ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

グルトレ完全ガイド
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

「米金利急反騰Xデー」が近づいている!
そして、米金利反発なら米ドル高・円安へ

2012年02月03日(金)15:41公開 [2012年02月03日(金)15:41更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 私は、目先の為替は米国金利がカギを握っていると思っています。

 すでに、かなり「無理な米国金利低下」になっている可能性があると思っているのですが、それが続く中では米ドル安・円高リスクがあるし、いよいよ続かず米国金利反発となったら米ドル高・円安になるのではないでしょうか?

 そして、今回はもう1つ、ユーロについても最後に述べたいと思います。

■米国金利はFOMCへの過剰反応による下がり過ぎか?

 2012年1月24日(火)~25日(水)のFOMC(連邦公開市場委員会)以降、米国金利の低下傾向が続いてきましたが、FOMCに対して過剰に反応するあまり、下がり過ぎになっている可能性はないでしょうか?

 2月3日(金)の雇用統計発表への反応は、その1つの試金石としても注目されると思っています。

 この数カ月の米国長期金利(10年債利回り)は、欧州債務危機との逆相関関係が基本になってきました。

 ところで、そんな欧州債務危機の1つの目安であるイタリア長期金利(10年債利回り)は、このところ低下が続き、2月に入ると2011年10月以来の水準まで低下してきたのです。

 要するに、欧州債務不安が後退し、イタリア国債の価格が上昇しているといった意味になります。

 そこで、「資料1」をご覧ください。

資料1

 「資料1」のように、このイタリア長期金利との逆相関からすると、米国長期金利は2.2%程度に上昇してもおかしくないわけです。しかし、実際には2%を大きく下回っており、見た目には欧州債務危機との逆相関が崩れ始めた形になっています。

■米国株から米国長期金利は3%を上回ってもおかしくない

 では、欧州債務危機との逆相関が崩れた米長期金利低下は、どのように説明できるでしょうか?

 普通に考えると、先週のFOMCでいわゆる「時間軸効果」が強化され、さらにバーナンキ議長が追加緩和、QE3(量的緩和策第3弾)の可能性を示唆したことへの反応ということになるでしょう。

 ただ、そもそもFOMCが「時間軸効果」を強化した一因は、欧州債務危機にありました。その意味では、「欧州債務危機離れ」の一方で、FOMCの決定に反応するというのは、論理的に矛盾していると思います。

 相場において、一定期間の論理的矛盾はよくあることです。ただ、それにはおのずと限度があります。

 もちろん、そもそも欧州債務危機はまだ終わっておらず、再燃すると米国金利が考えているなら、論理的矛盾ということにはならないわけですが。

 それにしても、米国の金利低下は、「資料2」のように米国株との関係でも、まったく説明できない状況がすでに数カ月にわたって続いてきたわけです。

資料2

米国株の動きからみると、米国長期金利は3%を上回っていておかしくないということになります。

■ISM指数でみると実質長期金利は2%程度でおかしくない

 今度は「資料3」をご覧ください。

資料3

 これは、米国長期金利からインフレ率を差し引いた米国の実質長期金利と代表的な米国の景気指標であるISM製造業景況指数のグラフを重ねたものです。

 このISM指数からすると、米国の実質長期金利は2%程度でもおかしくないということになっているわけです。

インフレ率は足元では2%程度ですから、実質長期金利が2%ということは、それを上乗せしたのが名目長期金利になるのですから、長期金利は4%程度でもおかしくないことを、米国の景気指標は示唆しているということになるわけです。

 このように、現在の米国の長期金利は、景気指標との関係でも、株価との関係でも、かつてなかったほどの異例な下がり過ぎになっているようです。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2823人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106909人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ