ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

ギリシャ再選挙の結果、ユーロ残留へ。
しかし、危機は変わらず、ユーロは売り!

2012年06月20日(水)東京時間 17:26

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■リバウンド狙いの「ユーロ買い」は禁物

 さらに別のラインなどを書き入れた、次のユーロ/米ドルの日足チャートをご覧いただきたい。

 チャートの中央に、「短期のレジスタンス・ライン」(青の破線)を引いている。

 2011年の10月下旬以降のユーロ/米ドルは、この短期のレジスタンス・ライン(青の破線)に従い、大きく急落した。

 しかし、この短期のレジスタンス・ライン(青の破線)を上に抜ける場合は、目先の「買いシグナル」となる。

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 上の日足チャートに示したとおり、この短期のレジスタンス・ライン(青の破線)を上に抜けたので、この時点で、目先の「買いシグナル」を発した。

 この時点では、高値圏での「ユーロ売り・米ドル買い」を行なって、
持ち値の良いポジションを持っている場合は、いったん「利食いの買戻し」を行ない、次の「売り(ユーロ売り)」のタイミングを計るところであった。

多少のリバウンド(反発上昇)があっても、大勢は変わらずに「ユーロ安・米ドル高トレンド」である。だから、大局的には「ユーロ売り」で戦うべきだ。

「値ごろ感でのユーロ買い」は、やらない方がよい、と考える。そういった「綾狙いのユーロ買い」は、目先うまくいっても、最終的には悪いクセを残し、致命傷に至ると考える。厳に慎むべし。

■三角保ち合いを下に抜け、「売りシグナル」が点灯

 上の日足チャートの右端に、「短期のレジスタンス・ライン」(青の破線)と、「短期のサポート・ライン」(緑の破線)を表示している。

 その時点でのユーロ/米ドルは、小さな「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していた、と考える。

 そして、小さな「三角保ち合い(ウェッジ)」ととらえるならば、「ユーロ売り・米ドル買い」をする場合の、この時点でのストップ・ロスは、1.33ドル台ミドル~1.3400ドル近辺になる。

この「三角保ち合い(ウェッジ)」に関しては、2012年5月7日(月)の値動きで、「短期のサポート・ライン」(緑の破線)を割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。

 以下に説明するとおりだが、1.2950ドル近辺のネック・ラインを明確に下に抜けたので、さらなる「売りシグナル」を発したことになる。

 再掲載した下の日足チャートを見ると、この「三角保ち合い(ウェッジ)」の値動きは、「小さなヘッド&ショルダー(三尊形)」を形成していたようにも見える。 

ユーロ/米ドル 日足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ちなみに、さらに相場が横ばいに推移して、山が4つになっても、5つになっても、このような形状を指して「ヘッド&ショルダー(三尊形)」と呼ぶ。

 「ヘッド&ショルダー(三尊形)」は、見ようによれば「ボックス相場」ととらえることができる。

 上の日足チャートでは、この「ボックス相場」を「黒の破線」で囲み、表示した。

 この「ヘッド&ショルダー(三尊形)」が、明確に否定されるのは、高値1.3500ドルを上に抜ける場合、つまり、ボックス相場を上に抜ける場合である。

 客観的に純粋に分析をするならば、この「ヘッド&ショルダー(三尊形)」(=ボックス相場)のネック・ライン(=基準となる下限)は、1.3000ドル近辺か、あるいは1.29ドル台ミドル程度(=1.2950ドル近辺)と考える。

 こういったケースで実際に取引をする場合には、遠い方を選ぶ必要があるので、ネック・ラインは、1.29ドル台ミドル程度(=1.2950ドル近辺)と考えるべきだろう。

 「ヘッド&ショルダー(三尊形)」のセオリーでは、ネック・ラインを割り込んだら「売りのシグナル」である。

 つまり、1.29ドル台ミドル程度(=1.2950ドル近辺)を下に抜ける場合は、「売りのシグナル」となる。

 ネック・ライン(1.29ドル台ミドル)から、「ヘッド&ショルダー(三尊形)」の高値(1.3500ドル近辺)までの値幅は、約500ポイントだ。

 「ヘッド&ショルダー(三尊形)」が完成した場合のターゲットは、ネック・ラインから、その値幅(約500ポイント)下落したところになる。

 1.2950-500ポイント=1.2450

 だから、ターゲットは「1.2450ドルないし1.2500ドル近辺」となる。

 なお、ターゲットは少し甘めに算定するのがセオリーだ。

 「ヘッド&ショルダー(三尊形)」の高値を1.3500ドルとして、ネック・ラインを1.2950ドルとすると、その正確な値幅は550ポイントであるから、

1.2950-550=1.2400

 と考えて、ターゲットは1.2400ドル近辺と考えることもできる(大同小異でたいして変わらないが…)。

 どちらをターゲットと考えても構わないと思っていたが、1.2500ドルにせよ、1.2400ドルにせよ、すでに直近の安値で1.2300ドル割れ(1.2285-90ドルレベル)を見たので、ターゲットは完璧に達成した。

■目先は調整反発も、ユーロ/米ドルは下げ止まっていない

 目先のターゲットは完璧に達成した。そして、目先はリバウンド(反発上昇)した。

 2012年6月4日(月)と6月5日(火)は英国の祝日で、ロンドン市場が休場だった。そういった理由(=ロンドン休場)で市場参加者が少ない中で、ショート・スクイズ(売り持ち筋の買戻し)が起こった、と考える。

 6月5日(火)の東京時間の夜に、G7財務相・中央銀行総裁会議(緊急電話会議)が行なわれることも、ショート・スクイズ(売り持ち筋の買戻し)を誘発した、と考える。

 6月6日(水)にECB(欧州中央銀行)の金融政策発表を控えていたことも、ショート・スクイズ(売り持ち筋の買戻し)を誘発した原因、と考える。

 しかし、個人的な思惑だが、6月5日(火)のG7財務相・中央銀行総裁会議(緊急電話会議)でも、有効な合意はできないだろうと考えていた。

 同じく個人的な思惑であるが、6月6日(水)のECB金融政策の発表でも、欧州危機に有効な政策発表はないだろうと考えていた。

ショート・スクイズが起こったが、ユーロ/米ドルが下げ止まったとは考えていない。引き続き、やるならば「ユーロ売り・米ドル買い」と考える。

 週足チャートに示したように、約1600ポイントの大きな「フラッグ」を想定すると、1.1900ドル近辺(ないし1.1850ドル近辺)まで、短時間で急落する可能性が引き続きあることに、最大限留意していただきたい

■引き続きユーロ売り・米ドル買いも、ポジション調整は有効

 再掲載した下の日足チャートの右端に、短期のレジスタンス・ライン(水色の破線)を表示している。

 目先の相場は、短期のレジスタンス・ラインを上に抜けたのだから、目先の「買いシグナル」を発した状態である。

ユーロ/米ドル 日足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 しかしながら、大局で見ればユーロ下落の流れは変わっておらず、この目先の「買いシグナル」には従わずに、引き続きやるならば、「ユーロ売り・米ドル買い」と考える。

 本文中に述べたとおりに、ギリシャの総選挙は、どういった結果になろうとも「少なくとも、『ユーロ買い材料』にはならない」と考える。

 だた、こういったイベントの直後は、乱高下しやすいことも事実であり、週明けの2012年6月19日(火)、20日(水)には、G20も控えていた。

 大局の「ユーロ売り」に変化はないが、リバウンド局面があれば、そこでも「ユーロ売り」ができるようにポジション調整をすること(=ポジションを縮めておくこと)は、こういった場合の有効なテクニックである。

 先週(2012年6月11日~)のユーロ/米ドル市場では、そういったポジション調整がいたるところで(世界中で)行なわれていた、と考える。

 つまり、「だから、先週のようなポジション調整気味の値動きになったのだ」と考える。

(2012年06月20日 東京時間10:55記述)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2394人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94784人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!スキャルならJFX!

link

当サイト限定キャンペーン

インヴァスト証券[トライオートFX]

選ぶだけでかんたんに自動売買が始められる!インヴァスト証券のトライオートFX

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.02108.10

USDJPY

ユーロ/円+0.18119.76

EURJPY

英ポンド/円+1.71135.05

GBPJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月13日更新

ここからの円安進行に否定的な見方をするワケは…?






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月09日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果