ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

外貨ex byGMO[外貨ex]はザイFX!経由の口座開設者限定キャンペーン実施中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

【2012年相場見通し(3)】記録的な割高と
なっている豪ドル/米ドルのカギを握るQE3

2011年12月27日(火)15:31公開 [2011年12月27日(火)15:31更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 「資料2」は、ユーロ/円の適正価格の目安である購買力平価からのかい離率です。

資料2

 ユーロ/円の購買力平価は、足元で110円程度ですから、最近は適正価格よりユーロは割安になっていることになるわけです。

 さきほど述べたように、1.3ドル程度のユーロの対米ドル相場は、適正価格より割高でした。だから、中期的に一段安見通しとなったわけです。これに対して、100円程度のユーロの対円相場は、適正価格よりすでに割安なのです。

 中長期的な債務問題を抱え、その政策対応として低金利も長期化の見通しになっているユーロだけに、対円でも一段と割安を拡大していく可能性はもちろんあるでしょう。

 たとえば、「資料2」をみると、かつてユーロは対円でも適正価格より2割以上の割安になったこともありました。今回も購買力平価より2割の割安になるなら90円を割る計算になります。

 ただし、まだ割高な対米ドルでのユーロ下落余地と、すでに割安となっている対円でのユーロ下落余地では差があるでしょう。つまり、対米ドルでのユーロ一段安見通しとは異なり、対円でのユーロは意外と下落余地が限られるのではないかと思うわけです。

 たとえば、ユーロ/円は100円を大きく割り込む可能性も低く、仮に割り込んだとしてもそれは短期的な動きにとどまるのではないかと私は考えています。

■中長期的にユーロ/円は下がり過ぎの限界圏

 次に、「資料3」をご覧ください。

 「資料3」は、ユーロ/円の5年移動平均線からのかい離率です。「資料3」を見ると、100円台前半を中心に推移してきたここ数カ月のユーロは、中長期的にかなり下がり過ぎの限界圏で動いていたと言えそうです。

資料3

 この5年移動平均線からのかい離率からすると、当面、数カ月以内に100円を大きく割り込むユーロ安があれば、それは記録的なユーロの下がり過ぎということになります。

 以上から、ユーロは100円を大きく割り込む可能性が経験的には低いと思うし、それが起こったとしてもそのまま長期化はせず、短期的な動きにとどまるのではないかと考えているわけです。

■米英と欧州の金融システムの違いとは?

 いずれにしても、中期的にはユーロは対米ドル中心に下落余地が大きいと思いますが、ただ、短期的にはいったん戻す局面があるのではないかと私は考えていますので、それも最後に少し述べたいと思います。

 最近のユーロを巡る動きについて、一方的過ぎるのではないかと感じることがいくつかありますが、その1つは債務危機対策への批判です。独仏を中心としたユーロ圏の債務対策は、抜本的ではないとの批判が強いようです。

 ただ、欧州専門家の一部には、「それほど悪くない対策」と評価する見方もあります。このように評価が異なる原因の根本をたどると、それは米英と欧州の金融システムの違いにありそうです。

米英、つまり、「アングロサクソン流」は投資銀行、証券会社の直接金融が主役であるのに対し、欧州は間接金融が主役ということです。

 欧州専門家の一部が、今回のユーロ圏の債務対策を「それほど悪くない」と評価しているのは、間接金融が主役の欧州の金融システムでは、銀行支援のための流動性対策が中心になるのが当然で、それは期待どおりに、ある意味では期待以上にできているという意味です。

 ところが、債務対策が不十分と厳しく評価する見方は、流動性対策ではなく、FRBやBOE(イングランド銀行)のように中央銀行が直接債券を買い支える、QE(量的緩和)をECBが実施しないことが不満の中心になっているようです。

 債券を発行したり、株で直接資金を調達する直接金融のもとでは、確かに中央銀行が債券を直接購入するのが量的緩和になりますが、銀行を通じた間接金融において中央銀行の対策が同じでなければ効果はないというのも「一方的過ぎる」気がします。

 欧州は米英ではないし、もちろんECBもFRBではないから、「合格点の対策」も同じではないと思います。

 私は、そもそもECBが2011年に2度も利上げを行ったことが、債務危機を再燃させた一因だと思っているので、その意味ではECBの政策的失敗はあったと思います。

 ただ、最近にかけては、さすがに「欧州発世界恐慌」も懸念される中で、これまで述べてきたように、アングロサクソン流とは異なる欧州金融システムの中では合格点に近い対応になっていると思います。

 夏までのECB利上げは特に批判せず、債務危機が再燃したら、途端に抜本的対策を求める大合唱になっているような風潮にも一方的で行き過ぎたものを感じます。

 これも目先的にユーロ下落がそのまま行くことにはならないのではないかと感じる理由の1つなのです。

 次に、豪ドルについてお話しします。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110085人 ザイFX!のtwitterをフォローする

外貨ex byGMO[外貨ex]
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)