ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

8月87円、2014年100円、2015年120円?
逆バブル破裂で史上最長のドル高・円安も

2012年03月06日(火)東京時間 12:45

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 足元で進行している米ドル高・円安が、一時的ではない可能性が高まってきました。過去の例を参考にすると、米ドルはもう79円を大きく割ることなく、今年8月あたりに87円前後を目指す見通しとなります。

 そして、米ドル高・円安の「平均シナリオ」ならば、2014年には100~110円まで上昇し、さらに、米国の金利に「予想できないこと」が起これば、過去最長の円安となるかもしれないのです。

■米ドル高・円安は「一時的」か? 基調転換なのか?

 米ドル/円は先週、82円近くまで上昇しました。

 それでも、この米ドル高は一時的で、再び昨年10月に記録した75円台前半の歴史的安値更新をトライする可能性は消えていないといった慎重な見方も少なからずあるようですが、果たしてどうでしょうか?

 最近のこのコラムでも何度か申し上げてきましたが、82円近くまでの続伸の動きは、足元で79.00円レベルにある52週移動平均線を大きく越えたことになります「ドル/円は基調転換か、ダマシかを見極める最終段階に入った。『週末終値79円』がカギ」など参照)

 「資料1」をご覧ください。私が調べたところでは、52週移動平均線を一定期間、かつ、大きくブレイクした動きが一時的だったことは、これまでにありませんでした。

資料1

 ちなみに、この場合の「一定期間」とは1ヵ月程度、「大きく」とは4%以上です。先週まで、米ドルは3週連続で52週移動平均線を上回り、そして、先週の終値は52週移動平均線を4%近く上回るものでした。

 その意味では、かなり「一定期間」、「大きく」、52週移動平均線よりも米ドル高・円安になったのです。

■今年8月に87円に向かう米ドル高・円安が始まっている!?

 52週移動平均線を「一定期間」、「大きく」ブレイクしたにもかかわらず、米ドル高・円安が一時的であったということになるなら、それはこれまでになかったことが起こるという意味になります。

 そうではなくて、これまで起こらなかったことは、やはり今回も起こらないとなるなら、この米ドル高は一時的ではないということになります。

 つまり、当面のところ、52週移動平均線を米ドルは下回らないということになり、すなわち、79円を大きく割り込むことはないという見通しになります。

資料2

 また、過去の例を参考にすると、52週移動平均線をブレイクした直後の米ドルは、一方向へ大きく動くという傾向がありました。

 「資料2」をご覧ください。2000年と2005年のケースを見ると、米ドル高トレンドの中で52週移動平均線を上抜けた場合、その後の半年程度で、米ドルは10%前後も上昇していました。

 これからの展開を考える上で、過去の似たようなケースを参考にするのは基本でしょう。

 そうであれば、2月に79.00円レベルにあった52週移動平均線を上抜け、それから半年で10%程度上昇するならば、8月に87円に向かう米ドル高・円安が始まっていると考えることができます。

 そして、誤差を考慮するなら、今年の夏から秋にかけて85~90円を目指すというのが基本シナリオだと思います。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2385人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 92502人 ザイFX!のtwitterをフォローする

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★【非売品】トラリピ犬さんの次世代型トラリピ設定レポートつきハンドブック『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiとトラリピ犬さんが作ったほったらかしFXで稼ぐ!』(開設で)+最大60,000M2Jポイント※48,000円相当(300万通貨以上の新規取引で。50万通貨ごとに10,000M2Jポイント)・マネースクエア[マネースクエアFX](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。12万通貨以上の新規取引では5,000円。)+10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクト、自動売買パネルによる33万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[シストレ24](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](7月31日まで)
  • 10,000円キャッシュバック(自動売買セレクト、自動売買パネルによる33万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[トライオートFX](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+1,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と開設で)・JFX[MATRIX TRADER](7月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

当サイト限定キャンペーン実施中!

FXブロードネット

裁量トレードから話題のリピート系自動売買まで対応!限定キャンペーンも!

link

ザイFX!限定で3000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の取引で3000円がもらえる!

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.16107.89

USDJPY

ユーロ/円+0.07120.92

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00101.1208

EURUSD

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

07月22日更新





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 07月19日更新

FOMC前までレンジ相場! 今後は 円高圧力がかかりやすいと見るワケは?





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果