FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS
  • 2012年05月24日(木)23時04分 ポンドドル、ユーロドルに一時連れ高も上値は伸びず
    ポンドドル、ユーロドルに一時連れ高も上値は伸びず

     一時1.5728ドルまで水準を切り上げたポンドドルは1.57ドル割れへと伸び悩み。ユーロドルに連れ高したものの、ユーロドルを押し上げたユーロ/スイスフラン(CHF)がこの日の高値から押し戻され、ユーロドルの上げも一時的なものにとどまったことが背景。また、米株価指数がさえない値動きとなっていることも、リスク回避圧力につながっており、ドル買いや円買いを誘っている。124.97円まで上昇したポンド円は124.60円付近まで反落。
     23時02分現在、ポンドドルは1.5689ドル、ユーロドルは1.2567ドル、ポンド円は124.58円で推移。

  • 2012年05月24日(木)22時23分 ユーロCHF急伸、ユーロ高の動きが円やドルにも波及
    ユーロCHF急伸、ユーロ高の動きが円やドルにも波及

     ユーロドルは1.2620ドルまで、ユーロ円は100.28円まで上昇し、それぞれ本日の高値を塗り替えた。こう着を続けていたユーロ/スイスフラン(CHF)が、オランダ系や米系、英系などのユーロ買い・CHF売りが入ったとの観測があるなか、1.2010CHF付近から1.20CHF半ばまで急伸しており、円やドルに対してもユーロを押し上げたもよう。
     22時18分現在、ユーロドルは1.2595ドル、ユーロ円は100.07ドル、ユーロ/CHFは1.2044CHFで推移。

  • 2012年05月24日(木)22時12分 欧州後場概況--ユーロ主導
    欧州後場概況--ユーロ主導

    昨日のEU非公式首脳会議はギリシャのユーロ圏残留を希望するがことが確認された。しかしながら、一方でユーロ離脱時のアナウンスもあり、現状は不安定。売り込まれたユーロドルのショートカバーが散見されるも1.26台の上値は重い。来週月曜日が米国の休日となり週末のポジション調整の波乱も考えられ難解。ドル円は79円前半には輸入の売りが下支え、米国経済指数に反応薄、欧州株は堅調。22時12分現在ドル円79.46-47、ユーロ円100.18-20、ユーロドル1.2607-09で推移している。

  • 2012年05月24日(木)22時03分 ユーロドル、1.2621ドルまで上昇 高値更新
    ユーロドル、1.2621ドルまで上昇 高値更新

     22時2分現在、ユーロドルは1.2610ドルで推移。

  • 2012年05月24日(木)21時43分 S&P
    S&P

    ○ギリシャの基本シナリオはユーロ圏残留を見込む

  • 2012年05月24日(木)21時30分 米・4月耐久財
    米・4月耐久財

    米・4月耐久財(前月比)

    前回:-4.2% 予想:+0.2% 今回:+0.2%

     

    米・4月耐久財受注(除輸送用機器)(前月比)

    前回:-1.1% 予想:+0.8% 今回:-0.6%

    米・新規失業保険申請件数

    前回:37.0万件 予想:37.0万件  今回:37.0万件

     

     

  • 2012年05月24日(木)21時28分 独・首相
    独・首相

    ○欧州はれ連携してユーロを守ることが必要○債務危機は投資家の信頼を失わせた

  • 2012年05月24日(木)19時56分 イタリア副総裁
    イタリア副総裁

    ○イタリアはギリシャ離脱に備えあらゆる準備すべき

  • 2012年05月24日(木)19時38分 LDN午前=為替はリスク回避先行も、材料出尽くしで一服感
    LDN午前=為替はリスク回避先行も、材料出尽くしで一服感

     ロンドタイム午前の為替相場はリスク回避先行も、材料出尽くしで一服感。仏5月製造業・サービス業PMI(速報値)が市場予想を下回ったのを筆頭に、独・ユーロ圏とその後発表された欧州の主要経済指標が軒並み弱かったことがユーロ売りを誘い、ドル買い・円買いのなかでリスク回避を促した。また、英1−3月期GDP・改定値も下方修正され、影響は限定的ながらポンドの重しとして機能した。ただ、欧州の経済指標の発表が落ち着くと材料出尽くしにともなう一服感もあり、リスク回避も落ち着く流れとなった。
     ユーロは売り先行。前述した通り、欧州の主要経済指標において市場予想を下回るものが相次いだことから、ユーロは売りが強まる展開に。ギリシャのユーロ離脱への懸念も引き続き尾を引く格好で、ユーロドルは1.2516ドルまで下落し年初来安値を更新したほか、ユーロ円は99.37円まで下げ幅を広げた。また、ユーロポンドも0.8001ポンドまで下落後は小幅なレンジでの上下となり上値は重かった。しかしながら、主要経済指標の発表が落ち着いた後は全般的に持ち直す展開に。欧州株が底堅さを示したことが、ユーロ相場を支えた。
     そのほかのドルストレートも売りが先行。ポンドドルは1.5638ドル、豪ドル/ドルは0.9712ドル、NZドル/ドルは0.7482ドル、ドル/加ドルは1.0283加ドルまでドル買い・他通貨売りが進んだ。その後はユーロドルと同様に底堅さを示すと持ち直し、オセアニア通貨では豪ドル/ドルが0.9791ドル、NZドル/ドルは0.7549ドルまで反発した。
     クロス円も軟調に推移し、ポンド円は124.15円、豪ドル円は77.10円、NZドル円は59.39円まで売られたものの、一巡後はおのおの底堅さを示し持ち直す展開となった。
     ドル円は、クロス円の下落につれて79.35円まで下押す場面は見られたが、限定的な動きにとどまると同水準でのもみ合いに転じ、狭いレンジでの推移となった。
     この後は、引き続きリスク回避にともなう動きに警戒しながらも、米国経済指標に注目。欧州の主要経済指標が市場予想を軒並み下回ったことで、ギリシャに対する懸念と相まってユーロへの下押し圧力が高まっている。NY勢参入後はそうした動きが強まる恐れもあり警戒が必要だろう。そして、あわせて注目しておきたいのが米4月耐久財受注および同新規失業保険申請件数の内容。欧州に注目が集まるなかではあるが、米国経済の動向については来週に米5月雇用統計を控えるなかで注目しておきたいところ。欧州経済の弱さが際立つなかでリスク回避基調については継続しそうだが、米国経済が底堅さを示せれば、米株の上昇などを背景に為替相場においてもドル買い・円買いのリスク回避基調を和らげる材料として意識されそうだ。
     19時36分現在、ドル円は79.37円、ユーロドルは1.2571ドル、ユーロ円は99.80円で推移。

  • 2012年05月24日(木)19時28分 ユーロドル、欧州入りからの下げ幅をほぼ帳消しに
    ユーロドル、欧州入りからの下げ幅をほぼ帳消しに

     ユーロドルは1.2516ドルをこの日の安値に、1.2580ドル近辺までじりじりと水準を回復させている。1.2580ドル近辺は前日NYクローズとほぼ変わらない水準。欧州入りにかけ、ユーロ圏の経済指標が総じて弱い内容となったことで下げ幅を広げる格好となったが、売り一巡後は欧州株の持ち直しにも助けられて、これまでの下げ幅をほぼ帳消しにしている。ユーロ円も99.80円台まで安値から反発している。
     19時26分現在、ユーロドルは1.2577ドル、ユーロ円は99.84円で推移。

  • スマホ取引アプリ刷新のGMOクリック証券!当サイト限定で3000円もらえる

  • 2012年05月24日(木)19時12分 東京為替サマリー(24日)
    東京為替サマリー(24日)

    TKY午前=ユーロが共同債導入に関する見解相違から重い動きに

     東京タイム午前の為替市場では、EU非公式サミット後の首脳発言で、市場が望むユーロ共同債に関して、導入に前向きな国々と消極的なドイツとの溝が埋まらなかったことが明らかとなり、ユーロ売りが先行した。ユーロドルは一時1.2555ドル、ユーロ円は99.73円まで下押した。しかしギリシャのユーロ離脱回避について共通認識を確認した点などでは無難な内容ともいえた。ユーロ共同債について一応は議論が行われたことへの言及や、個別では導入について前向きな発言も聞かれ、下値を大きく売り込んでいくまでの動きにはならなかった。ただ、上値は重く、戻りの勢いは鈍かった。
     一方でドル円は79円半ばの狭いレンジでの推移に終始した。ユーロが売られた場面でユーロ円での円買いが進んだ影響も強く受けず、比較的落ち着いた動きを続けた。他通貨も、対ドルやクロス円でのユーロ売りにつられて上値の重い展開だったが、動意は限定的だった。ポンドドルは1.56ドル後半中心、ポンド円は124円後半で推移。豪ドルは0.97ドル台、豪ドル円は77円台での限られた上下だった。NZドル/ドルも0.75ドル前後、NZドル円は59円後半を中心に小幅な動きだった。

    TKY午後=材料不足で小動き、資源国通貨は底堅い

     東京タイム午後の為替市場は全般的に小動き。欧州懸念を背景にしたユーロ主導の動意は一服。ドル円は79.50円近辺で、日通しの値幅が15p程度と狭いレンジのなかで横ばいが継続。ユーロも上値重いながら上下ともに動意を促す材料に欠け、対ドルは1.25ドル半ば、ユーロ円は100円ちょうどを挟んだ水準でもみ合いとなった。またポンドドルはユーロポンドでのユーロ買い戻しが影響して1.5668ドルまで小幅に水準を下げたが値幅自体は限定的。ポンド円は124円半ばで動意に乏しく推移した。
     こうしたなか、資源国通貨は底堅く推移した。一時8500円の大台を割り込んだ日経平均株価が徐々に下げ幅を縮小させてプラス圏へと水準を切り上げると、豪ドル/ドルは0.97ドル半ば、豪ドル円は77円半ば、NZドル/ドルは0.75ドル前半、NZドル円は59円後半で下げ渋ったが、本邦株価の持ち直し以外の下支えには欠け、こちらも値動きは限られたものにとどまった。

  • 2012年05月24日(木)18時24分 欧州前場概況--経済指数で下振れ
    欧州前場概況--経済指数で下振れ

    ユーロ圏経済指数、独IFO、英国GDP改定値の発表が市場予想を下回ったことでユーロ売りが加熱し昨日の安値を下抜け1.2515付近まで急落、しかしながら1.25のオプションの防戦買いや利益確定の買い戻しで下げ渋る流れ。ユーロ円も99円35銭付近まで売り込まれることとなったが現在はショートカバーで底堅い動きとなっている。欧州株は堅調に推移。ドル円は実需の買いが散見。18時24分現在ドル円79.42-43、ユーロ円99.77-79、ユーロドル1.2565-66で推移している。

  • 2012年05月24日(木)18時10分 欧州の主要株価はプラス圏で推移、ユーロの下支えに
    欧州の主要株価はプラス圏で推移、ユーロの下支えに

     ユーロ圏の景気指標が相次いで弱い内容となったことで、独・英・米の長期債利回りは総じて低下。為替市場においてはドル買い・円買いが強まり、リスク回避一色の展開となった。しかし、欧州の主要な株価指数は下落一巡後にプラス圏へと反発しており、ユーロやポンドの安値からの反発の下支えとなっている。ユーロドルは1.2570ドル近辺、ユーロ円は99.80円前後まで持ち直し、ポンドドルも1.5670ドル付近まで水準を切り上げている。
     18時8分現在、ユーロドルは1.2562ドル、ユーロ円は99.76円、ポンドドルは1.5671ドルで推移。

  • 2012年05月24日(木)17時51分 ユーロは下げ渋る、対ドルは下値確認で小幅に持ち直す
    ユーロは下げ渋る、対ドルは下値確認で小幅に持ち直す

     ユーロは下げ渋る。欧州各国の指標が軒並み市場予想を下回ったことで売られたユーロだが、売り一巡でいったん下げ渋っている。ユーロドルは1.2516ドルまで下落後はもみ合いに。そのほか、ユーロ円は99円半ば、ユーロポンドは0.80ポンド前半で推移しており、戻りは鈍いものの、積極的に下方向を攻める動きは落ち着いている。
     17時51分現在、ユーロドルは1.2541ドル、ユーロ円は99.54円で推移。

  • 2012年05月24日(木)17時30分 英・1Q-GDP・改定値
    英・1Q-GDP・改定値

    英・1Q-GDP・改定値(前期比)

    前回:-0.2% 予想:-0.2% 今回:-0.3%

    英・1Q-GDP・改定値(前年比)

    前回: 0.0% 予想: 0.0% 今回:-0.1%

トルコ政策金利は8.00%と高い! スワップ金利が高いFX会社順に並び替え

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 73419人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

ビットコイン/円-1420.00440220.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+19.90003943.9000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+36.20003346.2000

XBTEUR
Powered by kraken
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
09月25日更新

 
09月25日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門