ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

外貨ex byGMO[外貨ex]はザイFX!経由の口座開設者限定キャンペーン実施中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

「米金利急反騰Xデー」が近づいている!
そして、米金利反発なら米ドル高・円安へ

2012年02月03日(金)15:41公開 [2012年02月03日(金)15:41更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■「米金利急反騰Xデー」が近づいている!

 そして、そんな異例の金利下がり過ぎを正当化してきたのが欧州債務危機だったわけですが、それとの関係も崩れ始めた兆しがあるわけです。

 こんなふうに見てくると、かなり「無理な米金利低下」となっている可能性がありそうですから、どこかのタイミングで、その反動が出てくると予想されるし、そんな「米金利急反騰Xデー」は着実に近づいていると思います。

 では、雇用統計が発表される2月3日(金)がその「Xデー」になるでしょうか?

 そもそも改善期待が強い中で、よほどのポジティブ・サプライズ、たとえば、NFP(非農業部門雇用者数)が30万人を超える大幅増とならない限り、その「Xデー」のトリガーになる可能性は低いかもしれませんが、それにしても1つの試金石としては注目されそうです。

■最近のユーロの動きはドイツ金利で説明できる

 次に、ユーロについて考えてみたいと思います。

 最近にかけてのユーロの動きは、「資料4」のように、過去の売られ過ぎ修正パターンによく似た展開が続いています。

資料4

 このまま似た動きが続くなら、今週一杯は、ユーロ反発の「中休み」、そして来週からユーロ反発第二幕に移っていくことになりそうなのですが、果たしてどうでしょうか?

 売られ過ぎ修正パターンはともかく、この間のユーロの動きを比較的一貫して説明できるのは欧州のコア金利であるドイツの金利(1年債利回り)の動きでした。

資料5

 「資料5」のように、1月にかけてユーロが続落したのはドイツ金利の低下が続いたからであり、そのドイツ金利が反発に転じたことからユーロも反発になったと言えるわけです。

 さらに、そのドイツ金利は、このところ反発が足踏みとなっており、これもここ数日のユーロ高の足踏みを説明できるものです。

■なぜ、ドイツ金利は今年に入り、上昇したのか?

 では、なぜドイツ金利はそもそも今年に入ってから反発に転じたのでしょうか?

 「資料6」を見ると、それはそもそも異常なほどの下がり過ぎになっており、その修正が本格化した結果と言えるでしょう。

資料6

 それでは、なぜ、ドイツ金利は「資料6」のように異常な下がり過ぎになったのか?

 それは実質的に「ECB(欧州中央銀行)版QE」との見方もあるECBの3年物オペの未曾有ともいえる流動性対策の影響が大きいでしょう。

 それにしても、そういった政策は一般的にはまったくと言っていいほど評価されませんでした。

■ドイツ金利上昇で、ユーロ高となる可能性も

 私からすると、そもそも直接金融中心の英米流と間接金融中心の欧州流では評価基準が違うといった考え方は正論だと思います。

 そして、そんな欧州流では空前と言える流動性対策も、英米流で量的緩和(QE)が行われることとほぼ同等に、一定の効果が期待できるものと考えてきました。

 しかしながら、それがほとんど取り上げられなかったということは、一方向へ偏り過ぎたムードを感じさせるものでした。

 その一方で、格付け会社の動向が大きく報道されました。

 信用バブル崩壊とされたサブプライムショックからまだ3年程度しか経っていないのに、格付けが重要基準とされるのも不思議な感じがするものです。

 さて、上の「資料6」のように、ドイツ金利の異常な下がり過ぎは修正されてきましたが、経験的にはまだ修正余地はありそうです。

 修正によるドイツ金利上昇余地はまだ残っているようですから、それと連動性の高いユーロ高の可能性も注目されます。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 それが「いつ」、「いくら」になるかを考えるためには、先に挙げた「資料4」のようなパターン分析も参考材料の1つになるでしょう。

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2811人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110661人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

FX初心者のための基礎知識入門
GMOクリック証券[FXネオ] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較
GMOクリック証券[FXネオ] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)