No.1マネー誌『ダイヤモンドZAi』の「ザイFX!」がFX会社のスペックを徹底比較!
FX会社徹底比較
  • FX会社詳細情報

マネースクウェア・ジャパン[M2JFX]は掲載を休止しています

 マネースクウェア・ジャパンは2017年7月31日から新規口座開設を停止しているため、「FX会社詳細情報」は掲載を休止しています。

■トラップリピートイフダン(トラリピ)とは?

 マネースクウェア・ジャパン[M2JFX]といえば、「トラップリピートイフダン」(トラリピ)という注文方法を提供していることで有名です。

 トラップリピートイフダンは「トラップ」と「リピートイフダン」に分解できます。

 「トラップ」とは特定のレートに1つの新規指値注文を入れておくのではなく、ある程度の値幅にたくさんの新規指値注文をいっぺんに入れることを表します。一定の価格帯に罠(トラップ)を仕掛けて、待ち構えているようなイメージです。

 また、イフダン注文は新規注文と、それが約定した場合に発注される決済注文を同時にセットで出せる注文方法。これはほとんどのFX会社で使えるものですが、「リピートイフダン」とは、イフダン注文を何度でも自動で繰り返してくれるものです。

 つまり、トラップリピートイフダンとは、一定の価格帯に複数の新規注文をいっぺんに仕掛けておくとともに、新規注文が約定すると有効になる決済注文も同時に発注し、なおかつそれを自動的に繰り返してくれるしくみになります。

マネースクウェア・ジャパン[M2JFX] 「トラリピ」のイメージ図
マネースクウェア・ジャパン[M2JFX] 「トラリピ」のイメージ

 このトラリピはレンジ相場で特に威力を発揮します。そして、為替にはレンジ相場が多いと言われています。このようなことから、トラリピは根強いファンのいる注文方法なのです。

【参考記事】
進化したトラリピ犬氏のトレード術(1) 1年9カ月の完全放置で確定利益430万円!
進化したトラリピ犬氏のトレード術(2) 「円高に弱い説」を覆し、過去最高益!
7年間で250万円の資産を1150万円超にしたトラリピ犬さんの投資ヒストリーを大公開!

■マネースクウェア以外でもリピート系発注機能が増えている

 ザイFX!では自動売買的な取引システムをいくつかのジャンルに分けて紹介していますが、その中でトラリピは「リピート系発注機能」というジャンルに分類しています。また、トラリピはリピート系発注機能の元祖と言えます。

 マネースクウェア・ジャパンの持ち株会社であるマネースクウェアHDがこのトラリピに関する特許を取得していたためか、以前はリピート系発注機能を提供するFX会社はマネースクウェア・ジャパンぐらいしかなかったのですが、近年はこれが崩れ、多くのFX会社がリピート系発注機能を提供するようになりました。

【参考記事】
ザイFX!で2014年を振り返ろう!(4) 【業界:中編】トラリピ包囲網が拡大中!?

 トラリピはリピート系発注機能の元祖だけあって、その取引画面はとてもわかりやすく、使いやすいものとなっていますが、FX投資家のなかにはトラリピを使う場合の取引手数料、スプレッドなどのコストが高いという声もあり、その他のリピート系発注機能を愛用する人もいるようです。

 マネースクウェア・ジャパン以外でリピート系発注機能を使ってみたいという場合、まずは以下の比較コンテンツを見てみてください。

【参考コンテンツ】
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!:(4)リピート系発注機能【トラリピなど】

■「iサイクル注文」は自動的にレンジを追従!

 近年、さまざまなFX会社が参入してきたリピート系発注機能。その中で、マネースクウェア・ジャパンの対抗馬としてのし上がってきたのが外為オンラインを中心としたISグループです。

 トラリピ関連の特許を巡って、マネースクウェアHDは外為オンラインと複数の裁判で争っており、その1つの裁判の一審では外為オンライン勝訴の判決が下されていますが、両社はまだ抗争中であり、結論はまだ出ていません。

【参考記事】
マネースクウェアHDが外為オンライン提訴! FX業界に波紋! 特許は侵害されたのか!?
どっちが勝訴? トラリピVSサイクル注文の特許権をめぐる地裁の裁判で判決が出た!
トラリピ裁判第2Rに決着。争われたのは戦略的に取得された特許だったのか?

 外為オンラインが提供しているリピート系発注機能は「サイクル注文」、「iサイクル注文」というもの。ユーザーはいくつかの数字などを入力するだけで、リピート系発注機能をスタートさせることができます。

【参考記事】
トラリピ似の注文方法が新たに登場! コスト半額でトレンド相場も自動追尾!
「iサイクル注文」がリニューアル! 爆益が出ている注文内容を選択できる!
トレンドを自動判定する夢の新機能登場!? トレンド転換も察知して売りと買いを反転!
ひろぴーが経験してわかったiサイクル注文の鉄則。あやふやな局面こそ儲けの好機!(ひろぴー)

外為オンラインの「iサイクル注文」

 「サイクル注文」はトラリピと似たものですが、「iサイクル注文」にはレンジ相場の水準が切り替わったら、それを自動的に追従してくれる機能が備わっており、これはトラリピにもない機能となっています。

外為オンライン 「サイクル注文」のイメージ図(クリックで拡大)
外為オンライン 「サイクル注文」のイメージ図
外為オンライン 「iサイクル注文」のイメージ図(クリックで拡大)
外為オンライン 「iサイクル注文」のイメージ

 そして、外為オンラインはiサイクル注文に関連した特許も取得しています。

【参考記事】
マネースクウェアHDと東京地裁で係争中でも関係なし!? 外為オンラインが特許取得!

>>>外為オンライン[外為オンラインFX]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください

■米ドル/円0.3銭のスプレッドでリピート系発注機能を使う方法

 外為オンラインはiサイクル注文を同じISグループのライブスター証券にライセンス供与しており、ISグループではないのですが、外為オンラインと本社住所が同じFX会社、FXブロードネットにもライセンス供与しています。

 FXブロードネットでのこのサービスの名称はiサイクル注文ではなく、「トラッキングトレード」というものになっていますが、中身は基本的に同じもの。さらにFXブロードネットは米ドル/円0.3銭などスプレッドが業界最狭水準ということが注目されます。

FXブロードネットの「トラッキングトレード」

 FXブロードネットで裁量トレードする際は取引手数料は無料ですが、トラッキングトレードを使う場合は別途、手数料が必要になります(ただし、無料となるキャンペーンあり)。

 ただ、それでも、コストがやや高めになることが多いリピート系発注機能の中にあって、相対的にかなり低コストでリピート系発注機能が使えるFXブロードネットは注目の存在と言えるでしょう。

【参考記事】
また登場した相場追従型のリピート系発注機能。こちらの方がおトクな理由とは?
ほっとくだけで20万円超の利益! 記者が相場追従型のリピート系発注機能に挑戦!
トラッキングトレードで爆益!? ガチンコバトル第1位のトレーダーに電話で質問してみた!
業界最狭水準スプレッドで自動売買できるトラッキングトレードで儲けやすい相場とは?(ひろぴー)

>>>FXブロードネット[ブロードライトコース]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください
>>>FXブロードネット[ブロードコース]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください

■選択型シストレの中にリピート系発注機能が入っているものも

 そのほか、ISグループではアイネット証券の[ループイフダン]にも注目です。

 こちらは選択型シストレのストラテジーの中にリピート系発注機能を入れてしまおうというもので、ユーザーはパラメーターの異なるいくつかのストラテジーから自分好みのものを選ぶだけ。非常に簡単にリピート系発注機能をスタートさせることができます。

アイネット証券の[ループイフダン]

 [ループイフダン]はトラリピ、iサイクル注文などとは違った方向からのリピート系発注機能へのアプローチになっていると言えるでしょう。

【参考記事】
選ぶだけのシストレサービスをリリース! アイネット証券でFX書籍がもらえるゾ♪
ループイフダン専用口座が大胆に登場! ザイFX!記者が最大約9万円の利益!
ほっといたら爆益! 3カ月で100万円超! 記者が挑戦したあの口座がスゴいことに…

アイネット証券[ループイフダン]の取引画面(クリックで拡大)
アイネット証券[ループイフダン]の取引画面

>>>アイネット証券[ループイフダン]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください

 リピート系発注機能もさまざまなものの中から自分に合ったものを選べる時代になりました。以下のコンテンツをぜひ参考にして、自分に合った口座を選んでみてください。

【参考コンテンツ】
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!:(4)リピート系発注機能【トラリピなど】


ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75761人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン