FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

マーケットは
「都合の良い材料だけ」を取り上げる

2008年04月04日(金)東京時間 12:14

■4月1日(火):ドル買いに弾みがつき、ドルの全面高

 今週になっての期初、4月1日(火)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、99円台後半でオープン。「日銀短観」の発表もあったが、マーケット(外国為替市場)は、無視。「日銀短観」は材料にならず。

 期初の東京市場は、おおむね、99円台後半で推移した。
 この日の東京市場午後になって、スイスの大手銀行UBSが「サブプライム・ローン」関連で、大口の評価損を追加計上したニュースから、ユーロ/ドル(EUR/USD)で「ユーロ売りドル買い」となった。

 ユーロ/円(EUR/JPY)の売りの影響から、ドル/円(USD/JPY)は、一時、下落した。
 しかし、ユーロ/ドル(EUR/USD)での「ユーロ売りドル買い」は、通貨市場全般に、「ドル買い」を促した。

 4月1日(火)のドル/円(USD/JPY)の東京クローズ(東京時間17:00)は、[100.05-10]レベル。

 4月1日(火)のロンドン市場では、[100.20-30]レベル、[100.50-60]レベルにあったストップ・ロス(損切りのドル買い戻し)をつけて続伸(ドル上昇)した。

 4月1日(火)のニューヨーク市場は、「ドル買い」に弾みがつき、ドルの全面高となった。

 ドル/円(USD/JPY)は、101円台に乗せると、さらなるストップ・ロス(損切りのドル買い戻し)をつけて、急騰。一気に、[102.00]アラウンドに上昇。

 かねてから、懸念のウワサのあったリーマン・ブラザーズの資金調達や、UBSの資本増強が伝えられたことなどが、「ドル買い」の材料となった。

 この日に発表された「ISM製造業景況指数」が事前予想よりも良かったことも、「ドル買い」の材料とされた。
 ドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、101円台後半程度。
■4月2日(水):マーケットはバーナンキFRB議長の発言を無視した

 4月2日(水)のシドニー市場は、若干ドルが下落。そのため、4月2日(水)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、101円台ミドルでオープン。

 東京市場のドル/円(USD/JPY)は、101円台ミドルから、ドルじり高に推移。東京市場午前中は、101円台後半程度。東京市場午後になって、102円台にしっかりと乗せる。その後は、[102.00]を挟んで、高値圏での保ち合い。

 4月2日(水)のロンドン市場でも、[102.00]を挟んで、高値圏での保ち合いが続いた。

 4月2日(水)の朝方のニューヨーク市場で、ドル/円(USD/JPY)は、[102.50]を上に抜けた。

 [102.50]を上に抜けたあたりにあったストップ・ロス・オーダー(損切りのドル買い戻し注文)を遂行して、102円台後半に軽く跳ねた。高値は、[102.80-90]レベル。[103.00]にはタッチしていない。

 ニューヨーク市場の昼前後に高値をつけたドル/円(USD/JPY)は、ストップ・ロス(損切り)をつけ終えると、満足したように、午後のニューヨーク市場では、ダラダラと下落した。

 つまり、ストップ・ロス・ハンティング(損切りを狙った仕掛けの売買取引)をし終えて、「ひと仕事を終え、利益を確保できたので、気が済んで、マーケットに興味がなくなった」かのように、ドル/円(USD/JPY)は、午後のニューヨーク市場でダラダラと下落したのだ。

 高値の[102.80-90]レベルから、ニューヨーク・クローズの[102.30-40]レベルまで、ダラダラと下落した。

 4月2日(水)のニューヨーク市場では、バーナンキFRB議長の議会証言があった。
 バーナンキFRB議長の発言は、米国経済の現状が厳しいものであることを認識し、リセッション(景気後退)の可能性も示唆したが、リセッションを明言するのは時期尚早とした。

ベア・スターンズ証券に関しては、金融システムを保護するために、FRBは「支援」を行ったものとし、「救済」ではないと発言した。

 ※個人的には、「詭弁」にすぎない、と考える。


 さらに、ベア・スターンズ証券「救済」の融資は全額回収を見込むとし、米金融機関は情報を開示しているので、公的資金による救済の必要はない、と発言した。

4月2日のバーナンキFRB議長の発言は、基本的に、「ドル売り材料」だった、と判断する。

 しかし、マーケット(外国為替市場)は、「ストップ・ロス・ハンティング」に忙しく、バーナンキFRB議長の発言を無視した、と考えている。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75775人

ザイFX!のtwitterをフォローする
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定キャンペーン実施中!

YJFX![外貨ex]

取引でTポイントが貯まる。今ならザイFX!限定3000円がもらえるキャンペーン中!

link

当サイト限定で5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.12113.39

USDJPY

ユーロ/円+0.15133.71

EURJPY

英ポンド/円-0.70151.39

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
12月11日更新


 
12月11日更新









ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門