為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

ガンパウダー・鈴木隆一さんに聞く(4)
FXではなぜ233日移動平均線がいい?

2009年10月30日(金)東京時間 13:44
「ガンパウダー・鈴木隆一さんに聞く(3) なぜ、米ドル/円はクセが悪いのか?」からつづく)

■まだ下がるんじゃないかと恐怖にかられないためには?

前回、鈴木さんに説明してもらった「押し目買い」の方法を、具体的にユーロ/円のチャートで見てみよう。

 「ユーロ/円は日足では直近上昇しています(※)。上昇トレンドにあると方向性を判断できます。そして、一番儲けたい人は、下の日足チャートの(A)の下ヒゲの先っぽで買いたいですよね。

 そのためにはどうするか?

 これは日足だけでは判断できないんです。下がっているところでは、まだ下がるんじゃないかと恐怖にかられたりします。

 そこで15分足を見てみると、長い下ヒゲが出た直後にローソク足が移動平均線を上抜いているなど、下降トレンドから上昇トレンドに転じたサインが出ているので、ここで買えるとわかるわけです」

 なるほど、15分足ではトレンドが反転していることがわかりやすく思える。

(※編集部注:鈴木さんへの取材は10月15日に行っている。その時点での「直近」ということ)
(出所:米国FXCM

■損切りポイントはどうやって決めればよいのか?

 15分足でいったん安値をつけた後、上昇に転じかけたと思ったところで買うのだから、もしも予想と逆に相場が動いた場合は、15分足の直近安値を割れたところで損切りすれば良さそうだ。

 「いや、それはちょっと違うんですよ。今の例では基本的な方向性については、日足で上昇トレンドだと判断しました。だから、日足の上昇トレンドが崩れていなければ、エントリーしたポジションはまだ有効と考えた方がいいと思います。

 その場合、たとえば、損切りするのは、日足で引いたトレンドラインを明確に割り込んだところにすべきでしょうね。

 この例は少し短めのスイングトレードという前提でお話ししましたが、エントリーポイントも損切りポイントも15分足で決めてしまったら、少し短めのスイングトレードではなく、デイトレになってしまいます」

■自分はどこまで損しても問題ないか事前に決めておく

 「もっとも、『日足で引いたトレンドラインを明確に割り込んだところ』までポジションをキープしていたら、自分が許容できる損失の範囲を超えてしまう、ということなら問題です。

 そこで話が元に戻るのですが、結局、自分がどういうトレードをしたいのか、やはり最初に決めておかないといけないのです。

 自分はどこまで損をしても平気なのか、トレードする前に自分のお財布と十分相談しておきましょう」

■鈴木さんオススメのテクニカル指標は?

 上の例では、もっとも基本的な移動平均線とローソク足のみで鈴木さんに説明してもらったが、相場の方向性を見る場合、鈴木さんがよく使っていて、オススメのテクニカル指標は、移動平均線の他にパラボリックSAR、DMIあたりだという。

 また、エントリーポイントを探る際に使うテクニカル指標は、いろいろ使っているので、オススメと言われても迷ってしまうとのことだが、強いて言えば、スローストキャスティクス、移動平均線、MACDが挙げられるそうだ。
おすすめテクニカル(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

■なぜ、中途半端に思える233日移動平均線を使うのか?

 各指標の詳しい説明は長くなるので、テクニカル指標の解説書などに譲るが、使うテクニカル指標が決まったとしても、各指標にはその数値を算出する期間をどう設定するかといった問題がある。

 たとえば、移動平均線でも、20日移動平均線を使うのか、21日移動平均線を使うのか、25日移動平均線を使うのかといったことだ。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 69318人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[ウルトラFX](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](5月31日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(100万通貨以上の新規取引で。10万通貨以上の新規取引では10,000円。先着200名)・IG証券[標準取引](6月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+オリジナル小冊子『フルオートの始め方と運用のコツ』(開設で)、または、最大10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買による50万通貨以上の新規または決済取引で。25万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](5月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引で+1,000円、10万通貨以上の新規取引で+1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で+1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](5月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-13717.50255282.50

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-96.10202163.0980

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-44.56301940.0010

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月22日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門