FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS
  • 2016年08月31日(水)21時05分 【まもなく】米・8月ADP全米雇用報告の発表です(日本時間21:15)
    【まもなく】米・8月ADP全米雇用報告の発表です(日本時間21:15)

     日本時間31日午後9時15分に米・8月ADP全米雇用報告(民間雇用者数)が発表されます。

    ・米・8月ADP全米雇用報告
    ・予想:+17.5万人
    ・7月:+17.9万人

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月31日(水)21時01分 【速報】南ア・7月貿易収支は予想を下回り+52億ランド
    【速報】南ア・7月貿易収支は予想を下回り+52億ランド

     日本時間31日午後9時に発表されたは南ア・7月貿易収支は予想を下回り、+52億ランドとなった。

    【経済指標】
    ・南ア・7月貿易収支:+52億ランド(予想:+80億ランド、6月:+125億ランド)

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月31日(水)20時55分 【NY為替オープニング】ADP全米雇用報告で利上げ時期探る
    【NY為替オープニング】ADP全米雇用報告で利上げ時期探る

    ◎ポイント
    ・日経平均株価:16887.40円(前日比162.04円高)
    ・日・7月鉱工業生産指数速報値:前月比0.0%(予想:+0.8%、6月:+2.3%)
    ・独・7月小売売上高:前月比+1.7%(予想:+0.5%、6月:-0.1%)
    ・ユーロ圏・8月消費者物価指数速報値:前年比+0.2%(予想:+0.3%、7月:+0.2%)
    ・布野日銀審議委員:「量、質、金利とも現段階で限界はみえていない」
    ・(NY市場の材料、日本時間)
    ・21:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁講演
    ・21:00 南ア・7月貿易収支(予想:+80億ランド、6月:+125億ランド)
    ・21:15 米・8月ADP全米雇用報告(予想:+17.5万人、7月:+17.9万人)
    ・21:30 カナダ・6月GDP(前月比予想:+0.4%、5月:-0.6%)
    ・21:30 カナダ・4-6月期GDP(前期比年率予想:-1.5%、1-3月期:+2.4%)
    ・22:45 米・8月シカゴ購買部協会景気指数(予想:54.0、7月:55.8)
    ・23:00 米・7月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.7%、6月:+0.2%)

     31日のニューヨーク外為市場では、米国の8月雇用統計(2日発表予定)の先行指標とされる8月ADP全米雇用報告(民間雇用者数)の発表をメイン材料として、連邦準備理事会(FRB)の年内利上げの可能性や時期とともにドル相場の方向性を探ることになる。

     米国の8月ADP全米雇用報告については、今回17.5万人増と予想されており、ほぼ7月並みの増加が見込まれている。前回の7月まで3カ月連続で拡大中。この指標の良し悪しで米労働省が2日(金)に発表する8月雇用統計へのイメージがほぼ出来上がり、それをある程度織り込む動きに移って行く。ただ、ADP下振れでもドルは基本的に底堅いイメージが続く。そのほか、8月シカゴ購買部協会景気指数、7月中古住宅販売成約指数の発表も材料になる。

     また、経済指標ではないが、米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)の発表も注目される(23:30)。今回は米国内の原油在庫や、オクラホマ州クッシング(原油先物の受け渡し拠点)の在庫が増加すると予想されており、NY原油先物の下押し圧力になる可能性がある。原油安になれば、株安となり、米国債が買われ(利回り低下)、ドル売り・円買いになりやすい状況が警戒される。

    ・ドル・円103円27銭、ユーロ・ドル1.1135ドル、ユーロ・円114円99銭、ポンド・ドル1.3133ドル、ドル・スイス0.9842フランで推移している。

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月31日(水)20時49分 【NY市場の経済指標とイベント】:8月31日
    【NY市場の経済指標とイベント】:8月31日

    [欧米市場の為替相場動向]

    ・日本時間
    ・21:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁講演
    ・21:00 南ア・7月貿易収支(予想:+80億ランド、6月:+125億ランド)
    ・21:15 米・8月ADP全米雇用報告(予想:+17.5万人、7月:+17.9万人)
    ・21:30 カナダ・6月GDP(前月比予想:+0.4%、5月:-0.6%)
    ・21:30 カナダ・4-6月期GDP(前期比年率予想:-1.5%、1-3月期:+2.4%)
    ・22:45 米・8月シカゴ購買部協会景気指数(予想:54.0、7月:55.8)
    ・23:00 米・7月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.7%、6月:+0.2%)

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月31日(水)20時16分 訂正:ドル円高値圏、ユーロ円やポンド円は上値拡大
    訂正:ドル円高値圏、ユーロ円やポンド円は上値拡大

    【タイトルの一部を訂正します】

     ドル円は103.30円前後と、約1カ月ぶりの高値圏で堅調を維持。ユーロ円は115.11円、ポンド円は135.77円までレンジ上限を拡大させるなど、円安地合いが継続している。NY序盤には米8月ADP全国雇用者数の発表が予定されている。

  • 2016年08月31日(水)20時10分 東京為替サマリー(31日)
    東京為替サマリー(31日)

    ■東京午前=小動きも、ドル円は103円前半で上値模索

     東京午前の為替相場で、ドル円は小幅ながら上値模索の動きが継続。102円後半で底堅さを確認したドル円は103.23円まで約1カ月ぶりの高値を塗り替えた。日経平均の堅調な動きも円売りを支援。クロス円も底堅い動きで、ユーロ円は114.97円、ポンド円は134.95円、豪ドル円は77.59円、NZドル円は74.67円までやや買いが先行した。

     週末の米雇用統計の発表を控え、ドル高・円安基調が続いており、海外市場で進んだドル高の反動は限定的。ユーロドルは1.1160ドル、ポンドドルは1.3110ドル、豪ドル/ドルは0.7533ドル、NZドル/ドルは0.7251ドルまでわずかにドル高の巻き戻しが入った。

     新潟で講演した布野日銀審議委員は、物価安定目標の実現への道筋はなお道半ばであり、量・質・金利の3つの次元の緩和手段をすべて動員し、金融緩和を推進していくと述べた。また、日銀の2%物価目標達成する時期は原油価格の上昇を前提に、2017年度中になるとの見通しを示した。

    ■東京午後=ドル円は高値もみ合い、ドルの上振れ局面が継続

     東京タイム午後、全般的に値動きが乏しかったものの、ドル円は昨日からの高値圏を引き継いで103円ちょうど前後で推移した。週末の米雇用統計が9月の米追加利上げの有無を決めるというムードがあるなかで、市場参加者が確信を得るだけの結果が得られるのかはかなり不透明であり、東京タイムのように思惑が偏らない時間帯はこう着感が強い。

     ユーロ円は115.00円までじり高となり、約1カ月ぶりの高値をつけた。ポンド円は135.13円、加ドル円は78.78円、NZドル円は74.71円までしっかりと推移。日経平均株価は大引けにかけて上げ幅を拡大した。

     ユーロドルは1.1162ドル、ポンドドルは1.3117ドル、NZドル/ドルは0.7254ドルまで小幅高。ドル高に小口の調整が入っている。

  • 2016年08月31日(水)19時59分 韓国ウォンは弱含み、THAAD配備で対中貿易を危惧
    韓国ウォンは弱含み、THAAD配備で対中貿易を危惧

    [欧米市場の為替相場動向]

    米国と韓国は先月、高高度防衛ミサイルシステム「THAAD」の在韓米軍への配備を決めた。北朝鮮への弾道ミサイル防衛が主な狙いだが、朝鮮半島の安全保障をめぐり日米と中国の対立に発展しかねない。中国は韓国に対して不満を強めており、両国間の貿易は今後縮小が見込まれる。中国依存度の高い韓国経済にとっては打撃となろう。韓国は9月1日午前、8月の貿易収支を発表する予定で、対中輸出の落ち込みをきっかけにウォン売りが強まる可能性はあろう。ドル・ウォンは、米利上げ観測再燃で前週の1095.90ウォンから足元は1120.10ウォンまで上昇(ウォンは下落)している。

    ここまでのドル・円は103円09銭から103円28銭、ユーロ・円は114円89銭から115円06銭、ユーロ・ドルは1.1131ドルから1.1151ドルで推移した。

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月31日(水)19時43分 ■LDN午前=ドル円・クロス円底堅く推移、ポンド強含み
    ■LDN午前=ドル円・クロス円底堅く推移、ポンド強含み

     ロンドンタイム午前は、ドル円・クロス円が底堅く推移した。今週末に米雇用統計を控えるなか、ローゼングレン米ボストン連銀総裁が「低金利はリスク無しで維持できない」、「労働市場は完全雇用に近い」などと発言したこともあり、市場は米国の早期利上げ期待を維持している。米10年債利回りは一時1.583%まで上昇した。

     ユーロ圏8月消費者物価指数(HICP)・速報値は前年比+0.2%と、市場予想の同+0.3%を下回り、ユーロ圏のインフレが伸び悩んでいることを示した。

     ドル円は102.34円、ユーロ円は115.10円、豪ドル円は77.68円、加ドル円は78.86円まで上値を広げた。ポンド円は135.75円まで上昇し、1日以来の高値をつけた。NZドル円は74.88円まで上値を伸ばして、7月29日以来の高値を示現した。

     ポンドは対ドルでも強含み、ポンドドルは1.3158ドルまで上振れた。ユーロポンドでポンド買いが強まったことから、対ドルでもポンド高が進んだ。ポンドドルの上昇も影響して、ドルは主要通貨に対して上値重く推移。ユーロドルは1.1130ドルを安値に持ち直し、豪ドル/ドルは0.7501ドルで下げ渋った。NZドル/ドルは0.7258ドルまで上値を広げた。

  • 2016年08月31日(水)19時37分 LDN序盤まとめ=ドル円・クロス円底堅い、ポンドが堅調
    LDN序盤まとめ=ドル円・クロス円底堅い、ポンドが堅調

    ・ドル円は103円前半で底堅く推移

    ・クロス円も総じてしっかり、ポンド円は1日以来の高値に

    ・ユーロ圏8月消費者物価指数は予想下回る、ユーロ圏のインフレは伸び悩み

  • 2016年08月31日(水)18時34分 31日の豪ドル・円概況:対円レートは底堅い動き、日・中の株高を意識した豪ドル買い
    31日の豪ドル・円概況:対円レートは底堅い動き、日・中の株高を意識した豪ドル買い

     31日の豪ドル・円は底堅い動きを見せた。ドル円・相場が円安方向に振れたことから、対円レートは一時77円68銭まで上昇。豪ドル・ドルの取引でも豪ドル買いのフローが観測された。日本、中国本土の株高も材料視されたようだ。

    ・豪ドル・円の取引レンジ:77円32銭−77円68銭。

    ■今後のポイント
    ・77円台前半で豪ドル買い興味残る
    ・投機的な豪ドル売りはやや縮小

    Powered by フィスコ
  • トルコ政策金利は8.00%と高い! スワップ金利が高いFX会社順に並び替え

スマホ取引アプリ刷新のGMOクリック証券!当サイト限定で5000円もらえる

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75113人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
SBI FXトレード

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.10112.02

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00531.1736

EURUSD

南アランド/円-0.047.98

ZARJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
11月17日更新




 
11月06日更新



ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門