FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS
  • 2013年08月30日(金)23時59分 ユーロドルは8/2以来の安値、ユーロ円の下げも圧迫要因
    ユーロドルは8/2以来の安値、ユーロ円の下げも圧迫要因

     ユーロドルは観測されたいた厚めの買いをこなして1.3188ドルまで下げ幅を広げた。これは8月2日安値と同水準。フィックスでのドル買い需要がうわさされるなかで、軟調な展開が続いている。円買い・ユーロ売りが続いていることもユーロドルを圧迫。シリア情勢が週末に悪化するリスクもあり、流れやすい方向は円高・ドル高のようだ。

  • 2013年08月30日(金)22時55分 米・8月ミシガン大学消費者信頼感指数
    米・8月ミシガン大学消費者信頼感指数

    米・8月ミシガン大学消費者信頼感指数

    前回:80.0 予想:80.5 今回:82.1

  • 2013年08月30日(金)22時45分 米・8月シカゴ購買部協会景気指数
    米・8月シカゴ購買部協会景気指数

    米・8月シカゴ購買部協会景気指数

    前回:52.3 予想:53.0 今回:53.0

  • 2013年08月30日(金)22時29分 ドル円は引き続き小動き、動意は期待しづらい
    ドル円は引き続き小動き、動意は期待しづらい

     ドル円は98.20円付近で小動きを続けている。来週月曜日のNY市場が休場となることから、この後発表される米シカゴPMIや米ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値の発表を通過すれば、一段と動意が乏しくなりそうな雰囲気だ。98円ちょうどのバニラオプションの償還規模が大きく話題のなかにあるが、カバーがすでに終わっていると考えるほうが妥当で、NYカットと伴に動意付くとは思えない。

  • 2013年08月30日(金)22時11分 ユーロドル下押し、連休控えてユーロの持ち高調整継続
    ユーロドル下押し、連休控えてユーロの持ち高調整継続

     ユーロドルは1.3214ドルまで下押し、昨日安値1.3219ドルをやや下回っている。米個人所得・支出の伸びは弱かったものの、今週半ばからはユーロの持ち高調整が続いており、本日もその波のなかにあるようだ。ユーロ円も130円前半から129.70円付近まで重くなっている。ただ、いずれもテーマ性のあるような値動きには見えず、NY市場の3連休を念頭においた展開といえる。

  • 2013年08月30日(金)21時37分 米経済指標発表後、ドル円は小幅に下押すも限定的
    米経済指標発表後、ドル円は小幅に下押すも限定的

     米7月個人所得などが発表され総じて市場予想を下回ったことから、為替相場ややドル売りで反応したものの影響は軽微なものにとどまっている。ドル円は98円前半、ユーロドルは1.32ドル前半で推移し、米10年債利回りは発表後に低下したものの、こちらも動意は乏しい。

  • 2013年08月30日(金)21時30分 米・7月個人所得など
    米・7月個人所得など

    米・7月個人所得(前月比)

    前回:+0.3% 予想:+0.2% 今回:+0.1%

    米・7月個人消費支出PCE (前月比)

    前回:+0.5% 予想:+0.3% 今回:+0.1%

    米・7月個人消費支出(コア・デフレーター食品エネルギーを除く)(前月比)

    前回:+0.2% 予想:+0.2% 今回:+0.1%

    カナダ・2Q-GDP(前期比)     前回:+2.5% 予想:+1.6% 今回:+1.7%

    カナダ・6月GDP(前月比)

    前回:+0.2% 予想:-0.4% 今回:-0.5%

     

  • 2013年08月30日(金)21時00分 南ア・7月貿易収支
    南ア・7月貿易収支

    南ア・7月貿易収支

    前回: -77億ZAR 予想: -90億ZAR 今回:-142億ZAR

     

  • 2013年08月30日(金)20時45分 欧州後場概況-ユーロ売り一巡後は小動き
    欧州後場概況-ユーロ売り一巡後は小動き

    序盤からのユーロ売りが一巡すると材料不足から全般が小動き。ユーロドルは1.32半ばで揉み合い、ユーロ円は130円を挟んで売り買いが交錯するなどユーロは更に下値を探る展開には至らず落ち着いた状況。また、ユーロ円の下落につれ安となっていた他クロス円も下値の堅さを確認するとやや反発。ドル円も一時的に98円を割り込んだものの、98円20銭前後の東京時間引け際の水準に値を戻している。午後8時45分現在、ドル円98.246-256、ユーロ円130.101-121、ユーロドル1.32419-427で推移している。

  • 2013年08月30日(金)20時19分 LDN午前=ユーロは要人発言で売りに傾斜も、全般的には小動き
    LDN午前=ユーロは要人発言で売りに傾斜も、全般的には小動き

     ロンドンタイム午前、ユーロは要人発言で売りに傾斜も全般的には小動き。シリア情勢に関しては、国連の査察団がシリアを出国するとされる31日までは新たな進展はなさそうで、本日についても基本的には米量的緩和(QE)縮小関連の材料をメインテーマとした相場になりそうなことから、欧州勢の参入以降もしばらくは為替相場も落ち着いた動きとなった。ただノボトニー・オーストリー中銀総裁が「現在のフォワードガイダンス下において利下げは可能」、「金利はこの先も現在の水準維持かさらに低下へ」と欧州中央銀行(ECB)のさらなる利下げの可能性について言及したほか、「ユーロ圏周縁国には不確実性が存在している」と懸念を示したことが材料視され、ユーロは売りに傾斜する場面がみられた。ただ、積極的に下値を探るような展開ともならず一時的な動きにとどまった。
     ユーロは売りが先行も限定的。前述した通り、オーストリー中銀総裁の発言が材料視され、ユーロドルは1.3222ドル、ユーロ円は129.61円まで下落。また、ユーロポンドも0.8520ポンドまでユーロ売りが進んだ。ただ、一過性の動きにとどまる、ユーロドルは1.3240ドル水準での横ばいとなったほか、ユーロ円は130円ちょうど近辺、ユーロポンドは0.85ポンド台まで反発する展開となった。
     またクロス円については、ユーロ円の下落が重しとなり一時的に売りが優勢となったものの限定的な動きにとどまり、ポンド円は151.89円まで下落後は152円前半での推移に落ち着いたほか、豪ドル円は87円後半、NZドル円は76円前半を中心とした推移で、レンジは限定的だった。ドル円もクロス円の下落が重しとなり97.89円まで下落したものの底堅さを示すと持ち直し、98円前半で推移した。
     ドルストレートも限定的な動き。ポンドドルは1.5477ドルまで下落後は1.55ドルの大台に戻し、豪ドル/ドルは0.89ドル前半、NZドル/ドルは0.77ドル半ばから後半で推移した。

  • 【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

  • 2013年08月30日(金)20時17分 ロンドンタイム午前のまとめ=ECB要人発言がユーロの重しに
    ロンドンタイム午前のまとめ=ECB要人発言がユーロの重しに

    ・オーストリー中銀総裁が欧州中央銀行(ECB)追加利下げの可能性を示唆

    ・(オーストリー中銀総裁発言受け)ユーロは売りに傾斜も下値は限定的

    ・週末要因や様子見ムードから為替相場は全般的には小動き

  • 2013年08月30日(金)20時00分 東京為替サマリー(30日)
    東京為替サマリー(30日)

    東京午前=ドル円98円前半、本邦指標に反応鈍く株安が重し   

     東京タイム午前は、株安を背景に円買いが優勢も値動きは限定的。シリア情勢をめぐって予断を許さない状況に変わりはなく、来週に米雇用統計など重要イベントが予定されているなかで、積極的な取引が手控えられている。東京午前で発表された本邦7月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)は、前年比で市場予想を上回る+0.7%となり、2カ月連続の上昇で2008年以来の高い水準となった。また、7月失業率は3.8%、同有効求人倍率は0.94倍となり、雇用データにも改善が見られた。本邦指標を受けての円相場の反応は見られなかった。ドル円は98.48円まで小幅上昇するも伸び悩み、続伸スタートとなった日経平均がマイナス圏に転じたことを背景に98.07円まで下押した。クロス円もやや上値が重く、ユーロ円は129.96円、ポンド円は152.20円、豪ドル円は87.59円、NZドル円は76.11円まで若干円高が進んだ。また、米4−6月期GDPの上方修正を受けたドル高地合いは緩むも、主要通貨の対ドルでの買戻しは限定的で、ユーロドルは1.32ドル半ば、ポンドドルは1.55ドル前半、豪ドル/ドルは0.89ドル前半、NZドル/ドルは0.77ドル後半での推移となった。
     カーニーBOE総裁の「BOEは必要なら刺激策を供給」、「早期の回復が確認できれば、速やかに利上げへ」との発言が伝わったが、前回の発言とほぼ同じ内容で、ポンドの反応は見られなかった。

    東京午後=為替は方向感なくもみ合い、積極的な売買手控え   

     東京タイム午後の為替相場はもみ合い。シリア情勢に関しては、国連の査察団がシリアを出国するとされる31日までは新たな進展はなさそうで市場の緊迫したムードは緩んでおり、午後は特段目立った材料もなく週末相場の様相もあって動きは緩慢だった。また、シリア情勢がいったんは落ち着いたことで、市場の注目が再び米量的緩和(QE)の縮小に移っていることから、米国経済指標ならびに米連邦準備制度理事会(FRB)の要人発言への警戒から東京タイムで積極的にポジションを傾けにくい環境でもあった。そのほか、日経平均も午後に入ってからは方向感に欠ける展開で小幅なレンジでの推移にとどまるなど、金融市場は全般的に動意に乏しかった。
     ドル円・クロス円は小動き。週末要因ならびに様子見ムードも重なり動意は鈍く、ドル円は98円前半で推移したほか、ユーロ円が130円ちょうど近辺、ポンド円は152円前半、豪ドル円は87円後半と、クロス円も全般的に小動きに徹した。
     またドルストレートに関しても、ドル円・クロス円に動意がないなかでは方向感も出ず、ユーロドルは1.32ドル半ば、ポンドドルは1.55ドル前半で推移。資源国通貨も、豪ドル/ドルは0.89ドル前半から半ば、NZドル/ドルは0.77ドル後半での小動きを続けた。

  • 2013年08月30日(金)18時05分 欧州前場概況-ユーロ売り先行
    欧州前場概況-ユーロ売り先行

    ノボトニー・オーストリア中銀総裁がECB利下げの可能性に言及したことや欧州株価軟調スタートでユーロ売りが先行。ユーロ円は一時129円60銭付近まで下落、ユーロドルが一時1.3222付近まで売られるなど月末要因のユーロ売りも観測されて、ユーロが主要通貨に対して軟調。また、時間外の日経平均先物も弱含みとなっており、リスク回避の円買いでドル円が一時98円割れ、ポンド円が151円90銭付近まで下振れしている。午後6時05分現在、ドル円98.118-128、ユーロ円129.980-000、ユーロドル1.32471-479で推移している。

  • 2013年08月30日(金)18時00分 ユーロ圏・7月失業率など
    ユーロ圏・7月失業率など

    ユーロ圏・7月失業率

    前回:12.1% 予想:12.1% 今回:12.1%

    ユーロ圏・8月消費者物価指数(前年比)   前回:+1.6% 予想:+1.4% 今回:+1.3%

    ユーロ圏・8月消費者信頼感 

    前回:-15.6 予想:N/A 今回:-15.6

     

     

  • 2013年08月30日(金)17時30分 英・7月マネーサプライM4など
    英・7月マネーサプライM4など

    英・7月消費者信用残高

    前回:+5億GBP 予想:+6億GBP 今回:+6億GBP

    英・7月マネーサプライM4(前月比)

    前回:+0.1% 予想:N/A 今回:+0.6%

    英・7月マネーサプライM4(前年比)

    前回:+1.5% 予想:N/A 今回:+1.8%

     

トルコ政策金利は8.00%と高い! スワップ金利が高いFX会社順に並び替え

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 71238人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.16110.96

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00181.1729

EURUSD

南アランド/円-0.028.59

ZARJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
07月24日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門