ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

ユーロ反発の影の主役は米国株とECB。
欧州問題に伴うリスク回避は峠を越した!

2011年11月08日(火)12:33公開 [2011年11月08日(火)12:33更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

欧州の信用悪化はECBの政策転換で改善した

 次に「資料2」をご覧ください。これは、欧州の信用リスクを示す「欧州CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)指数」のグラフです。

 これを見ると、欧州の信用悪化が急拡大したのは、7月にECB(欧州中央銀行)が第2次利上げを行った後からです。ECBの金融引き締めで景気先行き不安が高まり、税収減への懸念が広がって、債務不安が再燃したようにも見えなくはないでしょう。

資料2

 ただ、「資料2」を見ると、信用悪化は10月初めに底打ちし、改善に向かっています

 これは前述した米国株とユーロが底打ちし、反発に転じたタイミングとほぼ重なりますが、もう1つの注目点としては、ECB理事会のタイミングの前後だったということが挙げられるでしょう。

 10月初めに行われたECB理事会後のトリシェ総裁(当時)の会見により、ECBは利上げから利下げへの転換を示唆したと市場に受け止められました。

ECBの利上げから始まった欧州の信用悪化が、ECBの利下げ転換が示唆されることで改善に転じたというのは、わかりやすい話だと思います。

■相場への影響が大きいのは構造要因ではなく循環要因

 欧州の債務問題は、「100年に一度の危機」から脱出するために財政政策を総動員したものの、景気は急回復せず、巨額の財政赤字を抱えたままになっているといった先進国の構造要因と、寄り合い所帯のユーロ圏が抱える構造要因が根本にあります。

 しかし、そのような構造問題は一朝一夕には解決できるものではありませんし、構造要因だけで考えると、ユーロはずっと売られ続けることになります

 それにもかかわらず、なぜ、ユーロは反発することもあるのでしょうか?

 変な言い方ですが、構造問題がクローズアップされ、どのタイミングでユーロ売りの材料となるかは、ある意味で「ナゾ」です。ただ、そこでの1つの手がかりとなるのが循環要因なのでしょう。

 ユーロの場合の循環要因とは、これまで見てきたような、米国景気の後退やECBの金融政策により、欧州の景気が循環的な後退局面に向かうということです。

 こちらのほうが、構造要因よりも、よほど、循環的なユーロの売り・買いには影響が大きいと思います。

 循環的な債務問題悪化懸念から、循環的にユーロ売りとなった動きは、循環的な懸念が後退すると、一段落するのは納得できるところではないでしょうか?

 世界的に、固唾を飲んで欧州の債務問題の行方が見守られ続けていますが、その一方で、10月以降は世界的に株価が急上昇しており、NYダウは約15%も上昇して7月末以降の急落のかなりの割合を戻しました。

 そして、そのようなリスク回避の修正局面で、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)でも、豪ドル/円は15%以上も急反発し、ユーロ/円も10%を超える反発を見せています。

 米ドル/円の感覚からすると、一方向へ20%を超える動きは「アヤ戻し」ではなく、中長期のトレンド転換の可能性が高いものです。

 逆に言えば、そんなトレンド転換でなければ、短期間に10~15%もの動きになった相場が一息つくのは当然です。

 だから私は、ここまで申し上げてきたように、欧州債務危機に伴うリスク回避相場は一段落したと考えているのです。

 ただ、だからと言って、リスク回帰相場特有のクロス円が一段高となるような展開ではないでしょう。むしろ、まだリスク回避が続いているかもしれないとの見方が残る中でも、意外にクロス円が下がらないため、押し目買いが機能する──そのような局面だと見ています。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2409人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 104618人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

ザイFX!限定!現金がもらえる

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクターはAKB48! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
世界の為替チャート

ビットコイン/円-252.001132600.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+8.900010749.1000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+60.60009249.4000

XBTEUR
Powered by kraken
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 09月24日更新

米ドル/円のレンジを決めた取引が一番いいか




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
09月14日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ