ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

バックナンバー

ドル高・円安の本格化は「異常な米金利
低下」の修正がカギ。外堀は埋められた!

2012年03月13日(火)13:07公開 [2012年03月13日(火)13:07更新]

GMOクリック証券は取引高7年連続世界1位! ザイFX!限定で3000円もらえる

 これに対して「資料4」は、同じISM指数と米国の実質長期金利(10年債利回り-インフレ率)のグラフを重ねたものです。これを見ると、とくに昨年後半以降の米国の金利低下は、景気での説明を「異例なほど」超えた動きのようです。

資料4

 昨年後半以降の状況を振り返ると、米国景気の二番底懸念が再燃し、加えて、欧州債務危機が深刻化しました。これらを受けて、FOMCで実質ゼロ金利の長期化にコミットする「時間軸効果」が決められ、さらに「ツイストオペ」に踏み切るなど、超金融緩和政策が一段と強化されたのです。

 そういった中で、景気などファンダメンタルズでの説明の範囲を超える動きになったという意味では、超金融緩和は、株高に影響を及ぼした以上に、金利低下への影響のほうが俄然大きかったのではないでしょうか?

■「異常な金利低下」は、欧州危機では説明できなくなった

 さて、雇用情勢が「完全回復にはほど遠い」状況下で、1月に決めたばかりの「時間軸」が、今回のFOMCで急に変わるとの見方はほとんどないようです。

 また、6月末に期限を迎える「ツイストオペ」についても、いわゆる「不胎化QE」といった代替策での継続が検討されているようです。

 FOMCで「QE3」の可能性の後退が再確認できる結果になっても、超金融緩和の中での株高や「異常な金利低下」といった構図は、大きく変わらないのでしょうか?

資料5

 昨年11月以降、米国の「異常な金利低下」をうまく説明できた理由は、欧州債務危機が深刻化したためでした。

 「資料5」のように、欧州債務危機を見る目安として、イタリア国債の利回りと米国債の利回りが逆相関になっていることが、マーケットで注目されてきました。

 つまり、欧州危機が悪化してイタリアの金利が上昇すると、米国の金利は低下し、逆に、欧州危機が改善してイタリアの金利が低下すると、米国の金利は上昇していました。

 しかし、イタリアの金利はこのところ急激に低下しており、2011年夏に欧州債務危機が再燃するよりも前の水準まで戻ってきました。

 その意味では、欧州債務危機も、米国の「異常な金利低下」を説明できる材料ではなくなったのです。

日米金利差ドル優位の拡大は、まだまだ不十分

 このように、米国の「異常な金利低下」の外堀は、徐々に埋められつつあるのではないでしょうか?

 完全に外堀が埋められ、米国の「異常な金利低下」の修正が、今回のFOMC後に始まるかどうかが注目されるところです。

 2月から米ドル高・円安が続いており、3月9日(金)にはついに、82円台に到達しました。このような値動きは、今回の米ドル高・円安が一時的なものではなく、新たな米ドル高・円安基調が始まっている可能性を意識させるものです。

 ただ、次の「資料6」のように、それを裏づけるような、日米金利差ドル優位の拡大は、まだまだ不十分です。

資料6

(出所:BloombergよりMarket Editors作成)

 米ドル高・円安への基調転換が確かなものかを考える上で、 米国の「異常な金利低下」の修正がいつ始まるのかが、重要 であると言えそうです。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2400人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 101390人 ザイFX!のtwitterをフォローする

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 04月02日更新

株は絶好の買い場!でも、為替相場は短期トレンド狙い




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
03月30日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果