ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

少額1通貨単位から取引ができるSBIFXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

ドル/円の行方は120日線の攻防で決まる。
ドル資金供給発表は「終わりの始まり」か?

2011年12月02日(金)15:23公開 [2011年12月02日(金)15:23更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 なぜ、そんな話になるかといえば、次の「資料3」をご覧いただくのがいいかと思います。

 「資料3」は、欧州の銀行による米ドル資金調達コストを示すグラフです。これを見ると、まさに、「100年に一度の危機」の時以来に悪化していた調達コストが、今回の協調米ドル資金供給発表を受けて改善に転じたことがわかるでしょう。

資料3

■協調米ドル資金供給発表は改善のきっかけ?

 ところで、注目していただきたいのは、「100年に一度の危機」における調達コスト悪化がどのように一巡し、改善に転じたかということです。

「100年に一度の危機」での調達コスト悪化が一巡し、改善に転じたのも、やはり、米ドル資金供給対策が1つの始まりだったのです。だから、私は今回の場合もこれが「終わりの始まり」かもしれないと思っているのです。

 「100年に一度の危機」での米ドル資金調達コスト悪化のピークは2008年10月9日でした。では、それがどのように改善に向かったかというと、10日のG7(先進7か国財務相・中央銀行総裁会議)声明の発表、そして、より決定的だったのは、13日の米ドル資金供給策強化の発表だったようです。

 これを受けて、この調達コストは、10月9日のマイナス210から、13日には一気にマイナス100を下回るまで急低下となったのです。さらに、20日にはマイナス10まで低下しました。

 つまり、2008年9月のリーマンショック前の水準を一気に回復したのです。要するに米ドルの調達コストは「平時」の水準にまで改善したわけです。

 このように、リーマンショック後の銀行の米ドル資金調達危機がピークアウトし、改善に転じたきっかけが協調米ドル資金供給対策だったのです。

■転換点はドル資金供給対策発表のタイミング

 すべての問題がそれだけで解決したわけではなく、前述のとおり、G7があり、また、当時問題の中心だった米国の金融機関に対する公的資金注入の発表が10月中旬にありました。そうした中で、米ドル資金不足危機は、急ピッチで解消に向かったのです。

 再掲載した次の「資料3」をご覧いただくと、その後も、10月下旬から11月にかけて、米ドル資金調達コストの悪化が再燃したことがわかります。

資料3(再掲載)

 つまり、1回ですべてが地獄から天国へ変ったわけではもちろんなかったわけですが、あとで振り返ってみると、米ドル資金調達問題においては、明らかに、2008年の場合、協調米ドル資金供給対策発表のタイミングが転換点だったわけです。

 私は、今回の11月30日の動きが、うまくいけば、そんな転換点になるかもしれないと思っています。

 一般報道などを見ていると、11月30日の対策で、まだすべてが解決したわけではないとの見方が多いようです。

 日銀の白川総裁も「時間を買う」対策に過ぎないとして、来週予定されているECB(欧州中央銀行)理事会やEU(欧州連合)サミットにかけて予断は許せない、との見方を示していました。それはまったくそのとおりなのでしょう。

 しかし、そうした中で、期待を大きく裏切るようなことにでもならなければ、のちに振り返った時、あの11月末が転換点だった、つまり「終わりの始まり」だったということになる可能性があると私は思っています。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2814人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 108004人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ