FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

ハイレバレッジの取引は危険ではない?
常識の再検証と1000通貨取引のススメ

2009年07月03日(金)東京時間 19:16
 このところ、FX業界ではレバレッジ規制が大きな話題となっている。

 現在、FX会社の「最大レバレッジ」は50~400倍程度が主流。ところが、金融庁がこれを段階的に25倍までに規制していこうとしているのである(レバレッジ規制の詳細についてはまた別の機会に)。

 ところで、レバレッジについてよく言われるのは「ハイレバレッジの取引は危険」ということだ。これは本当だろうか?

■レバレッジ100倍と10倍のFX会社、どっちが危険?

 今、N氏がドル/円を1万通貨単位買おうとしているとする。話を簡単にするため、1ドル=100円と仮定しよう。すると、N氏は1万ドル(=100万円相当)の買いポジションを持とうとしていることになる。

 N氏は銀行に100万円の預金があるとしよう。これがN氏の全財産だ。最大レバレッジが100倍のFX会社・Aなら、銀行からFX会社の口座へ1万円を入金すれば、1万ドルの買いポジションを持つことができる。N氏は100倍のレバレッジをかけてドル/円を買っていることになる。

 これが最大レバレッジが10倍のFX会社・Bだったらどうなるか? N氏は銀行からFX会社の口座へ10万円入金しないと1万ドルの買いポジションを持つことはできない。この時、N氏は10倍のレバレッジをかけてドル/円を買っていることになる。

 ここで、N氏が買った価格からドル/円が50銭下がってしまったとしよう。レバレッジ100倍のFX会社・Aとレバレッジ10倍のFX会社・Bで損失額に違いはあるだろうか?——そんなことはない。ともに損失は5000円で同じだ。

別にハイレバレッジだから危険というわけではないのである。

 もう少し言い回しを変えると、ハイレバレッジといっても必ずしも危険とは限らないということだ。

 と、ここで突っ込みを入れたくなった読者もいるかもしれない。もちろん、最大レバレッジ100倍のFX会社・Aに、FX会社・Bと同じ10万円を入金し、目一杯ポジションを持てば話は違う。

 この場合、N氏は10万ドル(=1000万円相当)の買いポジションを持つことができる。この時、ドル/円が50銭下がれば、損失は5000円ではなく、5万円。より大きな損失となってしまう。

 けれど、最大レバレッジ100倍のFX会社・Aに10万円入金したとして、それで10万ドル(=1000万円相当)の取引をしなくてもいいのである。10万円入金して、1万ドル(=100万円相当)の取引をするだけでもいいのだ。そうすれば、ドル/円が50銭下がった時の損失は5000円に止まる(この場合はレバレッジ10倍という計算にはなるが…)。

■レバレッジよりもポジション量そのものに注意せよ!

 結局、リスクを考えるのならば、レバレッジそのものをやたらと気にするのではなく、自分がどれだけのポジションを持つかということにまず焦点を合わせるべきなのだ。

 あるいはレバレッジについて考えるにしても、その人の「全財産に対して、どれだけのポジションを持っているか」というところに視点を据えた方がいいと記者は思う。

 上の例でいえば、FX会社の口座に入っているお金だけを基準にしてレバレッジを考えるのではなく、「『銀行口座+FX会社の口座に入っているお金』=その人の全財産」に対して、どれだけのポジションを持っているかが問題ということだ。

 記者の個人的意見としては、全財産が100万円というN氏のような人が10万ドル(1000万円相当)のポジションを持つのはちょっとリスクを取りすぎではないかと思う。

 まあ、「1000万円分のポジションを持つのが怖い」という感覚がない人はそれでもいいのだが…。

 人によって、どれだけの損失に耐えられるかという心理的な許容度は違うものだし、どんなトレードスタイルかによってもリスクの取り方は異なっていいはずだからだ(たとえば、超短期の取引なら比較的大きなリスクを取るのも“あり”だろう)。

 もちろん、全財産が多い人——たとえば、100億円持っている人——は1000万円程度のポジションを屁とも思わないことだろう。

 このように「どれだけのポジションを建てたらよいか」という話は人によって異なってくるわけだが、まったくのFXの初心者で、超お金持ちでもないという人であれば、最初は1万通貨の取引でもちょっとポジションが大きすぎるのではないかと記者は考える。

■FX初心者は1000通貨単位の取引からはじめてみては?

 今現在、日本のFX業界の標準は最低1万通貨単位での取引。大半のFX会社はそのようなルールになっている。

 しかし、少数派だが、1000通貨単位で取引できるFX会社も中にはあるのだ。初心者はそういうFX会社で、まずFXの取引に慣れるところから始めるのがいいのではないだろうか。

 1000通貨単位といえば、1ドル=100円として10万円分の取引からできるのだから、かなりお手軽だ。

■1000通貨単位で取引できるオススメのFX会社

 前置きが長くなったが、そんなわけで今回は1000通貨単位で取引できるFX会社の中から、記者の独断でオススメの会社をご紹介しよう。

 まずはFXトレーディングシステムズ。「FXTS」と略されたりする同社は1銭未満の“ナロースプレッド”を提供した元祖と言える会社だ。

 同社にはブロードコースとブロードライトコースがあるのだが、1000通貨単位の取引ができるのは後者。1000通貨単位でありながら、売買手数料は無料、ドル/円のスプレッドは「0.5銭~」という非常に有利な低コストでの取引が可能となっている。

 なお、FXトレーディングシステムズは、ザイFX!でも非常に人気のあるFX会社・外為オンラインと同じ取引システムを使っている(見た目は違うのだが、システムは同じなのだ)。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75845人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で6000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いま当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で5000円キャッシュバック!

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円0.001879000.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-1014.300015875.0000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-722.800013047.2000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
12月13日更新


 
12月11日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門