ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金3000円がもらえる!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

歴史的安値更新のあとに協調介入。
米ドル/円の売りは一時撤退するべき

2011年03月23日(水)13:15公開 [2011年03月23日(水)13:15更新]

【ザイFX!からの口座開設者限定】超お得!!なタイアップキャンペーンを一覧で公開!

  米ドル/円のショート(売り持ち)は、一時撤退するべきと考える。

 ポジションをスクエア(=ポジションなし)にすることがセオリーと考える。

 リスクはあるが、G7による「米ドル買い・円売り介入」に期待して、「米ドル買い・円売りポジション」を持つことも可としよう(やりたいのならばやっても構わない、といった程度の意味だが…)

 「米ドル買い・円売りポジション」を持つ場合は、3月18日(金)に介入が実施された水準、79円台前半を割り込むところにストップ・ロスを置けばよいだろう。

 具体的には、78.80円近辺にストップ・ロスを置けばよい、と考える。

 今回の協調介入が、単に急激に進んだ円高を、一時的に抑え込むことが目的で、米ドル/円の相場水準を押し上げることを意図していない場合は、「米ドル買い・円売りポジション」はうまくいかず、ストップがついてしまう可能性がある。

 つまり、あくまでも本来的なセオリーはスクエア(=ポジションなし)。今は、次の展開に備えるべきところ、と考える。

■「はらみ」のセオリーは現時点ではまだ使えない

 以下の「米ドル/円(USD/JPY)日足チャート」をご覧いただきたい。参考までに前ページのものより、もう少し期間の短い180本足(=180日)のチャートを掲載した。

 直近の値動きは、その急落の仕方も激しいが、協調介入によるリバウンド(反発上昇)も同様にかなり激しい。

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

 直近の値動きでは、83円台前半から、歴史的最安値76.25円まで急落し、その後の2日間の値動きが、いわゆる「はらみ」(※)になっている。

「はらみ」の場合は、高値を上に抜けたら「買い」、安値を下に抜けたら「売り」がセオリーだ。

 しかし、具体的に考えると、83.50~60円レベルが来たら「買い」、76.00~10円レベルが来たら「売り」ということでは、実際の相場では「使えない戦術」と言える。

 これをさらに詳しく説明すると、本当に83.50~60円レベル、または76.00~10円レベルが来たらセオリーどおりに対応すればよいのだが、「現時点の80円台~82円台程度のときに何をすべきか?』を示唆できないという意味で、「使えない戦術」と言っている。

 次に述べるように、週足チャートだけを見ると、米ドル/円相場のトレンドに変化はない。つまり、週足チャートを見る限りでは、現時点でトレンド転換の可能性は発見できない。

 しかし、上記のとおり、今回の協調介入の意図を考え、今後のトレンド転換の可能性を思索する必要はあるだろう。

(※編集部注:「はらみ」とは前日の値動きの範囲よりも狭い範囲に翌日の値動きがおさまっている状態のこと)

■レジスタンス・ラインを超えるかどうか? それが問題だ

 今度は「米ドル/円(USD/JPY)週足チャート」をご覧いただきたい。これは300本足(=300週)のチャートとなっている。

 このチャートでは、現在のレジスタンス・ラインを【緑の破線(太線)】で示している。

米ドル/円 週足(クリックで拡大)

 米ドル/円は、2007年6月から現在に至るまで、ずっと、このレジスタンス・ライン【緑の破線(太線)】に従ってきた。

 だから、週足チャートを見る限りでは、米ドル/円のトレンドは「米ドル安・円高トレンド」で変わっていないことになる。

 また、上のチャートで【緑の破線(細線)】は、【緑の破線(太線)】の平行線となっている。

 「米ドル/円の値動きが長期にわたり、2本の平行線の内側にある」ということは、すなわち、「米ドル/円が【緑の破線】のレジスタンス・ラインの傾きに従って、一定のスピードで下落を続けている」と断言できる、ということだ。

 米ドル/円の週足チャートを見れば、今回の米ドル/円下落の起点は2007年6月の高値124円台だ。

 米ドル/円は、2007年6月の高値124円台から、3年半以上に渡り、このレジスタンス・ラインの傾きに従って、一定のスピードで下落を続けている。

 3月18日(金)にG7での協調介入の合意が発表されたことで、反転の兆し(=トレンド転換を示唆するシグナル)の可能性が出てきた。

 ただ、週足チャートで明確な反転の兆しと言うには、このレジスタンス・ライン【緑の破線(太線)】を上に抜ける必要を感じる。

 もしも、このレジスタンス・ライン【緑の破線(太線)】を上に抜ける場合は、「買いシグナル」の点灯となる。

(2011年03月23日 東京時間6:30記述)

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2815人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 108002人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクターは白石麻衣さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBIFXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBIFXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ