ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

YJFX![外貨ex]は取引でPayPayか現金がもらえる!ザイFX!限定で3000円もらえるキャンペーン中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

ユーロ反発はそろそろ一巡か。金融恐慌を
回避できるか、EUサミットが「天王山」に!

2011年10月18日(火)12:27公開 [2011年10月18日(火)12:27更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 さて、そのドイツの1年債利回りを「資料4」で見ると、依然として、下がり過ぎ領域で推移し続けているようです。その意味では、下がり過ぎの修正で、金利上昇が続く余地は残っているように見えなくもありません。

資料4

 ただ、欧州の債務対策の柱の1つとして、ECBが利下げを行うと見られています

 後でも詳述しますが、ユーロ圏では、10月下旬のEU(欧州連合)サミット、11月初めに予定されているG20サミットあたりを目標にして、危機対策の包括策をとりまとめ、そのダメ押しでECBが0.25%ないし0.5%の利下げに踏み切るとの見方が専門家の間でささやかれています。

 このように、危機対策の1つとしてECBの利下げも予想されるならば、市場金利の上昇は、基本的には限られるのではないでしょうか?

 ユーロはこの間に、対米ドルで1.45ドルから1.32ドルへと急落しました。その2分の1戻しは1.38ドル、3分の2戻しは1.4ドルとなります。

 これまで見てきたことからすると、ユーロの反発が、この水準を大きく超えていくのは難しいのではないかと、私は考えています。

■ギリシャ危機は処理を誤れば、金融恐慌になりかねない

 このように、ユーロが反発してきたのは、売られ過ぎ、下がり過ぎの修正によるものだと、私は思っています。

 そういった修正が広がるようになったのは、やはり、欧州債務危機への警戒感が緩和してきたことがきっかけで、逆に言えば、危機が再燃すれば、もう一度、ユーロは売られ過ぎ拡大、下がり過ぎ拡大に向かう可能性もあるわけです。

 そこで次は、欧州債務危機の今後の展開・見通しについて少し考えてみたいと思いますが、依然として、欧州債務危機の先行きは楽観できるものではなさそうです。

 何よりも、ギリシャ国債の実質的なデフォルト(債務不履行)が不可避になっており、このため、その処理を誤れば、最悪の場合は金融恐慌のトリガー(引き金)になりかねない状況にありそうです。

資料5

 それを回避できるかの重大な分岐点、天下分け目の「天王山」は、どうやら、今週末の10月23日(日)に行われるEUサミットになりそうな様相です

 当初、このEUサミットは10月17日(月)~18日(火)に予定されていましたが、それを週末に延期するとともに、そこでギリシャなど欧州債務危機打開のための包括対策をまとめると、EU大統領が先週になって宣言したのです。

 これは、危機対策が後退したというより、むしろ前倒しになる可能性として専門家の間では受け止められているようです。なぜならば、この危機対策がEUサミットより、11月初めに予定されているG20サミットを目標に準備されていると見られていたためです。

 ところが、EU大統領が、EUサミットを延期して、そこで包括対策をまとめると説明したことは、むしろ勝負どころを早めてきたとして、積極的な姿勢の表れとして受け止められているようです。

 一方で、その背景として、ギリシャ国債のヘアカット(債務元本の削減による投資家への損失負担率)が当初の2割程度との想定から、場合によっては5割以上になりかねないといった感じで、想定より悪化する見通しが強まってきたこともあるでしょう。

ギリシャ国債の実質デフォルトが金融恐慌を招くことも想定され、そのようなリスクへの警戒感から、対策を前倒しにしているとも見られています。

■EU発の金融恐慌を回避するシナリオは成功するか

 それにしても、勝負どころを前倒しにするというのは、言うほどに簡単ではないと思います。このため、10月23日(日)のEUサミットでの危機対策は、結果的に、具体策が伴わない玉虫色のものとなり、失望を招くリスクもありそうです。

 たとえば、支援基金となるEFSF(欧州金融安定基金)の拡充は、スロバキア議会で2度目の投票で承認され、何とか一歩前進しましたが、じつは包括的な対策がまとまると、あらためてユーロ圏加盟国の承認が必要になるようです。さらに、EFSFが拡充されると、それを保証している各国の格付けが格下げされるリスクも出てきかねません

 このように簡単なことではないから、勝負どころを11月としていたわけですが、金融恐慌のトリガーになりかねないといった危機感から、勝負のタイミングを前倒ししてきたと見られているため、必ずしも成算があるわけではなさそうです。

 それでも、勝負どころを早めてきた裏には、関係者たちの危機感の高まりがあるのでしょう。

 その意味では、万が一、このEUサミットが失敗したとしても、11月初めのG20サミットで新興国などEU以外から支援が受けられるという見通しもあるし、加えて、ECBの利下げなども検討されているようです。

 つまり、「EU発金融恐慌」を回避するシナリオの準備に動き始めていることは、間違いないと見られます。

 こういった中で、夏から広がってきたリスク回避、悲観相場が転換に向かい始めたと言えるでしょう。

 あとは、それが決着するまでに、もうひと波乱あるかが焦点ではないでしょうか?

FX会社のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2415人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 104779人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!当サイト限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定で1500円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の5万円入金&取引で現金1500円がもらえる!

注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ