ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

バックナンバー

三角保ち合いを上抜けたユーロ/円だが、
118円のレジスタンスは機能し続けている

2011年07月06日(水)14:12公開 [2011年07月06日(水)14:12更新]

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 ユーロ/円に関して、考え方に変化はない「ユーロの不良債権問題はますます悪化へ。118円の上にストップを置いてユーロ売り!」を参照)

 目先のマーケットは、ギリシャ問題への対応や報道で右往左往している印象がある。

 ギリシャ議会において、6月下旬に780億ユーロの財政緊縮案と財政緊縮の実行に向けた具体的な措置を盛り込んだ法案が採決された。

 仮に、これらの法案が否決された場合は、ギリシャのデフォルト(債務不履行)に直結する可能性が高いと考えていが、結局、法案は通った。

 しかし、法案が可決されても、一時しのぎの対処法に過ぎない。根本的な解決にはならないと考えている。

 つまり、単なる「時間稼ぎ」「問題の先送り」に過ぎないものだ。

 ギリシャは議会の採決を経て、8月までの資金繰りを確保した。だが、ギリシャ問題の解決には、まったくほど遠い状況である。

■ユーロ/円は118.00円を明確に上抜けるまでは買えない

 まずは、ユーロ/円の日足チャートをご覧いただきたい。

 これは180本足(180営業日分)のチャートだ。

ユーロ/円 日足(クリックで拡大)

 総じて見れば、ユーロ/円は目先で、113円台から117円台で上下動を繰り返しているだけだ。

 このような値動きの場合の対応方法を表す格言として、「相場保ち合いとなれば、同数の取り合いなり、逆向かいを可とする」というものがある。

 つまり、目先の「ボックス相場」は113円台ミドルから117円台後半で推移しているのだから、113円台後半では「買い」、117円台ミドルでは「売り」というテクニックとなる。

 ユーロ/円はこれまで、日足チャートに示した青の破線(細線)のレジスタンスラインと赤の破線(細線)のサポートラインによって「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していた。だが、この「三角保ち合い(ウェッジ)」は結果的に、サポートラインを下に割り込んだ。

現在は、新たに赤の破線(太線)で示したサポートラインが機能している

 その後は、青の破線(細線)で示したレジスタンスラインと赤の破線(太線)で示したサポートラインによって「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していたが、今度は、青の破線(細線)のレジスタンスラインを上抜けている。

 このレジスタンスラインを上抜けたことで、弱い「買いシグナル」が点灯したと考えることもできるが、ユーロ/円は引き続き、下限が113円台、上限が117円台後半(118.00円)の「ボックス相場」にある

 したがって、118.00円を明確に上抜けるまでは、「買い」でついて行く気持ちにはなれない。

 また、この日足チャートには、下値で113.00円、上値で118.00円のピンクの破線(水平線)を表示した。

この2本のピンクの破線(水平線)で示した「ボックス相場」に注目するならば、青の破線(太線)のレジスタンスラインを上抜けても、118.00円近辺がレジスタンスになることに変わりはない

現在も「売りシグナル」が継続中で、トレンドは「下落」

 続いて、ユーロ/円の週足チャートをご覧いただきたい。

 これは300本足(300週分)のチャートだ。

ユーロ/円 週足(クリックで拡大)

 ユーロ/円は、2006年半ばから2008年半ばにかけて、下限が149円レベル、上限が170円レベルの「ボックス相場」を形成した。

 この「ボックス相場」は結果的に「ヘッド&ショルダー(※)」を完成させ、その後の大暴落(クラッシュ)の原因となった。週足チャートには、この「ボックス相場」をピンクの水平線で表示している。

 2008年の大暴落(「ヘッド&ショルダー」のクラッシュ)の後、2008年後半から2010年4月まで、ユーロ/円は上限が140円レベル、下限が112円レベルの「ボックス相場」を形成した。週足チャートには、その上限と下限を青の水平線で表示している。

 その後、2010年5月に下限の112.00円を下に割り込んだことで、ユーロ/円は再び「売りシグナル」を発した。「ボックス相場」を下抜けたのだから、さらなる急落があっても不思議ではない状態が続いた。

 しかし、112.00円を割り込んでからのユーロ/円は、2010年4月ないし5月頃から今年の3月28日(月)に至る期間、今度は下限が105円レベル、上限が116円レベルの「ボックス相場」を形成した。週足チャートには、その下限と上限を緑の水平線で表示している。

 そして、3月29日(火)に上限の116.00円を上抜けて、この時点で「買いシグナル」を発した。

 ユーロ/円の大きな下落トレンドを考え、下限の105円を下抜ける可能性が高いと考えていたが、G7(先進7カ国)による協調介入によって相場の流れが変わったのだ。

 だが、116.00円を上抜けて上伸したものの、高値は123円台ミドルにとどまり、改めて上値が重い展開に移行した。

 そして、5月6日(金)にチャートポイントだった116.00円を下に割り込み、一転して「売りシグナル」を発した。

現在も「売りシグナル」が継続しており、トレンドは「下落」となっている

(※編集部注:「ヘッド&ショルダー」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダー」と呼び、仏像が3体並んでいるように見えるため「三尊」と呼ぶこともある)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 102579人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社
スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

取引コストが安い! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

取引ツールも充実! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!スキャルならJFX!

link

ザイFX!限定で3000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後取引で現金3000円がもらえる!

注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 06月04日更新

世界中がMMTを社会実験。コロナバブルは弾けない!!




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
06月01日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果