FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

サブプライム・ローン関連の巨額損失は
すべて、表に出たのか? 否!

2008年05月16日(金)東京時間 16:28

金融市場で、「サブプライム・ローン問題」が最初に話題になったのは、2007年年初だった。

その際に、「サブプライム・ローン問題」は、「いずれ、すぐに、解決する問題」と認識され、軽く扱われていた。

 つまり、初めて「サブプライム・ローン問題」が俎上に載った際のマーケット(金融市場)の反応は、

「ふーん…。あっそう」

といった程度であった。

 2007年夏になり、この問題が、とてつもなく巨額の損失になっていることに気がつき、大問題に発展した。

 FRBなど米当局でも、その実態の把握が難しかったようで、見過ごされていた。

 最近の金融市場は、その発展・発達(金融商品の多様化、そして、デリバティブ化、証券化など)で、非常に複雑化している。そのために、実態の把握が難しい。

 本来は、こういった証券化された金融商品の格付けが的確に行われていれば、サブプライム・ローン関連の金融商品(証券)が、これほど世界的に流布することもなかったであろうことを考えると、サブプライム・ローン関連の金融商品(証券)に高い格付けを付与した「格付け機関」の責任は重い。その責任を逃れることはできない。

 今後、米国などでは、「格付け機関」に対する訴訟も行われるであろう、と考える。

 マーケットは、サブプライム・ローン問題の沈静化で一息ついている感があるが、早いうちに、格付け機関の責任の所在を明らかにする必要がある、と考える。
■今の評価損が3兆円でも、実際に売却したら6兆円の損失ということもあり得る

 サブプライム・ローン関連の金融商品を、誰が(どの金融機関が、あるいは、どの企業や公共団体が)、どのくらい(金額)、保有しているのか?

 そして、そのサブプライム・ローン関連の金融商品の現在価値(実際の価格)が、いくらなのか?

 現在価値(実際の価格)が、明確になれば、表面上の具体的損失額がいくらであるのかが、判明するが、実際に売却する場合は、その評価額(評価価値)よりも、実勢価格は低くなることが多い。それも忘れてはいけない。金額が巨額なので、そういった二次的損失も無視できないだろうと考える。

 100億円や、200億円の損失ならば、セカンダリーのロス(※)もしれている。たとえば、100億円の損失ならば、10億円か20億円か、せいぜい50億円ほど損失が拡大するだけだ。

 50億円もセカンダリーのロスが出るならば、そもそも、その評価が間違っているのだが、それは、ここでのテーマではない。

 問題は実際に売却をする場合に、相応の追加損が出るだろうことにある。これは誰にでも想像がつくだろう。

 しかし、1兆円、2兆円、3兆円といった場合の、セカンダリーのロスは、いくらになるのか、想像がつかない。

 評価損は3兆円でした。実際に売却したら、6兆円の損失でした、ということも考えられる。

 現在は、そのサブプライム・ローン関連の金融商品の現在価値(実際の価格)は、その発行時(額面)に比べて半値以下になっているのは明らか。

 つまり、発行されたサブプライム・ローン関連の金融商品の発行額の半分程度は、すでに消滅している、と考えるのが妥当だろう。

■100億円で購入したゴッホの絵画がもしもニセモノだったら…

 そこで、「その消滅したお金は、どこに行ったのだろう?」といった疑問が湧いてくるのが自然だろう。

 それは、どこにも行っていない。
 バブルのごとく、まさに消滅しただけのこと。

 本物のゴッホの絵画だと信じて100億円で購入した絵がニセモノ(贋作)である、と判明した場合を思い起こせばよい。

 そのゴッホの絵(贋作)を売った側は損失を免れたので、ラッキーではあるが、その売り手が、贋作であることを知らなかった場合は、ただ単に、損失を免れただけに過ぎない。

 つまり、本物なら100億円の価値があるのだが、ニセモノであることが判明したので、100億円の価値が消滅しただけに過ぎない。

 その消滅した価値(お金)、つまり、損失を、誰が負担するのか?


(※)「セカンダリーのロス」とは、サブプライム・ローン関連の金融商品を実際に売却する際、現在の評価額よりも安い価格で売ることになれば、さらに追加的な損失が発生するという意味(編集部注)。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75968人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-31505.002114002.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+106.300019026.9000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+206.500015807.5000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
12月18日更新




 
12月15日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門