FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS
  • 2012年03月09日(金)23時59分 ドル高継続、ユーロドルは1.3114ドルへ下げ幅拡大
    ドル高継続、ユーロドルは1.3114ドルへ下げ幅拡大

     23時58分現在、ユーロドルは1.3114ドルで推移。

  • 2012年03月09日(金)23時45分 ドル円、上値は売りオーダーがおさえる
    ドル円、上値は売りオーダーがおさえる

     ドル円は82.37円まで上昇後、上げ一服となっている。対主要通貨でのドル高圧力は継続しているものの、82.40円水準に1ヤード(10億ドル)近い売りオーダーが観測されているとあって、上値が抑えられている。また、米株式市場や米国債市場では、強い米雇用統計に対する反応が一方的でもなく、リスク選好の円売りや、米利回り上昇を背景としたドル買いはそれほど強くない。
     23時42分現在、ドル円は82.26円、ユーロドルは1.3125ドル、ユーロ円は107.97円で推移。

  • 2012年03月09日(金)23時10分 ユーロドル売り継続、昨日安値を下回り1.3124ドルへ
    ユーロドル売り継続、昨日安値を下回り1.3124ドルへ

     23時9分現在、ユーロドルは1.3131ドル、ユーロ円は108.01円で推移。

  • 2012年03月09日(金)22時48分 ドル円につれてクロス円も上昇、本日高値を更新
    ドル円につれてクロス円も上昇、本日高値を更新

     クロス円は上昇。強い米雇用統計の結果を受けてドル円が82.36円まで上値を伸ばしていることから、つれてクロス円も上昇幅を広げている。ポンド円は129.78円、豪ドル円は87.45円、NZドル円は67.77円、加ドル円は83.28円まで買いが進んで本日の高値を更新している。また、ユーロ円も107円後半から108円前半へ小幅に反発している。
     22時48分現在、ドル円は82.33円、ユーロ円は108.30円、ポンド円は129.62円、豪ドル円は87.28円で推移。

  • 2012年03月09日(金)22時32分 米NFP予想上回り、ドル円は高値更新 82.18円まで上昇
    米NFP予想上回り、ドル円は高値更新 82.18円まで上昇

     22時31分現在、ドル円は82.15円で推移。

  • 2012年03月09日(金)22時30分 米・2月失業率
    米・2月失業率

    米・2月失業率

    前回:8.3% 予想:8.3% 今回:8.3%

    米・2月非農業部門雇用者数変化

    前回:+24.3万人 予想:+21.0万人 今回:+22.7万人

    米・1月貿易収支

    前回:-488億USD 予想:-490億USD 今回:-526億USD

    カナダ・1月国際商品貿易(前月比)

    前回:+26.9億CAD 予想:+20.0億CAD 今回:+21.0億CAD

    カナダ・4Q-労働生産率 (前期比)

    前回:+0.4% 予想:+0.6% 今回:+0.7%   

  • 2012年03月09日(金)22時10分 ドイツ財務相
    ドイツ財務相

    ○ギリシャは『例外なし』のCAC発動へ

     

  • 2012年03月09日(金)22時06分 ユーロドルの1.32ドル割れに連れ、ユーロ円も108円割れへ
    ユーロドルの1.32ドル割れに連れ、ユーロ円も108円割れへ

     ユーロ円は108円割れへ。ユーロドルが1.32ドルを割り込んで1.3190ドルまで下落幅を広げたことを受けて、ユーロ円も107.90円付近と本日のこれまでの安値107.70円を目指す展開に。また、ユーロ円の上値が重くなったことを受けて、他のクロス円やドル円も頭打ちの展開となっている。
     22時3分現在、ユーロ円は107.89円、ドル円は81.79円、ポンド円は129.10円、豪ドル円は86.89円で推移。

  • 2012年03月09日(金)21時59分 ユーロドル上値重く1.3201ドルまで下押す
    ユーロドル上値重く1.3201ドルまで下押す

     ユーロドルは1.3201ドルまで下押した。欧州序盤につけたこれまでの安値1.3212ドルを前に下げ渋りを見せていたものの、割り込んだことでやや下方向への動きを強めた。ユーロ圏財務相電話会合が終了し、「ユーロ圏諸国はギリシャ救済の承認手続きを開始する」とのアナウンスメントが聞かれたものの、特段のサポート要因とはなっていない。
     21時58分現在、ユーロドルは1.3201ドル、ユーロ円は107.96円で推移。

  • 2012年03月09日(金)21時35分 訂正:ユーロドルは1.32ドル前半で横ばい推移継続
    訂正:ユーロドルは1.32ドル前半で横ばい推移継続

    【訂正:本文中の誤字を訂正します】

     ユーロ圏財務相電話会合が実施され、週明け12日にギリシャ第2次支援を決定することが話し合われたもよう。また、現在進行中の第1次支援の一部となる50億ユーロの融資に関しても、同日に決定されることが伝わった。もっとも、こうしたニュースヘッドラインにも市場の反応は限定的。ユーロドルは1.32ドル前半、ユーロ円は108円前半で横ばい推移が継続している。
     なお、日本時間22時にはショイブレ独財務相がギリシャ問題とユーロ圏財務相電話会合について会見を行う予定となっているが、こうした内容を踏襲するのみに留まると思われる。
     21時33分現在、ユーロドルは1.3218ドル、ユーロ円は108.18円で推移。

  • 【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

  • 2012年03月09日(金)21時23分 欧州後場概況-米雇用統計待ち
    欧州後場概況-米雇用統計待ち

    ギリシャ債務交換結果後の調整売りに下げていたユーロドルは1.32前半で揉み合い、107円70銭付近まで下押したユーロ円も108円台前半へと戻し、売り買い交錯、米2月非農業部門雇用者数の市場予想は21万人ながら、強めの予想も散見されドル円は81円80銭超えと短期筋の買いが下支えとなっているもよう、他クロス円もドル円に歩調を合わせ全般買い優勢のなかで米雇用統計を待つ状態となっている。21時23分現在、ドル円81.82-84、ユーロ円108.17-20、ユーロドル1.3217-19で推移している。

     

     

     

  • 2012年03月09日(金)21時06分 LDN午前=ギリシャ債務交換結果後の動意が一巡、雇用統計待ち
    LDN午前=ギリシャ債務交換結果後の動意が一巡、雇用統計待ち

     9日のロンドンタイム午前の相場は、東京時間午後に発表されたギリシャの債務交換の結果を受けたリスク回避的な動きが一巡。米雇用統計を前に様子見となった。
     ユーロはギリシャ債務交換の結果を受けて、対ドルで1.3212ドルまで下落。ただ、仮にCDSのクレジットイベントトリガーが発動してもシステミックリスクにはなりづらいことから、逆にあく抜け感も出たもようで、1.32ドル前半で小動きに。ユーロ円はドル円が底堅く推移したことから107.70円を安値に108.10円台まで持ち直す動きとなった。
     ポンドは指標がまちまちだったものの、弱い鉱工業生産が意識され軟調。対ドルでは1.5751ドル、対円では128.64円まで売られた。対ドルではそのまま安値圏でもみ合いとなったが、対円ではドル円につれて129円前半に持ち直した。
     ドル円はギリシャ債務交換後は上昇。82円ちょうどに控えるオプションを前にガンマロングの売りに抑えられているものの、大台回復を意識して底堅い動き。一時は日通しの高値81.90円に迫った。
     NYタイムは注目の米2月雇用統計の発表を控える。市場予想は21.0万人だが、比較的強めの予想も散見される。このためサプライズとしてはネガティブ方向を警戒する声も多い。
     仮に予想通りもしくはそれ以上の場合、すでにリスク選好の動きが大分進んでおり、ドル売り・円売りの余地は狭そうだが、ドル円については明確に大台回復からさらにテクニカルな上値を試す動きが警戒される。また週末のため、そこからの反落にも警戒が必要だろう。
     一方でネガティブサプライズの場合、全般的にリスク回避のドル買い・円買いが強まることが予想され、今週序盤に各通貨が対ドル・対円で示現した安値を意識した動きとなりそうだ。
     ギリシャ債務交換の結果がCDSのトリガーとなるか否かの発表が雇用統計後にあるが、トリガーとなることがコンセンサスとなっており、それに伴うシステミックリスクも限定的であることがコンセンサスとなっている。すでに織り込み済みと見られ、反応は一時的かつ限定的に留まるだろう。
     21時6分現在、ドル円は81.81円、ユーロドルは1.3216ドル、ユーロ円は108.13円で推移。

  • 2012年03月09日(金)21時00分 カナダ・2月失業率
    カナダ・2月失業率

    カナダ・2月失業率

    前回:7.6% 予想:7.6% 今回:7.4%

    カナダ・2月新規雇用者数

    前回:+0.23万人 予想:+1.50万人 今回:-0.28万人

  • 2012年03月09日(金)20時30分 東京為替サマリー(9日)
    東京為替サマリー(9日)

    TKY午前=株高受けドル円・クロス円上昇も動意薄

     東京タイム午前、株高でドル円・クロス円は上昇も動意自体は限定的に。昨日のギリシャPSI締め切りを受けて関連情報が錯綜するなか、ユーロ圏財務相がギリシャに関して電話会合を開催し、その場にて集団行動条項(CAC)の発動の有無を決めるもようで、予断を許さないなかではあるが、市場には比較的楽観的な見方が台頭した。こうした状況もあり、為替相場はもみ合い後、リスク選好の円売りが優勢となった。ギリシャ懸念の後退を背景にダウ平均が上昇した流れを引き継ぎ、日経平均をはじめアジア株が堅調に推移したことが下支えとなったようだ。そのほか、材料としては豪2月貿易収支が発表され、想定外の赤字を記録。これを受けて、瞬間的に豪ドルが売られる場面が見られた。また、動意はなかったがギリシャ当局者が「債務交換受諾率、CAC発動後95%以上に」と発言したほか、「債務交換受諾率、CAC発動後95%以上に」などと一部メディアが報じたが、特段材料視されるようなこともなかった。
     ドル円・クロス円は上昇。前述した通り、日経平均をはじめとしたアジア株の上昇を後押しに、ドル円は81.85円まで上昇し、直近高値となる2日に示現した81.87円を意識した展開となった。クロス円も軒並み高となっており、ユーロ円は108.59円、ポンド円は129.54円まで買われている。また、資源国通貨も堅調に推移し、豪ドル円は87.11円、NZドル円は67.61円、加ドル円は82.71円まで買われた。もっとも、レンジ自体は限定的で積極的にポジションを傾けるような動きには至らなかった。
     一方、ドルストレートは方向感なくもみ合い。この後、NYタイムに雇用統計を控えていることもあってか限定的な動きにとどまり、ユーロドルは1.32ドル後半、ポンドドルは1.58ドル前半での小動き。資源国通貨では、豪ドル/ドルは豪貿易収支の結果を受けて1.0617ドルまで売られたものの目立った反応はみられなかった。

    TKY午後=ギリシャ交換結果受けて円買い戻し強まる

     東京タイム午後の為替市場は、ドル円・クロス円が上値を伸ばす動きが先行したが、ギリシャの債務交換の結果を受けてリスクオンの巻戻しが強まった。ドル円・クロス円は午前に発表された中国2月消費者物価指数が2010年9月以来の4%割れとなったことで、同国の預金準備率の引き下げに期待が高まったことから上海や香港の株価指数が堅調となり、日経平均株価が昨年8月1日以来の1万円の大台を回復。こうした地合いがドル円・クロス円の下値を支えた。ドル円は2日高値81.87円を上抜け、81.90円まで上昇して年初の高値を塗り替え、ユーロ円は108.65円、ポンド円は129.60円まで上昇した。株価の動向に敏感な資源国通貨も同様に上値を伸ばし、豪ドル円は87.24円、NZドル円は67.70円、加ドル円は82.75円まで上伸。しかし、ギリシャ政府が債務交換交渉の結果を公表し、債務交換の参加率が85.8%(1720億ユーロの交換申し出)だったことが明らかになると、市場はリスク選好の巻戻しが徐々に優勢に。ギリシャがCAC(集団行動条項)を発動したことで、参加率は95.7%(1970億ユーロ)となったが、CDSクレジットイベント発動の懸念なども台頭し、ユーロドルが1.32ドル半ばの横ばいから1.3224ドルまで下落した動きにあわせて円買い戻しも強まった。ドル円は81.46円、ユーロ円は107.76円、ポンド円は128.64円まで急反落してそれぞれ本日安値を示現するなど昨日のNYタイムからの上げ幅をほぼ帳消しにする動きを見せた。
     こうしたなか、ドルストレートもユーロの下落やリスクオンの巻き戻しを受けて弱含み。ポンドドルは1.5789ドルまで下押し。豪ドル/ドルは豪貿易収支の悪化を受けて下押した1.0617ドルから、中国の預金準備率引き下げへの期待や株価の上昇が押し上げに寄与して1.0665ドルまで反発が先行。しかし他通貨の下落を受けて日通しの安値近辺へ反落して「いって来い」の動きとなった。

  • 2012年03月09日(金)20時11分 ドル円は本日高値近辺へじり高、大台OPも意識されるか
    ドル円は本日高値近辺へじり高、大台OPも意識されるか

     ドル円は81.85円近辺までじり高で推移し、本日高値の81.90円に接近している。82.00円には本日NYカットのオプション設定も観測されており、こうしたオーダーも意識されている可能性はありそう。米長期債利回りの動意も鈍いなか、ユーロ円は108.20円台、ポンド円は129円前半まで持ちなおしており、全般的に円売りの流れが見られている。
     20時9分現在、ドル円は81.84円、ユーロ円は108.22円、ポンド円は129.05円で推移。

【DMM FX】ザイFX!限定1取引で10,000円がもらえる!

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 71172人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.32110.85

USDJPY

ユーロ/円-0.05129.31

EURJPY

英ポンド/円-0.30144.50

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
07月24日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門