為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
RSS
  • 2012年11月20日(火)23時50分 ドル円は81.73円まで上昇、4月20日以来の高値水準を示現
    ドル円は81.73円まで上昇、4月20日以来の高値水準を示現

     ドル円は81.73円へ上昇。4月20日以来の高値水準を示現しており、同6日以来の82円の大台も徐々に視野に入ってきている。

  • 2012年11月20日(火)23時05分 ユーロドルは小幅に水準下げる、リアルマネーの売りなど散見
    ユーロドルは小幅に水準下げる、リアルマネーの売りなど散見

     ユーロドルは小幅に水準を下げる。ユンケル・ユーログループ議長が「ギリシャめぐり今夜、最終合意の可能性高い」との発言が伝わった局面で、一時1.2830ドルまで上昇幅を広げた。ただ、同氏は同時に「その確信はない」としたことから、その後は1.2800ドル付近へ反落。「アジア系ソブリンやリアルマネーの売りも観測された」(NY外銀筋)という。

  • 2012年11月20日(火)22時55分 ドル円は81.67円へ上昇、クロス円も上値試す展開に
    ドル円は81.67円へ上昇、クロス円も上値試す展開に

     ドル円・クロス円は上昇。NY勢の本格参入する時間帯に入り円売りが優勢となっており、ドル円・クロス円は上値を試す展開で、ドル円は81.67円まで上昇し昨日高値を更新。クロス円もユーロ円が104.65円、ポンド円は130.01円まで上昇するなど軒並み高となっている。本日、日銀が金融政策を発表し現状維持を決定したが、引き続き緩和期待は持続しているもようで、海外勢を中心に円売りが持ち込まれている可能性もある。

  • 2012年11月20日(火)22時30分 米・10月住宅着工件数など
    米・10月住宅着工件数など

    米・10月住宅着工件数

    前回:87.2万件 予想:84.0万件 今回:89.4万件

    米・10月住宅着工件数(前月比)

    前回:+15.0% 予想:-3.7% 今回:+3.6%

    米・10月建設許可件数

    前回:89.4万件 予想:86.4万件 今回:86.6万件

    米・10月住宅建設許可件数(前月比)

    前回:+11.6% 予想:-2.9% 今回:-2.7%

    カナダ・9月卸売売上高 (前月比)

    前回:+0.5% 予想:+0.5% 今回:-1.4%

  • 2012年11月20日(火)22時24分 ユーロドルは上昇幅広げるも、ユンケル議長の発言で振れる
    ユーロドルは上昇幅広げるも、ユンケル議長の発言で振れる

     ユーロドルは上昇幅を拡大。ユンケル・ユーログループ議長が「ギリシャめぐり今夜が最終合意の可能性高い」と述べたことが伝わったことから、ユーロドルは1.2830ドルまで上昇幅を広げた。また、ユーロ円も104.53円まで水準を上げた。ただ、直後に「ギリシャについて今夜合意できる確信ない」と述べており、反応は限定的なものにとどまっている。

  • 2012年11月20日(火)22時14分 ドル円も伸び悩む、昨日高値の更新はならず
    ドル円も伸び悩む、昨日高値の更新はならず

     ドル円も伸び悩む。クロス円の上昇が落ち着いたこともあって、ドル円は81.59円まで上昇し昨日高値に並んだものの更新はならず、81円半ばでのもみ合いに転じている。ユーロ圏財務相会合が開催されるとあって注目が集まるなかで徐々に動意が鈍くなってきている状況もあるようだ。

  • 2012年11月20日(火)21時51分 ドル円買い継続も、クロス円は伸び悩む
    ドル円買い継続も、クロス円は伸び悩む

     NYタイム入りにかけてはドル円は買いの流れが継続し、81.59円まで高値を更新して昨日高値に並んだ。一方でユーロ円は、ドル円上昇に連れて104.50円まで瞬間上値を伸ばしたものの、ユーロドルが1.28ドル割れまで反落したことが影響して、104.35円付近へ押し戻されている。そのほかでは、加ドル円も81.91円まで水準を上げ4月30日以来の高値をつけたあとは、81.80円付近へ押し戻されている。

  • 2012年11月20日(火)21時50分 欧州後場概況-ドル円クロス円反発
    欧州後場概況-ドル円クロス円反発

    マイナススタートとなっていた欧州株が下げ幅を縮小したことや、スペイン国債入札後、同国利回りが低下したことが材料視され、弱含んでいたユーロが反発。ユーロドルは一時1.2822付近まで上伸、ユーロ円は一時104.50付近まで買われ、それぞれ本日高値を更新。また、ドル円も米株先物のプラス圏浮上や米・長期金利の上昇も重なり一時81.56付近まで上昇し、序盤の安値更新後は一転、本日高値更新となっている。21時50分現在、ドル円81.526-536、ユーロ円104.336-356、ユーロドル1.27998-006で推移している。

  • 2012年11月20日(火)21時18分 ユーロ円、104.50円にバリアOP観測
    ユーロ円、104.50円にバリアOP観測

     ユーロ円の104.50円にはバリア・オプション(OP)が観測されるという。

  • 2012年11月20日(火)21時00分 ユーロ円、昨日高値を上抜く
    ユーロ円、昨日高値を上抜く

     ロンドン正午前、全般に円売りが強まっている。ユーロ円は104.39円まで上昇し、昨日高値104.33円を上抜いた。ポンド円は129.75円、加ドル円は81.76円まで買われている。ドル円も81.40円付近へと水準を切り上げ、本日のレンジ上限と顔合わせ。欧州株式市場や米株価先物に目立った変動はないが、日銀の追加緩和期待を背景にじりじりと円が売られている。

  • 老舗FX会社の外為どっとコムで通常6000円+ザイFX!限定3000円!

  • 2012年11月20日(火)20時24分 LDN午前=方向性の見定めづらい動きに
    LDN午前=方向性の見定めづらい動きに

     ロンドン午前の為替市場は、方向性の見定めづらい展開に。ユーロ圏財務相会合の結果を見極めたいとの思いから積極的な取引が控えられるなか、各通貨ともフロー主導の値動きとなり方向性は定まらなかった。
     ユーロドルは1.28ドルを挟んで上下動。格付け会社ムーディーズが「仏景気見通しが悪化するならさらなる格下げも」との見解を示したことで、仏格下げのニュースが蒸し返されてユーロドルは1.2770ドル台まで反落した。しかし、積極的に下方向を試す手掛かりもなく、売り一巡後はフロー主導で切り返し、1.2823ドルまで本日の高値を更新した。対資源国通貨で買い戻しが進んだこともユーロドルの上昇を後押しした。一方で、資源国通貨の上値は重かった。株価のさえない動きや、対ユーロでの下げが重しとなり、豪ドル/ドルは1.0389ドル、NZドル/ドルは0.8164ドル、ドル/加ドルは0.9978加ドルまで資源国通貨安が進む場面が見られた。
     この間、ドル円は81円前半で横ばい。序盤に日銀総裁の会見で「物価3%は現実的でない」とし、安倍自民党総裁が主張する2−3%の物価上昇率との温度差を手掛かりに円買い戻しが進んだ場面で、81.13円と本日の安値をつけた。ただ、白川総裁は「強力な金融緩和を間断なく推進する」とも述べており、12月の追加緩和への期待をつなげたことから、売り一巡後は81.30円付近まで持ち直した。米長期金利が持ち直したことも、ドル円の下支えとなった。とはいえ他通貨の動意が限られなか、上下の値幅が20bp程度と狭いレンジでの取引だった。クロス円もドル円の動きに連動。ユーロ円は103.67円まで下げた後に104.20円付近まで戻した。
     この後は、米住宅関連指標が発表されることからその結果は一応注目となるが、市場の関心がユーロ圏の財務相会合に集まるなかで、指標結果と予想とのかい離が小さければ、あまり材料とならない可能性はある。その場合は、会合の行方を見極めたいとの思いから、様子見ムードの強い展開が続きそうだ。会合は、日本時間で21日午前1時から開始されるが、通常なら具体的な内容が出てくるのは明日の東京時間早朝の見通し。

  • 2012年11月20日(火)19時41分 ユーロドル強含み、1.2823ドルまで上昇
    ユーロドル強含み、1.2823ドルまで上昇

     ユーロドルは1.2823ドルまで強含み、本日の高値を更新。欧州株式市場に目立った動きは見られないものの、安全資産とされる米10年債は売り優勢となっており、やや楽観的な雰囲気も見て取れる。また、ユーロは資源国通貨に対しても高値を更新しており、仏格下げ後のユーロの下げは帳消しとなっている。ただ、ユーロ圏財務相会合がロンドン午後から行われるなかで、フローは引き続き乏しい。

  • 2012年11月20日(火)19時23分 ドル円、じりじりと水準戻す 81.30円付近
    ドル円、じりじりと水準戻す 81.30円付近

     ドル円はじりじりと水準を戻す展開に。クロス円の下げに合わせて、81.13円まで下押ししたものの、根強い本邦の金融緩和に対する期待を手掛かりに、81.30円付近まで水準を持ち直している。ドル円の上昇に合わせて、ユーロ円も104.20円付近へ水準を戻した。

  • 2012年11月20日(火)18時41分 東京為替サマリー(20日)
    東京為替サマリー(20日)

    TKY午前=仏が最上級格付け失いユーロが急落  

     NYタイム終了直後、格付け会社ムーディーズが仏格付けを「Aaa」から「Aa1」に引き下げたことを受け、東京タイムはユーロが急落して始まった。ムーディーズは仏の財政見通しが不確実とし、見通しをネガティブで据え置いたほか、「同国のGDPは2012年に2−3%縮小、13年は1%縮小から横ばい」との見解を示した。ユーロドルは1.28ドル前半から1.2765ドルまで、ユーロ円は104.30円付近から103.76円まで下落し、前日の海外市場で株高やギリシャ融資に関する楽観的な見通しを受けて上昇した値幅分をほぼ帳消しにした。ただ取引一巡後は下げ渋る展開。本邦株価の続伸やアジア株の底堅い動きに加え、本日のユーロ圏財務相会合でギリシャへの融資実施が暫定的に承認される見通しが下値を支えた。
     ドル円は前日の引け間際の上昇の反動やユーロ円の急落が重しとなってやや軟調。各行の仲値公表後に売りが強まるなど戻りも鈍く、81.26円まで下値を切り下げる場面もあった。また他のクロス円もドル円同様に上値を抑えられ、ポンド円は129.19円、豪ドル円は84.52円、NZドル円は66.45円、加ドル円は81.53円まで下押した。
     そのほかでは豪ドル/ドルが豪準備銀行(RBA)議事録での「今後、より一段の緩和が適切になる可能性あると判断」との見通しを受けて1.0420ドル台から1.0400ドル近辺へ下押すなどレンジ内で上下したが、先日公表された四半期金融政策報告書で来年の成長見通しが下方修正されていたことから、議事録での緩和スタンス維持はある程度織り込まれていたようで、値幅は限定的だった。またNZドル/ドルは0.81ドル後半、ドル/加ドルは0.99加ドル半ばを中心とした小動き。仏格付け引き下げを受けたリスク回避的な動きが上値を抑えたが、対ユーロでの強含みが支えとなって下げ幅も限られた。

    TKY午後=ユーロ下げ渋り、日銀会合に円相場の反応限定  

     午後の東京為替市場では、ユーロが底堅い動き。ムーディーズによる仏格下げ後、ユーロドルは1.2765ドルまで下落したが、東京午後に入ると1.28ドル台を回復する場面もあり、ユーロ圏臨時財務相会合に対する期待感がユーロを下支えしている。本日のユーロ圏財務相会合では、ギリシャに対する次回融資実施が暫定的に承認される見通し。また、ギリシャの債務削減方法についても協議される予定で、民間部門が保有するギリシャ債の半分をさらに元本減免して買い戻す案などが報じられている。日銀金融政策決定会合では、市場の大方の予想通りに現行の金融政策が維持され、為替市場の反応は限定的だった。
     ユーロドルは一時1.2810ドル付近まで戻した。仏格下げを欧州勢が蒸し返す可能性はあるものの、ユーロ圏財務相会合を控えて一方的には動きにくくなっている。ユーロ円も103.76円まで軟化した後は一時104.10円付近まで切り返した。
     円相場は小動き。自民党が政権復帰後、日銀法改正を検討していると報じられていることで引き続き円安圧力がかかっているものの、円売りの動きは限定的。ドル円は、日銀が資産買い入れ等基金を現行の91兆円に据え置いたことで81.14円まで下押したが、円買いの反応は一時的。クロス円もやや円高に振れた後は値動きは乏しく、ポンド円は129円前半、豪ドル円は84円半ば、NZドル円は66円半ばで推移している。このほか、オセアニア通貨も対ドルで方向感が乏しく、豪ドル/ドルは1.04ドル前半、NZドル/ドルは0.81ドル後半でもみ合い。ポンドドルはユーロドルが下げ渋ったことを受けて1.59ドル前半で底堅さもあるが、値幅は狭い。

  • 2012年11月20日(火)18時27分 欧州前場概況-追加緩和期待剥落
    欧州前場概況-追加緩和期待剥落

    早出欧州勢参入後、白川日銀総裁が会見にて日銀に対する行き過ぎた政治介入への否定的な発言が伝わると、マーケットは株安・円買いで反応。ドル円は再び81.30付近から81.14付近まで弱含んだほか、クロス円ではユーロ円が一時103.66付近まで下振れ、豪ドル円が一時84.35付近まで値を下げるなどドル円クロス円は軒並み本日安値を更新。安値更新後の押し目では買いが散見されるものの、戻り局面では売り圧力の強い展開となっている。18時27分現在、ドル円81.293-303、ユーロ円104.088-108、ユーロドル1.28023-031で推移している。

【DMM FX】ザイFX!限定1取引で10,000円がもらえる!

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で8000円! インヴァスト証券[シストレ24]

インヴァスト証券[シストレ24]

通常最大1万円に加えてザイFX!限定でさらに8000円+今ならダイヤモンドZAi12月号別冊付録

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

4年連続でFX取引高世界第1位を達成! ザイFX!限定3000円キャッシュバック

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30113.87

USDJPY

ユーロ/円+0.10121.16

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00411.0641

EURUSD
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[標準取引](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★10,000円キャッシュバック

    ・DMM.com証券[DMM FX](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
01月16日更新









ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門