ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

為替相場にも「大変なこと」が起こるのか?
米国の金融政策大転換まで「もうひと息」

2012年02月07日(火)東京時間 13:00

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 2月3日(金)発表の1月分の米国雇用統計は改善しましたが、米ドル高・円安は限られました。これは、米国金利の上昇が不十分だからだと思います。

 ただ、その大きな背景にあるFRB(米連邦準備制度理事会)の超低金利政策も、「最後の砦」とも言えそうな欧州債務危機に変化が見られます。

 為替相場で「大変なこと」が起こるまで、「もうひと息」のところなのかもしれません「『米金利急反騰Xデー』が近づいている!そして、米金利反発なら米ドル高・円安へ」も参照)

■強い米雇用統計でも、なぜ米金利は上がらないのか?

 まずは「資料1」をご覧ください。2月3日(金)に発表された1月分の米国雇用統計は、事前予想よりとても良い結果となりました。

 これを受けて、米国の長期金利(10年債の金利)は0.1%ほどの大幅上昇となっており、それに連動するかたちで、米ドルは一時、75円台突入目前から76円台後半まで上昇しました。

資料1

 ただ、76円台後半では伸び悩んでいます。これは次の「資料2」からすると、仕方がないのかもしれません。

 米ドル/円と日米金利差には一定の相関関係がありますが、これを見ると、日米金利差は、米ドルが大きく上昇できるほど拡大していなかったのです。

資料2

 今回の雇用統計に限らず、この間に発表された米国の景気指標は、市場予想よりも良いものが目立っています。それにも関わらず、なぜ、米国の金利はなかなか上がらないのでしょうか?

 「資料2」は米国の2年債利回りで、政策金利を反映する金利です。つまり、それがなかなか上がらないのは、FOMC(連邦公開市場委員会)が現行の実質ゼロ金利政策を2014年まで続けると表明したためでしょう。

 このように見てくると、「FOMCはなぜ、景気指標が改善しているのに、実質ゼロ金利政策を2014年まで続けるとしているのだろうか?」という話になります。

 そして、これを説明することができたのが、欧州債務危機だったわけです。

■欧州危機は、FRBが超低金利政策を行う「最後の砦」

 FOMCは昨年9月の会合から、欧州債務危機など米国外の要因を、超低金利政策の判断理由の1つとして挙げてきました。

 しかし、FOMCが超低金利政策を行う「最後の砦」とも言えそうな欧州債務危機も、最近にかけて徐々に改善してきました

 「資料3」は、欧州債務危機を象徴する動きの1つであるイタリアの10年債利回りですが、1月から低下傾向が続いています。最近では6%を大きく下回り、昨年10月以来の水準まで低下してきました。

資料3

(※編集部注:上のグラフは上下逆になっており、上にいくほど利回り低下となっている)

 上述のように、FOMCが超低金利政策をとる判断理由の1つとして、欧州債務危機を取り上げるようになったのは昨年9月からです。それは、イタリアの10年債利回りが5%を大きく上回るようになってきてからのことでした。

 そして、じつは、欧州債務危機が再燃し、イタリア国債の利回りが急騰を開始するよりも前の状況へ、最近は戻りつつあるのです。

もし、イタリアの10年債利回りが5%以下になる見通しが出てくるならば、FOMCが超低金利政策を行う「最後の砦」が崩れます

 「2014年まで、実質ゼロ金利政策を続ける」とする方針が見直される可能性はないでしょうか?

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2394人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94821人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.22107.88

USDJPY

ユーロ/円-0.82118.94

EURJPY

英ポンド/円-0.76134.29

GBPJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月16日更新



どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月13日更新

ここからの円安進行に否定的な見方をするワケは…?








元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果