ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

金急落やスイスフラン安は安全資産バブル
破裂の兆し!? 円高一巡でドル/円は85円も

2011年08月30日(火)東京時間 13:11

ストラテジー数世界1位 人気の自動売買は…

 世界的なリスク回避の中で、「安全資産」として選好されてきた金(ゴールド)、債券、スイスフランが反落してきました。

 これが「安全資産」である円の下落を示唆するものなのか、今回は考えてみます。

日米の2年債利回り差縮小で、ドル/円は下落した

 米ドルは8月に入ってから、3月の大震災後に記録した76円台の歴史的安値を更新し、一時は75円台をつけました。3月の協調介入以来となる円売り介入が、今回は日本単独だったとはいえ、8月4日(木)に行われたにもかかわらずの最安値更新です。

 このように、米ドル安・円高が一段と進んだ主な要因は、米国の金利が低下したことです。

資料1

 「資料1」は、中期金利である日米の2年債利回りの差と米ドル/円のグラフを重ねたものです。日銀の白川総裁が、相関性が高いことを再確認したと発言したことで、一部で話題になりました。

 もともと、市場関係者の間では、米ドル/円と米国の金利の相関性が高いことはよく知られています。ただ、金融当局の首脳が改めて言及したことには、ちょっとした意外感がありました。

 それはともかく、この資料を見ると、日米の2年債利回り差が一段と縮小し、それと連動する形で米ドル安・円高が広がったことが確認できます。

■この8月は「100年に二度目の危機」に追い込まれた

 それでは、なぜ、米国の金利はこのように一段と低下したのでしょうか?

 これは、何か1つの理由によるものではなく、8月に入ってからさまざまな不安が連鎖し、「悪いところ取り」のようなムードが一気に急拡大したためでしょう。

 米国景気の減速懸念が一段と広がり、一部ではリセッション(景気後退)転落懸念まで浮上し、米国株を含めて世界の株価が急落しました。

 「資料2」は、「恐怖指数」と呼ばれる「VIX指数」です。

 これを見ると、最近にかけての金融市場の「恐怖感」は、昨年夏のユーロ危機を主役に展開したそれを上回り、2008年から2009年にかけての「100年に一度の危機」と呼ばれた局面に迫りかねない状況になっています。

 言うならば、「100年に二度目の危機」となりかねない状況です

資料2

 こういった中で、世界的にリスクを回避し、安全資産へ資金をシフトする動きが広がりました。その安全資産の代表格が米国債です

 米国債は、8月初めに有力格付け会社の1つが史上初めて格下げに踏み切ったのですが、それで売られるどころか、安全資産への資金シフトで逆に一段と買いが殺到し、その中で利回りが一段と低下したのです。

■「100年に一度の危機」はどのような状況下で始まったか?

 さて、ここまで「100年に二度目の危機」といった様相が一気に広がった8月を振り返ってみましたが、状況は本当にそれほどひどいのでしょうか?

 慌てるあまり、悲観的になり過ぎている可能性はないでしょうか?

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2384人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 92410人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★【非売品】トラリピ犬さんの次世代型トラリピ設定レポートつきハンドブック『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiとトラリピ犬さんが作ったほったらかしFXで稼ぐ!』(開設で)+最大60,000M2Jポイント※48,000円相当(300万通貨以上の新規取引で。50万通貨ごとに10,000M2Jポイント)・マネースクエア[マネースクエアFX](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。12万通貨以上の新規取引では5,000円。)+10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクト、自動売買パネルによる33万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[シストレ24](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](7月31日まで)
  • 10,000円キャッシュバック(自動売買セレクト、自動売買パネルによる33万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[トライオートFX](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+1,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と開設で)・JFX[MATRIX TRADER](7月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

当サイト限定キャンペーン実施中!

FXブロードネット

裁量トレードから話題のリピート系自動売買まで対応!限定キャンペーンも!

link

ザイFX!限定で3000円!

YJFX![外貨ex]

取引でTポイントが貯まる。今ならザイFX!限定3000円がもらえるキャンペーン中!

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.46107.73

USDJPY

豪ドル/円-0.0375.85

AUDJPY

NZドル/円+0.0572.82

NZDJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 07月19日更新

FOMC前までレンジ相場! 今後は 円高圧力がかかりやすいと見るワケは?




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

07月15日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果