ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]ではザイFX!からの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

9月FOMCで何が出ても円高・ドル安か。
ただし、76~77円台では売る気にならない

2011年09月21日(水)14:33公開 [2011年09月21日(水)14:33更新]

各FX会社の最新データを徹底調査して比較!限定キャンペーン情報やFX会社ランキングなども掲載!

典型的な「フラッグ」のパターンが完成した

 改めて、米ドル/円の日足チャートをご覧いただきたい。

 これは180本足(180営業日)のチャートだが、典型的な「フラッグ」を形成して下落した。

 つまり、チャートのとおりに動いたということになる。

米ドル/円 日足(再掲載・クリックで拡大)

 引き続き、ここで、もっとも良くない戦い方は、値ごろ感で米ドル/円のロングポジション(買い持ち)を持つことである。

 「円売り・米ドル買い介入」に関しては、介入が実施されたことを確認してから行動すべきだと考える。

その介入が単独介入で、米国・欧州の合意を得られていない状況を踏まえると、引き続き、安易な米ドル/円のロングポジション(買い持ち)は危険だ

大底を示唆する「抱き線」も見られるが…

 8月4日(木)の単独介入実施日が母線となって、高値の80.24円、安値の76.96円の母線に、翌日の8月5日(金)と翌々日の8月8日(月)がスッポリと収まっている。

 いわゆる「はらみ寄せ」を形成した。

 この「はらみ寄せ」は、8月9日(火)に母線の安値であった76.96円を下抜けたので、その時点で「売りシグナル」を発した。

 この8月9日(火)以降は、「売りシグナル」を発した状態が続いている

 そして、そのシグナルどおりに米ドル/円は下落して、8月19日(金)には歴史的最安値を更新し、75.95円をつけた。

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

 次に、その歴史的最安値を更新した8月19日(金)の値動きに注目していただきたい。

 この日の高値は76.93円で、安値は75.95円だ。

 その前日の8月18日(木)の高値は76.71円であり、安値は76.45円だ。

 つまり、8月19日(金)の日足は、8月18日(木)の日足をスッポリと抱き込んでおり、この形状は「抱き線」と言って、大底を示唆することがある

 しかし、現時点では、8月19日(金)の日足が大底になるのか、ならないのか、断定はできない。

 それでも、この8月19日(金)の取引終了後の時点では、売り方(米ドル/円のショート派)は少なくとも、利食いの買い戻しをいったん行うところだとチャートは示唆していた。

■引き続き、米ドル/円は手を出さずに様子見!

 繰り返すが、このコラムを執筆している9月20日(火)時点でも、8月19日(金)の日足が大底になるのか、ならないのか、まだ断定はできない。

 個人的には、大きなトレンドが「米ドル安・円高」である以上、これから改めて、現在の歴史的最安値である75.95円を更新して、さらなる円高水準を見ることになると考えている。

 しかし、チャートの形状で、大底を示す可能性のある「抱き線」が現れたので、売り方は無理をせず、いったん小休止をすればよいと、チャートが示唆しているように思える。

 「抱き線」の8月19日(金)から1カ月ほどの時間が経過したが、8月下旬以降の米ドル/円に動きらしい動きはなく、概して、76円台から77円台程度の歴史的円高水準で、小動きが続いている。

 はっきり言って、やりようがない相場であり、売るに売れないし、しかし、買うのはもっとバカげている。

9月相場は重要だが、今後、必ずチャンスが来ることを信じて、今のところは、76円台や77円台では手を出さないほうがよい

 直近の日足チャートでも、3日連続の下落を示す「三羽からす」が出現し、これは「売りシグナル」となるが、個人的には、76円台ミドルや76円台前半を売っていく気持ちにはなれない。

 引き続き、米ドル/円は手を出さずに様子見と考えている。

■9月のFOMCで、どのような材料が出るのか?

 9月は重要なイベントがたくさんある。以下、箇条書きしておくのでご確認いただきたい。

 こういったイベントによって、マーケットの与件は変化する。マーケットの与件の変化に伴い、必ずチャンスがある。

●9月2日(金):米国雇用統計

●9月上旬:オバマ大統領の「新たな雇用対策と赤字削減策」
(9月5日のレーバーデーの祝日明けに予定される大統領の演説向けに策定されている「新たな雇用対策と赤字削減策」)

●9月9日、10日:G7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)
マルセイユ(フランス)

●9月20日、21日:FOMC(米連邦公開市場委員会) 

 このうち、米国雇用統計の発表、オバマ大統領の「新たな雇用対策と赤字削減策」、マルセイユG7は、すでに終わった。

 今回のG7に関しては、事前に想定される範囲内での会議に過ぎないだろうと事前に考え、G7終了後に、失望感が広がるのではないかと危惧していた。実際、G7は想定の範囲内で、やはり失望感が広がった。

 そして、残っている重要なイベントは、前述のように、FOMCだけとなった

(2011年9月20日 東京時間20:15記述)

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2813人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 108000人 ザイFX!のtwitterをフォローする

GMOクリック証券[FXネオ]
【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較
外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ