FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

米ドル安/円高トレンドに変化なし。
調整一巡で、再び90円割れにトライ!

2009年09月24日(木)東京時間 20:51
 米ドル/円は、シルバー・ウィーク期間中に大きく上下動した印象だが、今回のコメントは、9月16日(水)のコラムで述べた内容と、ほぼ同じだ「売りシグナルが点灯している米ドル/円。90円割れは果たしてあるのか?」参照)

 リアル・マーケットでは、節目の90.00円がサポートされたが、その場合の対応策も、前回のコラムに盛り込んで書いていた。

 すなわち、90.00円がサポートされた場合の「リスク&リターンを極大化するためのテクニック(セオリー)」であったが、その手法は今回、有効だったと言えるだろう。

■調整が終われば、米ドル安/円高トレンドに復帰する!

 シルバー・ウィークに入る前、米ドル/円は、90.00円でいったんサポートされて、92円台半ばまでリバウンドした。しかし、米ドル安/円高トレンドには、基本的に何ら変化はない。

 その値動きは、下値のチャート・ポイント(サポート・ポイント)である90.00円が、強く認識されただけに過ぎず、その下にある89.70-80円レベル、ならびに、オプション取引絡みの89.50円がチャート・ポイントであることも、何ら変化はない。

 この90.00円近辺からのリバウンドは、98円近辺から90.00円近辺まで、約8円の急落に伴う調整であったと考える。

 従って、調整が終われば、米ドル安/円高トレンドに再び戻ると考えている。

■円高は本来、もっと歓迎されるべきもの!?

 東京市場がシルバー・ウィーク休暇明けとなる、本日、9月24日(木)のマーケットでは、90.00円割れを再びトライしそうな値動きになっている。個人的には、ついに90.00円を割り込んで、80円台を見るのではないかと期待しているのだ。

 しかし、このように書くと、読者の中で勘違いをされる方もいらっしゃるだろう。世間では「円高は悪いこと」とされているようだが、そのような認識は誤りだ。少なくとも、私はそう考えている。

自国通貨が強くなって困る国民はいない。困っているのは、大手輸出企業や大企業、海外投資を行っている大手の機関投資家だ。

 ほとんどの国民は、円高になると輸入品が安く買えるのだから、物価を押し下げて、むしろプラスとなる。輸入に頼っている石油などのエネルギー価格も安くなり、一般庶民はもっと円高を歓迎すればよいのにと考えている。

 足元のガソリン価格は上昇傾向にあるが、円高になれば、それが軽減される可能性は高い。電気代やガス代が安くなれば、日本国民全体にとってよいことだ。

■自国通貨安を歓迎するのは、国民目線ではないため

 円高の問題点は、円高差益を国民に還元しない、もしくは、還元できないような、現在の社会システムにある、と私は考えている。

 現に、米国は従来から「強いドルを望んでいる」と明言してきた

 自国通貨が安くなるのを望んでいる国の代表は、日本や中国だ。国民の目線ではなく、大企業の儲けに主眼点を置いているため、こういった結論になってしまう

 日本や中国は、大企業が利益を上げないと、税収、すなわち、国益が落ちると考えているのだろう。そういった一部の利益を優遇する政策は、「本来、得べかりし国民の利益」を犠牲にしていると考える。

 だから、90.00円を割り込み、80円台を見るのではないかと期待しているのだ。

■米ドル/円は、いよいよ90円割れか?

 ここで、米ドル/円の日足チャートをご覧いただきたい。
米ドル/円 日足(クリックで拡大)

 米ドル/円は、4月上旬に101円台ミドルの戻り高値をつけてからは、徐々に上値を切り下げて、緩やかに下落している。チャートでは「レジスタンスライン」として、4月につけた101円台ミドルと、8月につけた戻り高値の97円台後半を結び、緑の破線(太線)で示した。

 また、この「レジスタンスライン」に対し、平行線を2本引いた。これは緑の破線(細線)で示している。

 この「パラレルライン(レジスタンスラインの平行線)」は、3月安値の93円台ミドルに合わせて引いたもの、ならびに、7月安値の91円台後半に合わせて引いたものとなっている。

 2009年に入り、2~3月から現在に至るまで、米ドル/円は大きな上下動を繰り返している印象があるが、基本的な流れは「下落トレンド」と考えている。つまり、「米ドル安/円高トレンド」ということだ。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75900人

ザイFX!のtwitterをフォローする
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!経由の申込みで特別に4,000円!

DMM.com証券[DMM FX]

当サイト期間限定キャンペーン実施中!口座開設と初回取引で現金4000円がもらえる!

link

当サイト限定で5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.26112.15

USDJPY

ユーロ/円-0.14132.25

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00151.1792

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
12月15日更新




 
12月11日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門