ザイFX!のtwitterをフォローする
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで10万通貨以上の往復取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+松崎美子オリジナルレポート『FXの成功&しくじりレポート<第2版>』・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買による5000通貨以上の決済取引で)+オリジナル書籍『フルオートの始め方と運用のコツ』(シストレ24開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買による20万通貨以上の決済取引で。10万通貨以上の決済取引では5000円。)、または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による60万通貨以上の新規または決済取引で。30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(選べる外貨またはちょいトレFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)+2018年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](11月30日まで)
  • 最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による60万通貨以上の新規または決済取引で。30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全2回受講後、理解度テスト&アンケートに2回回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](12月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](終了日時未定)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.18112.45

USDJPY

ユーロ/円-0.30131.83

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00081.1724

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
11月20日更新

 
11月17日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門