為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

欧州の不良債権問題に再び反応し始めた。
ユーロ/ドルを少額でも売ってみたい局面に

2010年11月17日(水)東京時間 14:00
■「ドル・キャリー」拡大で、予想以上の反発に

 まずは、ユーロ/米ドルの月足チャートをご覧いただきたい。

 これは180本足(180カ月分)のチャートだ。
ユーロ/米ドル 月足(クリックで拡大)

 ユーロ/米ドルは、2001~2002年頃を起点にして大きく上昇を始めており、俯瞰(ふかん)してみると、その上昇は2008年まで持続した。

 この6~7年におよぶ上昇の過程については、トレンドラインとして、緑の破線でサポートラインが引ける。つまり、2001年頃から2008年前半にかけては、明確に「ユーロ高・米ドル安トレンド」である。

 だが、2008年に緑の破線のサポートラインを割り込み、クラッシュ(大暴落)を起こした。これでトレンド転換が起こり、「ユーロ安・米ドル高トレンド」に転換したと考えられる。

 2008年後半から2009年年初にかけては「ユーロ安・米ドル高トレンド」であり、安値は1.2300ドルレベル、高値は1.4000ドルレベルの安値圏での「保ち合い相場」を形成していたが、2009年は総じて見れば「ユーロ高・米ドル安」気味に推移した。

 結果的に、2009年が「ユーロ高・米ドル安」気味に推移した理由は、米国が米ドルの超低金利政策(ゼロ金利政策)をとり、かつ、米ドル資金をじゃぶじゃぶに供給したので「ドル余り現象」が起こり、米ドルからユーロへの資金移動が起きたからだろう。

 これは、いわゆる「ドル・キャリー・トレード」であり、米ドルよりもユーロの金利のほうが高かったので、その金利差享受を狙った動きでもある。

 2009年後半まで、この「ドル・キャリー・トレード」拡大の動きが見られた。

 ところが、2009年後半になると、ギリシャの財政問題がきっかけになって、ユーロ/米ドルは下落を始める。

 月足チャートを見てわかるとおりに、2009年12月以降は1.51ドル台から1.18ドル台へと大きく下落した。

 ただ、1.18ドル台の安値をつけてからは、現時点で1.42ドル台までの大きなリバウンド(反発上昇)を見せている。

 これは、予想外に大きい反発だったと個人的に感じているが、米国の金融緩和策(量的緩和策)を先取りして、再び「ドル・キャリー・トレード」が拡大したためなのだろう。

■中長期で見れば、ユーロ/米ドルは高値圏での乱高下か

 11月上旬に行われたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、追加の量的緩和策が決められた。その規模は、事前予想の5000億ドルを上回り、6000億ドルの金融緩和策となった。

 マーケットは、この米国の金融緩和策(量的緩和策)をかなり織り込んだ状態だと考えているが、相対的に、ユーロ/米ドルはまだ高い水準にとどまっている

 月足チャートには、2008年の高値と2009年の高値を結ぶラインを、中長期のレジスタンスラインとしてピンクの破線で引いた。

 また、便宜的に、現時点で中長期のサポートラインと考えられるものを青の破線で表示した。

 さて、あくまで個人的な思惑に過ぎないものの、足元のユーロ/米ドルが、ピンクの破線を上限、青の破線を下限として、大きく上下動をしていると見ている。

 つまり、中長期のスタンスで見れば、ユーロ/米ドルが高値圏で乱高下しているとも考えられる。

 ちなみに、今後の値動きしだいでは「ヘッド&ショルダー(※)」の可能性も考える必要があるかもしれない。

 ただし、現時点でそのような発想は時期尚早であり、その説明はあえて省く。説明する必要が明白になったときに、このコラムで示すこととする。

(※編集部注:「ヘッド&ショルダー」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダー」と呼び、仏像が3体並んでいるように見えるため「三尊」と呼ぶこともある)

■「ダブル・トップ」は完成したが、フェイルが起きた

 続いて、ユーロ/米ドルの週足チャートをご覧いただきたい。

 これは300本足(300週分)のチャートだ。
ユーロ/米ドル 週足(クリックで拡大)

 週足チャートを俯瞰(ふかん)してみると、緑の破線で示した1.2300ドルレベルを基準にして、ピンクの破線で示したような「2つの山」が見える。

 つまり、ユーロ/米ドルは典型的な「ダブル・トップ」を完成した。

 この「ダブル・トップ」のネックライン(基準となる下値)は1.2300ドルレベルであり、これを下抜けた時点で「ダブル・トップ」が完成し、その時点で「売りシグナル」を点灯させている。

 チャートのセオリーでは、「ダブル・トップ」が完成した場合は、その後に大きく下落する。

 しかし、典型的な「ダブル・トップ」を完成したにもかかわらず、今回はそのセオリーどおりには動かず、フェイル(失敗・ダマシ)を起こしたと判断している。

■ようやく、欧州の不良債権問題が注目され始めた

 ユーロ/米ドルは「ダブル・トップ」を完成したものの、フェイル(失敗・ダマシ)を起こし、新たな上昇を始めたと考えている。

 しかし、これだけ大きな上昇があったものの、スタンスとしては「ユーロ買い・米ドル売り」でついて行く気持ちにはなれなかった。

 これだけ大きく上昇し、かつ、1.42ドル台まで上昇したのだから、このユーロ/ドルの値動きにはついていけなかったと反省している。

 ただし、フェイル(失敗・ダマシ)が事前に誰にもわからないことを踏まえると、フェイル(失敗・ダマシ)が起こる場合、だまされることが大事だと、決して「負け惜しみ」ではなく、考えている。

 今後の展開において、「ヘッド&ショルダー」が作られる場合や、逆に、大きな「フラッグ」が作られるようなケースになれば、フェイル(失敗・ダマシ)でだまされたことが、後々の勝ちにつながる

 相場で戦う場合、100%勝つことはできない。

 100%勝つためには「フェイル(失敗・ダマシ)」が起こる場合に、事前にそれが「フェイル(失敗・ダマシ)」であると気づく必要があるが、それは不可能なことだ。

 個人的には、「フェイル(失敗・ダマシ)」が起こる場合に進んでだまされることも「次に勝つための布石」であると考えている。すなわち、生き残る術(すべ)である。

 ユーロ/米ドルが1.18ドル台から1.42ドル台まで上昇する過程で、次のように述べてきた「FRBの追加緩和は相場に織り込まれた。再び欧州の不良資産問題が重大視される」を参照)

・1.51ドル台から1.18ドル台までユーロ/米ドルが下落した理由は、欧州の金融機関が保有している不良債権(不良資産)問題だ。だが、その問題は何も解決していない。

・それにもかかわらず、1.18ドル台から1.42ドル台まで上昇してくる過程において、欧州の不良債権問題は無視され続けてきた。

 このところのユーロ/米ドルの上昇は、米国の金融緩和策(量的緩和)が材料にされている。

米国が量的緩和策を行う場合、米ドルからユーロへ資金が流れるだろうといった考え方が先取りされて、このような値動きになったわけだ。

 だが、11月になってようやく、欧州の不良債権(不良資産)問題にマーケットの目が集まり始めたと感じている。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 69379人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[ウルトラFX](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](5月31日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(100万通貨以上の新規取引で。10万通貨以上の新規取引では10,000円。先着200名)・IG証券[標準取引](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+オリジナル小冊子『フルオートの始め方と運用のコツ』(開設で)、または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](5月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

通常5000円に加えて3000円追加キャッシュバックが貰えるのはザイFX!だけ

link

1万円+限定5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.55111.29

USDJPY

ユーロ/円-1.01124.35

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00361.1173

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月22日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門