ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】ザイFX!限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

「恐怖指数」は重大な分岐点に!
危機相場回避のカギはECBと「緊急G20」か

2011年11月18日(金)15:36公開 [2011年11月18日(金)15:36更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 「資料3」は、金融市場の不安感を示す「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数です。昨年5月にかけてこの「恐怖指数」は急騰していました。

 ところで、最近もこの「恐怖指数」は上昇していますが、じつはまだ2010年5月のピークから比べると低い水準で推移しています。

 また、2011年の「恐怖指数」のピークは、8月初めでした。これは、米国債のデフォルト騒動が原因でした。

2010年5月のギリシャ危機、2011年8月の米国債デフォルト危機、そんな二大危機相場と比べると、まだ最近の「恐怖指数」は低い水準にあります。ここで歯止めをかけられるか、とても重大な分岐点にあるのではないでしょうか。

資料3

■欧州「不合理破たん」回避の鍵を握るのはECB

 ところで、その鍵を握っている欧州債務危機。焦点は、ギリシャから、イタリア、スペイン、さらにユーロ圏で第2の大国、フランスにも広がりかねなくなってきました。

 この不安を抑えることは無理かといえば、必ずしもそうではないのでは? と私は思います。難しい話ではなく、ギリシャとイタリアなどは、やはりかなり違うからです。

 この違いを一言でいえば、ギリシャの債務は、アンサステイナブル(持続不可能)と見られていましたが、一方で、イタリアについては専門家の間でも基本的にはサステイナブル(持続可能)と見られているわけです。 

 そもそもイタリアは、利払いを除いた、いわゆるプライマリーバランスでは、ユーロ圏の中でも優等生の部類に入ります。そんなイタリアでも、最近のような金利上昇が続き、景気が一段と低迷するようなら、ギリシャのように債務の拡大が、アンサステイナブル(持続不可能)になります。

 その意味では、ギリシャは無条件の「合理的破たんシナリオ」であり、イタリアは本来ならそうならないといった意味で、「不合理の破たんシナリオ」と言えるでしょう。

 「不合理の破たんシナリオ」が現実になることを回避するためには、金利上昇と景気悪化を回避することが鍵となります。それがもっとも可能なのは、普通に考えてもECBでしょう。ECBが直接イタリア国債購入を拡大するなど、一段と金融緩和を強化するかが試されている局面だと思います。

 ところで、私はそれは可能なのでは?と思っています。11月にECBの総裁は、トリシェからドラギという人に変わりました。このドラギ総裁の発言は、トリシェ総裁から微妙に変わっています。

 たとえば、イタリアなどの国債購入も、トリシェは「緊急避難措置」と発言していましたが、ドラギはその言葉を使っていないのです。

 これは、一段とECBが債券購入を含めた金融緩和強化へ踏み込まざるを得なくなったという認識のあらわれではないでしょうか。

 ユーロ圏の問題なので、第一義的にはこのようにECBがキーマンになると思いますが、それがやるべきことをやったら、それを国際的支援でさらにサポートする準備もできていると思います。

■危機相場突入は回避できるか?

カギは「緊急G20」ではないかと考えています。11月初めに、G20サミット(20カ国財務省・中央銀行総裁会議)が開かれた時には、欧州支援の具体化は見送られました。ただ、一部報道などによると、この支援策もかなり議論されており、必要なら「緊急サミット」を開いて合意するシナリオがあると見られています。

 そもそも、11月初めのG20サミットで欧州支援が合意できなかったのは、米国と新興国の対立があったから、とされています。新興国が、IMFを通じた欧州への追加支援を主張したのに対し、新興国のIMFへの影響拡大を警戒した米国が慎重になったためだった、といわれています。

 逆に言えば、この辺で調整がつけば、「緊急G20」で欧州への追加支援合意といったシナリオはあり得るでしょう。

 VIX指数で見ると、昨年から3度目の危機相場に突入するかどうかの重大な岐路に差し掛かっているようです。そして私が言いたいのは、その危機相場突入を回避する方法は、これまで述べてきたように、ないわけではない、ということです。

 そんな危機回避の対策がとられ、危機相場突入が回避できるか、それはまさにこのタイミングで問われていると思います。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2811人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110682人 ザイFX!のtwitterをフォローする

GMOクリック証券[FXネオ]
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 トレイダーズ証券[みんなのFX]
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 トレイダーズ証券[みんなのFX]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)