FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

鳩山首相辞任は為替の材料にならない。
ユーロ急落の可能性を認識する方が重要

2010年06月02日(水)東京時間 15:56
 鳩山首相の辞任について手短に。

基本的に、日本の政治は、外国為替市場では売買の材料にならない

 もちろん、少しは「日本売り」、すなわち「円売り」の材料にはなるだろうし、実際に、6月2日(水)の東京市場でそういった傾向が見られ、米ドル/円は50~60銭程度、円安に振れていた。

 しかし、日本の政権が不安定であるということを材料に円売りが持続するかと聞かれると、答えはノーだ。

 誰が次の首相になるのかは不明だが、6月4日(金)には決まるのだから、外国為替市場を考える立場で言えば、たいして重大なことでもない

 タイのように、暴動や騒乱が起こっているわけでもない。

 日本の政治よりも、ヨーロッパの財政問題のほうが、外国為替市場では重大視されるはずだ。

■一時的なリバウンドがあっても、反転の兆しはない!

 まずは、ユーロ/米ドルの月足チャートからご覧いただこう。
ユーロ/米ドル 月足(クリックで拡大)

 ユーロ/米ドルは、2001年ないし2002年頃を底に上昇を開始し、2008年まで大きな上昇トレンドにあった。

 この間、2000年につけた安値は0.82ドル台、2008年につけた高値は1.60ドル台である。

 この2008年までの上昇トレンドにおいては、緑の破線で示したサポートラインに従っていた。

 だが、2008年のクラッシュ(大暴落)で、緑の破線のサポートラインを下に割り込み、上昇トレンドから下落トレンドへと転換した。

 2008年後半から2009年初めにかけては「安値保ち合い」を形成し、その後、2009年は概して上昇したと言ってよいだろう。この上昇の原因は、「ドル・キャリー・トレード」だったと考えている。

 すなわち、米ドルの超低金利を利用して米ドルを借り、その米ドルをユーロに転換してユーロの金利を稼ぐといった取引手法だ。

 しかし、2009年末に起きたギリシャ問題をきっかけに、この「ドル・キャリー・トレード」のアンワインド(巻き戻し・解消)が始まった。

 2009年12月の高値1.51ドル台ミドルから、半年ほどで、チャート・ポイントの1.2300ドルをも割り込み、1.21ドル台前半まで下落して、安値を更新している状況だ。

 なお、2010年のユーロ/米ドル下落の過程で、ピンクの破線で示したサポートラインが意識されたものの、あっさりと割り込んでしまった。その時点で、ユーロの「売りシグナル」が発せられている。

 また、1.2300ドルを割り込んだことで、改めて、ユーロは「売りシグナル」が点灯した。

目先は、安値更新を果たしたことでリバウンド(反発)する場面もあるが、月足チャートで見る限りは、反転(上昇)の兆し(シグナル)はまったくない

大相場で振幅も激しいが、戦術としては、チャートのシグナルに従って「ユーロ売り」を行うことしか思いつかない

■さらに大きく下落する可能性があると認識すべき

 続いては、ユーロ/米ドルの週足チャートをご覧いただきたい。
ユーロ/米ドル 週足(クリックで拡大)

ユーロ/米ドルの週足チャートを俯瞰(ふかん)すると、1.2300ドルをネック・ライン(=基準)として、「ダブル・トップ(2つの山)」が完成していることが見て取れる
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75137人

ザイFX!のtwitterをフォローする
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで10万通貨以上の往復取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+松崎美子オリジナルレポート『FXの成功&しくじりレポート<第2版>』・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買による5000通貨以上の決済取引で)+オリジナル書籍『フルオートの始め方と運用のコツ』(シストレ24開設で)+最大10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買による20万通貨以上の決済取引で。10万通貨以上の決済取引では5000円。)、または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による60万通貨以上の新規または決済取引で。30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(選べる外貨またはちょいトレFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)+2018年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](11月30日まで)
  • 最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による60万通貨以上の新規または決済取引で。30万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](11月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全2回受講後、理解度テスト&アンケートに2回回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](12月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](終了日時未定)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.15112.29

USDJPY

豪ドル/円-0.2384.97

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0828.30

TRYJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
11月20日更新

 
11月17日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門