ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【アイネットFX】ザイFX!限定、ループイフダン取引でAmazonギフト券3,000円分をプレゼント!

バックナンバー

「破竹のユーロ高」はそろそろ一段落か?
最大1.35ドル割れもあり得るそのワケは?

2011年04月12日(火)13:14公開 [2011年04月12日(火)13:14更新]

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 「資料4」でユーロのポジションを見てみましょう。

 相関性の高いWTI原油が「買われ過ぎ」になっているといった意味では当然のようですが、ユーロも「買われ過ぎ」気味になっているようです。

資料4

 ただし、こちらは先ほど見たWTI原油とは異なり、過去最高、空前の買い越しとまではなっていません。

 それでも、リーマン・ショックが起きた2008年以降で初めて買い越しが5万枚を大きく超えており、やはり「買われ過ぎ」気味になっていると言えるでしょう。

利上げ期待もユーロ高を後押ししている

 原油高とともに、ユーロ高を後押ししているのはECBの利上げ観測です。

 先週、ECBは2008年7月以来の利上げに動きましたが、もちろん、これも「ユーロ買い」の材料になっています。

 ちなみに、2008年7月にECBが利上げした局面では、その直後にWTI原油は150ドル手前で天井を打ったのです。これを受けて、原油と相関性の高いユーロも、間もなく天井を打ちました

 そして、それから約2カ月後にリーマン・ショックが起こり、「100年に一度の危機」となったこともあって、原油価格、ユーロともに急落し、暴落したのです。

 今回の場合、私は暴落するとまでは思っていません

 足元の状況は暴落するどころか、この4月の利上げに続いて6~7月にも追加利上げが行われると見込まれていることから、先週の利上げ決定後も「ユーロ高」が続いています。

■「トリシェ・コード」は6月以降の追加利上げを示唆したが…

ECBのトリシェ総裁は、金融政策に関する判断を行う際に3つの「暗号」、「コード」を使い分けていると専門家の間で理解されています。

 よほどのことがないかぎり、翌月に利上げすることを決めている時は「strong vigilance」、逆にまだ当面の利上げを決めていない時は「monitor closely」、その中間は「monitor very closely」です。

先週の利上げ決定後の会見で、トリシェ総裁は「strong vigilance」という言葉を使いませんでした。その意味では、5月の利上げは決めていないということでしょう。

 ただし「monitor closely」ではなく、「monitor very closely」と述べたことから、当面の利上げはないと考えているわけでもないと多くの専門家が受け止め、「ユーロ買い」が続いているのでしょう。

 それでも、先ほどご紹介したように、原油価格、ユーロともに「買われ過ぎ」となっているため、このまま買い続けることが難しくなっている可能性はあります。

 この点を考慮すると、やはり、一段の「ユーロ買い」には限界があるのではないでしょうか?

■ユーロの反落はいつ頃? どこまで下がるのか?

 暴落とはならないまでも、「ユーロ高」が反転した場合、どの程度まで「ユーロ安」になるのでしょうか?

 それを考える上で、次の「資料5」は1つのヒントになると思います。ユーロが「買われ過ぎ」気味になっている一方で、米ドルはかなりの「売られ過ぎ」になっている可能性があるのです。

 この「資料5」は、米ドルの「売られ過ぎ」が本格的な修正へと向かった場合、どれだけ「米ドル高・ユーロ安」になったのかを過去の事例について調べたものです。

資料5

 それによると、米ドルの「売られ過ぎ」の本格修正局面では、「米ドル高」となる一方で、ユーロは4~9%下落していました

 これを今回に当てはめると、ユーロが1.45ドルから反落に転じたとして、最低でも1.4ドル割れに、最大では1.35ドル割れまで反落する計算になります。

 また、米ドルには、「売られ過ぎ」のピークから1カ月程度遅れて、底打ちする傾向があります。

 そこで米ドルのポジションを分析してみると、米ドルの「売られ過ぎ」のピークが3月初めだった可能性がありました。

 それから1カ月後に「米ドル安・ユーロ高」が一巡するならば、米ドルがそろそろ底打ちするタイミングに入っている可能性があるわけです。

FX会社のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2398人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 103609人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後取引で現金3000円がもらえる!

link

ザイFX!限定で5000円!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!スキャルならJFX!

注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
08月10日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 08月06日更新

米ドル安のもっとも大きな要因はトランプ大統領への不信感!?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果