ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

楽天証券[楽天FX]ドル/円スプレッドは業界最狭水準の0.2銭原則固定(例外あり)!

バックナンバー

ドル/円は79.50円割れで、ポジションを
スクエアに。今は次の展開を見極めるところ

2012年05月23日(水)東京時間 13:15

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

新たな「短期のサポートライン」も下抜けた

 続いて、3つ目の米ドル/円の日足チャートをご覧いただきたい。

 俯瞰(ふかん)すれば、米ドル/円は2011年7月中旬から2012年2月中旬までの7カ月もの間、75.00~80.00円の「ボックス相場」を形成していたと言える。手を出し難い水準にとどまっていた。下のチャートには、この「ボックス相場」を紫の破線で表示している。

 しかし、直近の値動きで「ボックス相場」の上限であった80.00円を上抜けて、「買いシグナル」を発した。

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 米ドル/円は、2月上旬につけた76.00円近辺の安値から急騰しており、その値動きについてはピンクの破線で「短期のサポートライン(1)」を引くことができるが、これを割り込む場合は、目先の「売りシグナル」を発することになる。

 そこで実際の値動きを確認すると、「短期のサポートライン(1)」を割り込み、目先の「売りシグナル」を発した。これにより、76.00円近辺からの急上昇の調整局面に入ったことが読み取れた。

 だが、赤の破線で示したように、新たな「短期のサポートライン(2)」が現れたのだが、結局のところ、この「短期のサポートライン(2)」も割り込んで、改めて「売りシグナル」を発した。

 なお、このチャートには、「短期のサポートライン(3)」として青の破線、「短期のサポートライン(4)」として緑の破線を表示したが、すでに、どちらも下にブレイクした。

 つまり、赤の破線で示した「短期のサポートライン(2)」を下に割り込んだ時点で発せられた「売りシグナル」は、その後も持続している状態だと考えることができる。

 以上から、現在の米ドル/円は、大局では「買いシグナル」を発した状態だが、76.00円近辺から84円台まで上昇した際のスピードが極端に速かったため、いったん調整の反落(下落)となっている状態だと見ている。

 それは、日足チャートに示したピンクの破線の「短期のサポートライン(1)」を割り込んだ時点からだと考えられる。

 よって、中長期のトレンドに従ってロングポジション(買い持ち)で戦おうとする作戦でも、調整局面の間は、一時的にスクエア(ポジションなし)にすることがセオリーである。

 つまり、調整がどこまでであるのかを探りながら、改めて、次の「買いのポイント」を考えるところなのだ。

■日足チャートで見る限り、まだ様子見に徹するべき

 チャート分析上の「明確な」チャートポイントは80.00円である。だから、その手前の80.20円、80.50円といったところが「買いのポイント」であった。

 80.00円の下には、過去のチャートポイントであった79.53円が控えており、下値には、80.00円と79.53円という2つのチャートポイントが、二段構えで控えていた。

 しかし、東京市場がゴールデン・ウィークで休場の間の4月30日(月)に、米ドル/円は、チャートポイントの80.00円を、あっさりと下に割り込んだ。

米ドル/円 日足(再掲載・クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 このところの84円台の高値を付けて以降の下落の過程で、米ドル/円のロングポジションを持っている場合、79円台ミドルを下に割り込み、本格的なストップ・ロスである79.30-40円まで下落するならば、いったん損切りを敢行するところであった。

 この79.30-40円のストップ・ロスが付いたら、いったん撤退して、次の展開を考察すべきあった。

 実際のところ、5月17日(木)に「明確に」79.50円を割り込んだことから、日足チャートで見る限り、まだ様子見に徹することがセオリーであろう。

 この際、1時間足チャートで説明したように、「見切り発車」することも戦術の1つではある。個々人の好みで、「見切り発車」は良いと、必ずしも言えないが…。

■79.53円割れでも、上昇トレンドに転換した可能性は高い

 以下、現在の米ドル/円についての全般的なコメントを記述したので、参考にしていただきたい。

・重要なチャートポイントである79.53円を割り込んだものの、大局では引き続き、下落トレンドから、上昇トレンドに転換した可能性が高いと考えている。しかし、現時点では、断定するには早すぎる。

・もし、上昇トレンドに転換しているのであれば、利益を上げるチャンスは、今後、何回でもある。よって、このステージで、無理にロングポジション(買い持ち)をキープする必要はない。

 米ドル/円がトレンド転換したのか、否かは、まだ断言できないが、少なくとも、76.00円近辺から84円台まで、8円程度上昇したことは事実である。

 このように、米ドル/円の相場が上昇する場合、適宜、「買い」から入り、適宜、「売る」という繰り返しが重要になる。

 また、米ドル/円の相場が上昇する場合は、一気に上昇するのではなく、調整の下落を見ながら、上下動を繰り返しながら、徐々に上昇するケースがほとんどである。

 つまり、上昇トレンドの相場で、米ドル/円のロングポジションを持つ場合は、適宜、「利食いの売り」を行い、『売ってから、改めて、ロングポジションを作る』といった繰り返しの作業が大切になる。

(2012年05月23日 東京時間09:30記述)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 98257人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,456円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大40,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買での2万通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月29日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で)+最大40,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買での2万通貨以上の新規取引で)・インヴァスト証券[シストレ24](2月29日まで)
  • ★ザイFX!独自★1,000円キャッシュバック+1,000円キャッシュバック(パートナーズFX nanoで100通貨以上の取引で)+最大50,000円キャッシュバック(パートナーズFXで15万通貨以上の新規または決済取引で)・マネーパートナーズ[パートナーズFX nano](4月3日まで)
  • ★ザイFX!独自★1,000円キャッシュバック+最大50,000円キャッシュバック(パートナーズFXで15万通貨以上の新規または決済取引で)+1,000円キャッシュバック(パートナーズFX nanoで100通貨以上の取引で)・マネーパートナーズ[パートナーズFX](4月3日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](2月2日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

ザイFX!限定で3000円!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクター深田恭子さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.31108.95

USDJPY

豪ドル/円-0.9173.64

AUDJPY

NZドル/円-0.8471.33

NZDJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム


FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

01月27日更新





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 01月23日更新

膠着相場にどう向き合う? ドル/円は109.20~40円メドに買い?







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果