ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

外貨ex byGMO[外貨ex]はザイFX!経由の口座開設者限定キャンペーン実施中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

ドル/円の「脱・小動き」が、この2月にも!?
動意づいた場合、それはドル高? ドル安?

2012年01月31日(火)12:47公開 [2012年01月31日(火)12:47更新]

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 そして、もう1つ、「脱・小動き」の方向を考える上での焦点は米国の金利の動きでしょう。

 「資料4」をご覧ください。米ドル/円と日米金利差の相関性が基本的に高いということは、このコラムでも何度かご説明していますので、皆さんもご存知かと思います。つまり、米ドルの市場金利が大きく上昇する見通しにならないと、米ドル高・円安は期待しにくいわけです。

資料4

 そういった中で、先週行われたFOMC(米連邦公開市場委員会)では、現行の実質ゼロ金利政策を、当初2013年半ばまで続けるとしていたところを、さらに2014年末まで延長することが示されました。

 つまり、FRB(米連邦準備制度理事会)は今後、2年以上も利上げをしないと明言したことになります。

 これで、米ドルの市場金利の上昇は期待できず、むしろ、さらに低下する見通しが広がるのでしょうか?

景気指標が改善しているのに、なぜ米金利は上がらない?

 ところで、前回のコラムでは「今回のFOMCの決定は、株価との関係で見ると違和感がありそうな話だが、その謎を解くカギは、欧州債務危機との関係にありそうだ」と申し上げました「FOMCサプライズで米ドル/円はどう動く?ドル高・円安予想だが最後の波乱に要注意」を参照)

 「資料5」は、米国の長期金利(10年債の金利)と、欧州債務危機の象徴的な動きの1つであるイタリアの長期国債の利回りを上下逆にして重ねてみたものです。

 これを見ると、昨年11月頃から、両者の高い相関関係が続いていることがおわかりいただけるでしょう。

資料5

 つまり、米国の景気指標の改善を受けて、本来ならば米国の金利も上がっておかしくなかったところ、欧州債務危機に足を引っ張られる形でそれが実現せずに今に至ったということでしょう。

 その意味では、米国株の下落が一服して、景気指標の改善が目立ってきたにもかかわらず、「時間軸」の延長でFOMCが金融緩和強化に動いた理由は、雇用環境など景気回復が物足りないというだけでなく、欧州債務不安が続いているということもあったのだと思います。

■欧州危機が米ドル/円の方向性を決める可能性も!

 このように見てくると、米ドルの行方を考える上で重要なカギを握る米国の金利は、高い確率で、欧州債務危機しだいということになるようです。

 それでは、その欧州債務危機はどのような状況にあるのでしょうか?

 ギリシャやポルトガルなど、欧州債務問題は引き続き、部分的には危険な問題を抱えています。

 しかし、ECB(欧州中央銀行)の流動性対策などが一定の効果を発揮しています。そして、グローバリゼーションの時代であるため、米国景気の回復を受けた世界景気の回復は、欧州債務問題にも支援効果を発揮しているようなのです(「資料6」参照)

資料6

出所:BloombergよりMarket Editors作成

 また、先ほどご覧いただいた「資料5」からすると、イタリアの長期国債の利回りが6%を大きく下回ってくると、逆相関の関係にある米国の長期金利の利回りは2%を大きく上回ってくる見通しになります。

 欧州では、この3月にかけて、国債入札を無事に乗り切れるかが注目されています。それは、米国の金利動向を通じて、「脱・小動き」となった場合の米ドル/円にも影響を与えそうです。

 ついに米ドル高・円安へと転換するのか、それとも、再び波乱となって「最後の円高」に向かうのか、米ドル/円の方向性を決める重要なカギを握っている可能性がありそうです。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110086人 ザイFX!のtwitterをフォローする

GMOクリック証券[FXネオ]
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)