ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

DMM.com証券[DMM FX]ではザイFX!限定4,000円が1取引でもらえる!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

「逆張りの2月」に米ドル高は進むのか?
そのカギは米金利とユーロが握っている!

2011年02月01日(火)15:19公開 [2011年02月01日(火)15:19更新]

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■1月の米ドル高伸び悩みはトリシェ発言のためだった

 米国の金利とともに、2月の為替相場のカギを握るのは、ユーロ/米ドルの動きでしょう

 1月に米ドル/円での米ドル高が伸び悩み、出鼻をくじかれる形となったのは、「資料5」のように、ユーロ/米ドルで「米ドル高・ユーロ安」期待が裏切られ、逆に大きく「米ドル安・ユーロ高」へと反転したことが大きかったでしょう。

資料5

 このように米ドル高から米ドル安へ、ユーロ安からユーロ高へと大きく反転したのは、欧米の金融政策に対する見方の影響が大きかったと思います。

 1月中旬のトリシェECB(欧州中央銀行)総裁の発言をきっかけに、ECBの利上げが早ければ年内にも実施されるとの見方が広がったのです「米国より欧州が先に利上げするとの見方は疑問。ユーロ逆襲には自ずと限界がある!」を参照)

■利上げの順番は「英国→ユーロ圏→米国」なのか?

 1月に入ってから、利上げ見通しが早まったのはECBだけではありません。

 同じ欧州でも、英国の中央銀行であるBOE(イングランド銀行)では、利上げを支持するメンバーが、直近の理事会で2人まで増えてきたことなどから、早ければ、2011年前半中の利上げ予想も出てきました

 先進国サークルは「G7」と呼ばれますが、その中で、カナダだけが2010年中に利上げへと転換しました。それ以外の国では、2008年の「100年に一度の危機」以降、利上げへの転換が実現していません。

 しかし、カナダ以外の先進国についても、この2011年から2012年にかけての利上げへの転換予想が出始めました。これをまとめたのが「資料6」ですが、日米欧先進国の中で利上げが早い順番は、英国、ユーロ圏、米国といった感じになっています

資料6

 これが最近の為替相場にも反映され、英ポンド高、ユーロ高、米ドル安となり、1月に米ドル高が伸び悩む一因となったのだと思います。

 それでは、この先進国の利上げ予想の順番に沿って、日本以外の先進国で米国の利上げが遅くなり、米ドルがなかなか上昇しないということになるのでしょうか?

2月に米ドル高に戻れるか、ユーロの動きが大きく左右する

 BOEはともかく、ECBの利上げがFRB(米連邦準備制度理事会)よりも早そうといった見方が拡大してきたのは、米国に比べて欧州のインフレ懸念を示すデータが多くなってきたことも挙げられるでしょう。

 昨年からの欧州財政危機が終息しない中でも、世界最強のインフレファイターである独連銀、BUBAの流れをくむECBが、インフレ懸念の台頭する中で利上げに踏み切るとの見方が広がってきました。

 ただ、実際問題として、欧州の財政危機はまだくすぶっています。「資料7」で欧州の信用リスクを示す「欧州CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)指数」を見ると、1年前の信用回復にはまだほど遠い状況です。

資料7

 このように見てくると、ユーロの命運は、ECBの利上げと欧州財政危機に伴う信用悪化の綱引きになっていると思います。

 1月に米ドル/円での米ドル高の出鼻がくじかれたのは、「ユーロ高・米ドル安」への急反転の影響が大きかったと思いますので、その意味では、2月に米ドル高基調に戻れるか、ユーロの動きが大きく左右すると言えそうです。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2811人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110661人 ザイFX!のtwitterをフォローする

外貨ex byGMO[外貨ex]
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)