FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS
  • 2014年04月30日(水)23時02分 豪ドル弱い、対ユーロでの豪ドル売りが進む
    豪ドル弱い、対ユーロでの豪ドル売りが進む

     豪ドルが軟調。対ドルは0.9253ドル、対円は94.68円まで日通しの安値を更新した。ユーロ圏消費者物価指数(HICP)が想定内の伸びとなったことで、欧州中央銀行(ECB)による追加緩和の思惑が後退。ユーロ/豪ドルでユーロの買い戻しが進んでいることが、豪ドルの上値を重くしている。

  • 2014年04月30日(水)22時48分 ドル円は102.35円前後、シカゴPMIは市場予想を上回る
    ドル円は102.35円前後、シカゴPMIは市場予想を上回る

     米4月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想を上回った。直接的な反応は限定的だったが、ドル円は米株価の下値の固さと、米長期金利の低下が一巡したことを支えに102.35円前後へ持ち直している。

  • 2014年04月30日(水)22時40分 ドル円は一時102.20円まで下値拡大、米株価はまちまちに
    ドル円は一時102.20円まで下値拡大、米株価はまちまちに

     ドル円は一時102.20円まで下値を広げ、米GDP発表直後につけた安値を割り込んだ。米株式市場は主要指数が売りを先行させて始まったが、ダウ平均はプラス圏へ持ち直すなどまちまち。強い方向性は確認できない。午後のFOMCを前に模様眺めムードを強める可能性もあるが、目先はドル円の下値への警戒は怠れない。

  • 2014年04月30日(水)22時24分 ドル円の戻り限定、クロス円の一角は安値塗り替える
    ドル円の戻り限定、クロス円の一角は安値塗り替える

     ドル円は米GDP発表後につけた102.24円を安値に下げ止まっているものの、目立った反発もなく重さを引きずっている。豪ドル円は94.72円、加ドル円は93.20円まで安値を更新するなど、リスク回避的な色合いの強い流れが続いている。FOMCの結果公表を控えて一段の動意は見送られる可能性もありそうだが、この後の米株式市場の動き出しをまずは見極めたい。

  • 2014年04月30日(水)22時11分 ポンドドルは高値更新 対ユーロでのポンド安緩和も支え
    ポンドドルは高値更新 対ユーロでのポンド安緩和も支え

     ポンドドルは1.6866ドルまで高値を更新。米GDPのさえない結果を受けたドル売りと、対ユーロでのポンド安の緩和を背景に上げ幅を広げた。ポンド円も172円半ばで下げ渋っている。

  • 2014年04月30日(水)21時50分 米GDP受けてクロス円も重いが、リスク回避ムードは限定
    米GDP受けてクロス円も重いが、リスク回避ムードは限定

     弱い米GDPを受けてドル円が軟化したためクロス円はやや重くなっている。ユーロ円は141.80円付近、ポンド円は172.30円付近まで水準を切り下げた。豪ドル円は94.89円、加ドル円は93.26円まで安値を塗り替えている。ただ、米株価先物は前日水準にとどまっており、嫌気する動きは限定的。
     1-3月期の米GDPの内訳(寄与度ベース)では、個人消費が+2.04%となった一方で、民間投資が-1.01%、純輸出が-0.83%と全体を圧迫した。民間投資に占める在庫投資は-0.57%となっている。

  • 2014年04月30日(水)20時42分 ユーロを筆頭に欧州通貨は堅調
    ユーロを筆頭に欧州通貨は堅調

     注目のユーロ圏消費者物価指数(HICP)の発表をこなしたユーロの買い戻しが継続し、ユーロドルは1.3858ドル、ユーロ円は142.06円まで一段高となっている。ユーロにつられ欧州通貨は底固い動きで、ポンドドルは1.6834ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.8803CHFまでドル安・欧州通貨高が進んでいる。対円でも、CHF円は116.45円まで高値を更新し、ポンド円は172円半ばでしっかり。

  • 2014年04月30日(水)20時15分 ユーロ買い再開、ドル円は102円半ばで戻りが一服
    ユーロ買い再開、ドル円は102円半ばで戻りが一服

     NY朝方、一服していたユーロ買いが再開されており、ユーロドルは1.3846ドルまで水準を切り上げた。ユーロ円は141.98円まで強含み。昨日発表された独消費者物価指数後の下げ幅を埋め戻す動きとなっている。戻りが一服したドル円は102円半ばでもみ合いに。この後発表される米ADP雇用者数や米GDP速報値などを控えて売買が手控えられている。

  • 2014年04月30日(水)19時53分 東京為替サマリー(30日)
    東京為替サマリー(30日)

    ■東京午前=円高、株価も取引一巡後は上昇幅縮める   

     午前の為替市場は円買いが優勢。3月鉱工業生産・速報値が+0.3%と、市場予想+0.5%に届かなかったことが円買いを促した。ドル円が、節目と目される103円を突破できずに失速したことで短期勢の円買い戻しを誘った。日銀の金融政策決定会合前のポジション調整が出た可能性もある。しかし、日経平均株価は後半に上昇幅を縮めはしたが、前日比プラスサイドを維持して推移したことから、円高の勢いはそれほど強まらなかった。また、NZドルはしっかり。NZ経済の底堅さを示す指標結果がNZドル相場を下支えした。NZ3月住宅建設許可は+8.3%と、市場予想+2.0%を大きく上回った。また、NZ4月ANZ企業信頼感は64.8と3月67.3から低下したが、連続利上げの影響は限定的だった。
     ドル円は102.34円まで下げ昨日安値を下回ったほか、ユーロ円は141.27円、ポンド円は172.19円、スイスフラン円は115.79円、加ドル円は93.42円までそれぞれ下げ幅を拡大した。
     一方で、NZドルはしっかり。NZドル/ドルは0.8572ドル、NZドル円は87.92円まで上昇した。NZドル上昇に引っ張られて、豪ドル/ドルも0.9286ドル、豪ドル円は95.26円までレンジ上限を伸ばした。ただ、買い一巡後は円買いの流れに押されてクロス円が下押ししたことで、対ドルでもおのおの伸び悩んだ。その他の通貨は小動き。ユーロドルは1.38ドル前半、ポンドドルは1.68ドル前半で推移した。

    ■東京午後=日銀は物価目標達成の見込み示し、やや円買い   

     東京午後の為替市場では、小動きながら午前の円高の流れが継続。日銀金融政策決定会合では、「マネタリーベース年間60兆-70兆円増加の方針」を維持することが決定した。消費増税の影響は想定内の範囲で、現状の金融政策の変更を迫る兆候は出ていないと判断したもよう。据え置きがコンセンサスとなっていたことから、為替市場での反応は限定的となった。注目された日銀展望レポートでは、15年度の物価上昇率は従来通りの+1.9%とし、新たに追加した16年度の物価上昇率は+2.1%と予想。日銀のシナリオに沿った見通しが示された結果となり、円買いがやや優勢となった。ドル円は102.28円までレンジ下限を拡大した。クロス円も値幅は限られながら軒並み安値更新の動きで、ユーロ円は141.13円、ポンド円は171.94円、豪ドル円は94.94円、NZドル円は87.54円まで下押した。
     ドルストレートは動意が鈍い。ユーロ圏4月消費者物価指数(HICP)の発表を控え、ユーロドルは1.38ドル大台を割り込み、1.3797ドルまで弱含んだ。ただ、欧州中央銀行(ECB)が追加緩和に踏み切ったとしてもその効果は薄いと見ている市場関係者は多く、ユーロの底固い動きは続きそうだ。ポンドドルも1.6808ドルまで安値を更新。一方のオセアニア通貨は午前の堅調地合いを維持し、豪ドル/ドルは0.92ドル後半、NZドル/ドルは0.85ドル半ばでしっかり。

  • 2014年04月30日(水)19時40分 ■LDN午前=ユーロ底堅い、ユーロ圏インフレ率は想定内
    ■LDN午前=ユーロ底堅い、ユーロ圏インフレ率は想定内

     ロンドン午前はユーロがしっかり。注目されたユーロ圏4月消費者物価指数(HICP)・速報値は前年比+0.7%と市場予想の伸びに届かなかったが、昨日の弱い独消費者物価指数からすると想定内だった。ユーロ売り一巡後は買い戻しが入り、1.38ドル割れでの底堅さがあらためて印象付けられた。ユーロ圏HICPはディスインフレ傾向を続けているものの、来週の欧州中央銀行(ECB)理事会で利下げや不胎化オペの停止など追加緩和が早急に決定されるような結果ではないと受け止められたようだ。
     円相場は日銀の展望リポートや黒田日銀総裁の会見をこなした後、円買いが後退。黒田日銀総裁は追加緩和に関してこれまでどおり言質を与えず、展望リポートや総裁の会見内容に手がかりは乏しかった。
     ユーロドルは1.3771ドルまで下げた後、1.3838ドルまで反発。ユーロ円は141.13円の安値から141.92円まで切り返した。ユーロ圏HICPを嫌気したユーロ売りは一時的。
     ポンドドルは1.68ドル前半で小動き。NYタイム以降も注目イベントが続くため模様眺めムードが強い。
     ドル円は102.60円付近までじりじりと戻している。東京タイムでの下げ幅をほぼ帳消しにした。ポンド円は172.50円付近、加ドル円は93.60円付近で戻り歩調を続けている。
     オセアニア通貨は対円・対ドルでもみ合い。豪ドル/ドルは0.9296ドルまで上昇後に伸び悩み。NZドル/ドルは0.85ドル半ばでこう着。豪ドル円は95円前半、NZドル円は87円後半で方向感が薄い。

  • トルコ政策金利は8.00%と高い! スワップ金利が高いFX会社順に並び替え

  • 2014年04月30日(水)19時35分 LDN序盤まとめ=ユーロ圏HICPは想定内、ユーロ底堅い
    LDN序盤まとめ=ユーロ圏HICPは想定内、ユーロ底堅い

    ・ユーロ圏HICPは市場予想に届かなかったが想定内

    ・ユーロ売り一巡後、ユーロは反発の動きに

    ・黒田日銀総裁の会見をこなして円買い後退、視線は米GDPやFOMCに

  • 2014年04月30日(水)19時00分 ドル円・クロス円は戻り歩調を継続
    ドル円・クロス円は戻り歩調を継続

     ドル円は102.60円付近までじりじりと戻している。東京タイムでの下げ幅をほぼ帳消しにした。大阪225先物は80円高の14300円でしっかり。ポンド円は172.50円付近、加ドル円は93.60円付近で戻り歩調を続けている。

  • 2014年04月30日(水)18時38分 ユーロ円は141円後半、ECB理事会に向けた警戒感和らぐ
    ユーロ円は141円後半、ECB理事会に向けた警戒感和らぐ

     ユーロドルは1.3834ドル、ユーロ円は141.83円まで反発後、ユーロ買いが落ち着きつつある。ユーロ圏消費者物価指数(HICP)は総合・前年比で市場予想の伸びをやや下回ったが、昨日の独消費者物価指数からすると想定内の結果だった。ユーロ圏のHICPは依然ディスインフレ傾向にあるものの、本日の結果から欧州中央銀行(ECB)が早急に追加緩和策を打ち出してくるとは想定しにくいこともユーロ買い戻しの背景。

  • 2014年04月30日(水)18時09分 ユーロ圏4月HICP結果発表後に、ユーロは荒っぽい動き
    ユーロ圏4月HICP結果発表後に、ユーロは荒っぽい動き

     ユーロ圏4月消費者物価指数(HICP)・速報値は前年比で市場予想の+0.8%を下回る+0.7%となった。この結果を受けて瞬間的にユーロ売りが先行したものの、ユーロの底固さは変わらずで次第に買い戻しが優勢に。ユーロドルは1.3771ドルまで下押し後に1.3824ドルまで高値を更新し、ユーロ円は141.20円付近から141.60円付近まで水準を切り上げた。

  • 2014年04月30日(水)17時44分 ユーロ圏消費者物価指数の発表を控えてユーロ売り
    ユーロ圏消費者物価指数の発表を控えてユーロ売り

     ユーロドルは1.3787ドルまで下押し。ユーロ圏消費者物価指数の発表を控えて思惑的なユーロ売りが持ち込まれている。昨日発表の独消費者物価指数を受けたユーロ売りも機敏で、月末ながら短期筋の動きは比較的活発なようだ。141.50円付近まで戻していたユーロ円は141.30円付近まで重くなっている。

【DMM FX】ザイFX!限定1取引で10,000円がもらえる!

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 72013人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

限定含めて最大9000円! 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

老舗FX会社の外為どっとコムが米ドル/円スプレッドを0.3銭原則固定に!

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.03109.21

USDJPY

ユーロ/円+0.00128.44

EURJPY

英ポンド/円0.00140.63

GBPJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
08月14日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門