ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

約定力が9年連続No,1!【マネーパートナーズ】当サイト限定キャッシュバック実施中!

バックナンバー

1.27ドル割れで「売りシグナル」が再点灯!
ユーロ/ドルは「どこで売るか?」を探す相場

2012年01月11日(水)14:22公開 [2012年01月11日(水)14:22更新]

GMOクリック証券は取引高8年連続世界1位! ザイFX!限定で3000円もらえる

 このコラムで昨年末に、「『休むも相場』が基本だが、ユーロ危機は何ら解決に向かっておらず、ユーロは2011年の年末にもう一段下落する可能性もある」と、何度も明記した「EU首脳会議は評価に値せず!やるならユーロ売りだが、年内は『休むも相場』か」など参照)

 結果を見ると、そのとおりの値動きになった。

 ユーロ/米ドルは、昨年12月28日(水)に下落を再開した印象だ。昨年末時点で「ユーロは、もう一段下落する可能性がある」と考えていたことから、「やっぱり、そう来たか…」と思った。

 それでも、昨年の「クリスマス相場」は、比較的おとなしい値動きが続いた。驚愕するような、想定外の「クリスマス相場」とならなくてよかった。

 そして、新年の相場は1月2日(月)から始まっているが、年明け直後のユーロ/米ドルは一時上昇し、1.30ドル台に乗せてきた。だが、長続きはせず、すぐに反転下落し、東京市場が「成人の日」で休場だった1月9日(月)のマーケットで、1.2700ドルを割り込んで1.26ドル台を見ている。

このところの安値を更新したことから、さらなる「売りシグナル」を発したと考えている。

 また、1月9日(月)に今年初めての独仏首脳会談が行われたが、昨年12月のEU(欧州連合)合意を確認したに過ぎず、欧州危機への新たな対策が打ち出されなかった。そのため、ユーロは失望売りとなっている。

 この会談では、財政規律強化だけでなく成長戦略の必要性も確認されたとのことだが、具体策は示されなかった。

 「口先だけ」ではマーケットに失望を与えるだけであり、ユーロに関しては、もう一段大きく下落する可能性が高いと考えている。

2012年の相場も「ユーロ売り」がテーマだろう。 

■「三角保ち合い」を下抜けて、「売りシグナル」が再点灯した

 それでは、ユーロ/米ドルの週足チャートからご覧いただきたい。

 ユーロ/米ドルは2011年4月上旬に、赤の破線で示した中長期のレジスタンスラインを上抜け、その時点で「買いシグナル」を発した。赤の破線(細線)は赤の破線(太線)の平行線である。

 ユーロが対米ドルで4月上旬に上昇した要因については、米国(=米ドル)が政策金利(短期金利)引き上げを実施しない一方で、欧州(=ユーロ)は今後も政策金利(短期金利)を引き上げるという思惑によるものだった。

 4月中のマーケットでは、「ユーロ買い・米ドル売り」が一段と進んだ格好だ。

 だが、ゴールデン・ウィーク中の5月5日(木)に、ECBは市場予想どおりに政策金利を1.25%で据え置くことを決定したため、早期利上げ期待が後退し、ユーロ/米ドルはこの日以降、大きく急落した。

 そのため、以下のチャートには中長期のレジスタンスラインとして青の破線(太線)を、その平行線として青の破線(細線)を加筆した。

ユーロ/米ドル 週足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 俯瞰(ふかん)して見ると、ユーロ/米ドルは2010年6月安値の1.18ドル台を起点に、ピンクの破線(太線)で示したサポートラインに沿って上昇していた。なお、ピンクの破線(細線)はピンクの破線(太線)の平行線である。

 結局、ユーロ/米ドルは、青の破線(太線)のレジスタンスラインとピンクの破線(太線)のサポートラインに挟まれて、大きな「三角保ち合い(ウェッジ)」を作っていたと言える。

 そして、9月9日(金)に、このピンクの破線(太線)のサポートラインを下に割り込んだ。つまり、ピンクの破線(太線)を明確に下に割り込んだので、「売りシグナル」が点灯した。

 ユーロ/米ドルはその後、ピンクの破線(太線)のサポートラインを割り込み、「売りシグナル」を発して1.31ドル台まで大きく下落したが、ユーロ危機に対する包括案が合意に達したことを材料に、1.42ドル台まで急騰した。

 大局で見れば、週足チャートに表示した青の破線のレジスタンスラインを上抜けない限り、トレンドは変わらない。

 だが、振幅が大きいので、無理にポジションを維持するのは損益のブレが大き過ぎる。「売り」で戦う場合、この時点ではポジションをいったんスクエア(ゼロ)にして、改めて、ユーロの売り場を探すところだった。

 しかし、ユーロ/米ドルは10月31日(月)の急落によって、改めて「売りシグナル」を発したと考えている。

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 103451人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
08月03日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 07月30日更新

米ドル安に調整の可能性。さらなる米ドル安は想像できない!







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果